書店ガール (PHP文芸文庫)

  • 3798人登録
  • 3.60評価
    • (193)
    • (665)
    • (534)
    • (93)
    • (24)
  • 599レビュー
著者 : 碧野圭
  • PHP研究所 (2012年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569678153

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
高野 和明
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

書店ガール (PHP文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 本屋を舞台にした
    本格的なお仕事小説やなんて、
    いやはや本好き、本屋フェチにはたまらん設定(^o^)

    四十歳独身の堅物店長、西岡理子と
    美人名物書店員でお嬢さんと呼ばれる
    二十七歳の北村亜紀が、
    業績低下によってあと半年で閉店が決定したペガサス書房吉祥寺店の存続をかけて
    手と手を取り合い
    様々な方法で売り上げアップ作戦を試みる
    痛快なストーリー。

    最初は水と油の関係の理子と亜紀の
    些細な諍いばかりがクローズアップされて
    これは読む本間違えたかな…って正直焦ったけど(笑)、
    終盤一気に畳みかけるような盛り上がりを見せる
    吉祥寺フェアや漫画家を呼んでのトークショーを企画構成していく場面は
    本を愛する人たちのひたむきな想いが伝わってきて
    いやあ~、手に汗握りました。


    それにしても本にまつわる愛情たっぷりの話って
    ホンマ目がないんよなぁ~♪

    自分が子供の頃、自分みたいに本ばっか読んでる子って
    あんま近くにはおらんかったから、
    大人からはなんや変わった子やなぁ~って見られてたし(笑)
    (屈折した子供やったんで、表向きは野球少年としてダミーを演じてはいたけど笑)

    だから有名人との本との出会いや
    本好きの主人公の話や
    その人の『好き』が伝わってくる本との思い出の話なんかを読むと、
    ああ自分は何も間違ってなかったんやって
    なんか同志を見つけた気分になるのです。


    そんな本好き、活字好き、紙の匂いフェチの自分は
    本屋に行ったら、
    目当ての本を探すために出来る限り時間をかけて
    フロア中うろうろします。

    その時期の心模様にピッタリとくる『自分に合う本』って必ずあって、
    自分が選ぶというより
    本が自分を呼ぶ感覚ってあるんスよね。

    だから本が呼ぶ声に耳をすませながら
    雑誌や小説や漫画や絵本に写真集のコーナーを
    2時間でも3時間でも行ったり来たり。

    あちこち仕事の合間でも立ち寄るんやけど、
    どんなにオシャレで人気のある本屋さんでも、

    お客さんそっちのけで入荷した本の整理をしてたり、
    客が読んでる棚を
    あえて客をどけてまで本を並べたり(笑)
    ↑コレよくありますよね~

    なんか、なんのために
    あなたは本屋で働いてるん?って 思ってしまう。


    お客さんに読んでもらうためやないん?

    本が好きな人を沢山作るためと違うん?

    違うんやろか?


    それやのに本屋でありながら
    本を読まさない店や
    お客を優先しない店の多いこと。


    自分自身ドラッグストアで働いてたから店側の都合も分かるし
    棚に早く並べたい気持ちも分かるけど、
    自分ならお客さんがいなくなってから
    そこの棚の整理をするけどなぁ(^_^;)

    なんか仕事のための仕事っていうのが店員から見えると寂しくなります。

    本当に本が好きとか、
    ゆったりとした空間で本を選んで欲しいってスタッフが願ってるなら
    一人一人のお客さんの立場に立って自然と動けると自分は思うし、
    それがプロの仕事やと思うんやけど
    本屋で勤める人、そのへんどうなんかな(笑)(^_^;)


    とまぁ最近の大型書店への不満をつらつらと書いてみたけど、
    この小説を読んで
    本屋さんで働く人たちの苦労や苦悩もリアルに感じることができたのは良かった。

    長時間労働で休みも不規則で
    重い雑誌を運ぶために腰をいわしたり、
    紙に水分をとられて指先は荒れ、
    紙で指を切ったり一日中立ちっぱなしで
    脚がむくんだりも日常茶飯事。

