風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)

  • 146人登録
  • 4.00評価
    • (16)
    • (15)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 高橋克彦
  • PHP研究所 (2010年10月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569675473

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
高橋 克彦
有効な右矢印 無効な右矢印

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  •  奈良時代、道鏡の権力を巡る新たな野望と暗闘に、若き蝦夷たちが立ち向かう、大河歴史ロマン第4弾。

     皇位を狙った道鏡の野望を阻止しようと嶋足と天鈴は、もてる限りの知恵と力で立ち向かっていく姿はこの巻でも健在で二人のあきらめない強さが伝わってきました。

     また、今までは舞台は都が中心でしたが、この巻では、陸奥の方にも舞台が移され、二人の活躍や葛藤の様子がさらに広げられ、物語が深まっていく感じでした。

     権力に振り回されていく人、その権力に敢然と立ち向かう人、その時代に自分はどの立場で生きていくことができるのか、とても考えさせられます。

     次巻がいよいよ最終巻、早く読みたいと気持ちと終わってしまう寂しさを感じています。

  • シリーズ第4巻
    道鏡の失脚から、次代への胎動まで。

    これまで読んできて初めてすっきりとした読後感だった。
    やっぱり勧善懲悪って大事(笑)
    いやまあ、本当は直接的な対決の勝利って言うのが大きいかな。
    あと、陸奥で穏やかな明るさが描かれたのが嬉しい。
    特に、田村麻呂とアテルイとの邂逅が、その後の運命を知っていると、心に響く。
    この明るさがずっと続けばよかったのになあ。

    嶋足については相変わらず主人公としてはもの足らないけど、もう仕方ないな。
    最後につらい運命が待っているだろうことが『火怨』で仄めかされているので、この先が不安だ。

  • 凋落しつつある道鏡が企む叛乱の芽を摘むべく、道鏡が集めた私兵を襲い、壊滅させる。無事、道鏡の追い落としに成功するが、新天皇によって重用されだした紀氏、百済人と藤原氏の新たな対立の構図が浮かび上がってくる。陸奥では、赤頭というつがるの長があらたな火だねとして登場。最終巻でどのような展開になるのか楽しみ。

  • 風の陣シリーズ、4作目。

    道鏡が失墜し、次のものへと権力が移行していく中、嶋足と天鈴らは時代をどう読むか。相変わらず策ばかりを講じる天鈴だが、蝦夷を守るためには、朝廷の目を蝦夷から遠ざけるのが一番、という考え方にも一理ある気はする。そのためには、ある程度の対立関係のバランスも必要なのだろう。しかしながら、その均衡が破られるのもあとわずか。田村麻呂とアテルイとの出会いも描かれ、「火怨」に繋がるエピソードも出てきて嬉しいと思う反面、鮮麻呂の決起など悲劇的結末がいよいよ近づいてきたなという感じ。次作、読みたい気持ちもあるが、その結末が待っているかと思うと、多少複雑でもある。

  • 息をつかせないスピード感に一日一冊ペースで一気読み。
    「火怨」を先に読んでいた中に出てきた、田村麻呂と阿弖流為の馬での競走場面に思わずにやり。
    次巻を読み終わったら火怨を再読しよう。

  • 2012-110
    道鏡編から鮮麿呂編へ繋がる1冊。
    田村麿呂とアテルイの宿命の出会いもここで描かれている。

  • 嶋足と天命の活躍もいよいよ大詰めの第4弾。道境失脚のストーリーは手に汗握る。さらに新たな時代の担い手もでてきて歴史も次の時代につながっていくところで最終章への期待も高まる。

  • 相変わらずの権謀術数。今回は都と奥州を行ったり来たりで、徐々に後の乱とのつながりも見えてきた。

    次巻で嶋足がどういう結末を迎えてしまうのか、多分悲劇的な結末なのだろうけど…。

  • 結局、登場人物が歴史の主役でないところがなー

  • 面白い。権力闘争とはこんな物かと思った。

  • 他の巻に比べてやや地味な印象。
    いよいよ火怨とつながりが出てきてちょっと嬉しくなります。

  • これまでの3冊に比べると、盛り上がりに欠ける感じがしました。
    それでも、火怨に関係する人物が登場したことで、「火怨」をきっかけに蝦夷の世界に興味を持った自分としては、解説にもありましたが、嶋足が「蝦夷にとって口にするのも憚られる名となった」の真相が待っているのだろうと、次が楽しみになりました。

  • 一つ前の「天命編」で道鏡が失脚したことで物語も一段落した感じです。「風雲編」という割りには道鏡失脚後の後日談と少年期の田村麻呂とアテルイの出会いなど「火怨」につながる中間的な一冊です。早速、最終巻となる「裂心編」も購入しました。

  • 「風雲篇」では道鏡が失脚し、朝廷との問題が落ち着いた分、前巻より見所が少なかったですね。道鏡が天皇になり損ねたことは知ってましたが、その後どうなったかまで知らなかったので、道鏡の末路が分かりました。
    最終巻に向けての前振り的展開がメインだった気がします。その分、少し迫力とテンポが落ちていた気がします。
    最後の「裂心編」でどう締めくくり、「火怨(アテルイ篇)」に繋がるのかに期待したいです。

  • 弓削道鏡の失脚、称徳天皇の崩御、藤原永手の死…
    めまぐるしく入れ変わる勢力図がなかなか頭に入らず、
    シリーズ1冊目から読み返そうと思った。。。

    少年期の坂上田村麻呂と阿弖流為の出会いなど、「火怨」に繋がる
    シーンも出てくるので、ファンとしてはニヤリとしましたが。
    (そして火怨も読み返そうと思ったさ)


    【収録内容】
     荒れ風
     風見
     風塵
     風哭き
     散り風
     這い風
     遠き風
     風袋
     隠れ風
     弩風
     風送り
     あずま風
     風渡り
     逆風
     渦風
     初風
     風揺れ
     底風
     <解説>池上冬樹

  • 2010/10/16 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2014/5/31〜6/5

    道鏡失脚後の時代が描かれる。またぞろ勢力を取り戻す藤原氏。嶋足、天鈴らの戦いはモグラ叩きの様相に。称徳帝が崩御し、次の勢力争いが活発に。物語は蝦夷側にシフトしつつ、いよいよ最終巻。

全16件中 1 - 16件を表示

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)はこんな本です

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)のKindle版

風の陣【風雲篇】 (PHP文芸文庫)の単行本

ツイートする