    それでいて給料が劇的に安いという
    なんとも報われない書店員の現実。
    (好きだけでは確かにできない仕事やと思う)

    そし... 続きを読む

  • そろそろ少しずつでも大掃除を始めようと、
    積読山のカゴに手を出した。

    そういえばこれ少し前にテレビで放送してたっけ。
    さわりの部分だけ読んでみようかな。

    やめられなくなった。
    お掃除はまた今度(笑)

    面白かったです!
    書店員さん、いつも本に囲まれてお仕事できていいなぁ…とか、
    家が本屋さんだったらなぁ…なんて、
    本好きさんなら、一度くらいはそう思ったことありますよね?
    私もです。
    甘かったですね。はい。

    電子書籍を否定するわけではないけれど、
    やっぱり紙の本で読みたい。

    本屋さんで手に取ったときの重さや、
    ページをめくる感触や、インクの匂いとかを感じていたい。

    理子と亜紀、前半のバトルが強烈だった分、
    後半の共闘作戦が、より痛快でした。
    どちらも本が好きという気持ちは同じだものね。
    きっとこの先、分かち難い関係になっていくんでしょうね。

    2巻が楽しみ♪

  • 対照的な女性書店員二人が、閉店を食い止めようとがんばる話。

    吉祥寺のペガサス書房で副店長をつとめる西岡理子は、若い社員の亜紀に手を焼いていた。
    理子はバイト5年を経てから正社員になった、いわば叩き上げの真面目なアラフォー。
    亜紀は、コネで最初から正社員になった裕福な家の娘。恋愛に奔放なため、同僚の女子たちに好かれていない。
    亜紀の披露宴のとき、事件は起こった‥

    対照的な育ちや性格でもあるけれど、たまたま恋愛事情などで間が悪かったせいもあって、こじれていく二人の関係がどろどろ~。
    え、こんな話だったの?とややビックリ。
    亜紀がまた女性には好かれそうもない要素いっぱいなんですよね~本人のせいじゃない問題も多いんだけど。
    ところが、事態が進んでいくと、意外とさっぱりした気性だったりして。
    理子は店長に昇格となりますが、陰では思わぬ動きがあり、何と近く閉店を控えて、女性店長だったから仕方がないといった空気が作られようとしていたらしい‥
    諦めずに売り上げアップを目指す決意をして、社長に直談判する理子。
    亜紀の前向きな若さと感性、やや常識はずれな行動が、ここで推進力となるのです。

    恋愛事情も含め、男性の女性蔑視や嫉妬といった問題、本が売れなくなって来た時代の書店の苦境など、さまざまな問題が多角的に絡み合って展開していきます。
    ほんと大変だよね~というリアルさと、夢もある展開に、後半はワクワク。
    続きも楽しみです☆

  • 書店をはしごするのが好きだ。
    店によって品揃えはもちろん、同じ本でも並べ方が違うし、雰囲気もまったく違う。
    それぞれの店に特徴があって楽しい。
    大抵の場合、作家名をあいうえお順に並べている。
    読み方を間違えてまったく違うところに並べられていたりすると、何となく悲しくなる。
    勝手な思い込みだけれど、書店員はやはり本が好きな人にやってほしい。
    せめて、作家名くらい正しく読める人に・・・と思うのは客の勝手な言い分だろうか?
    本の並び方にもこだわりを持つ理子は、若い書店員たちからすると細かなことばかり注意するウザイ上司だ。
    本や店への愛情は人一倍あるのに、人相手となるとなかなか上手くコミュニケーションが取れない。
    女だということも影響している。
    女だてらに・・・こんな言葉は死語だと思っていたけれど・・・男の側からしたらやはり気に入らないことらしい。
    副店長として日々悩む毎日だ。
    突然の店長任命。そして閉店宣言。
    戸惑う理子だったが、周囲の反応はさらに激しいものだった。
    「閉店したくない!」
    売上をあげるために出来ることは何か?
    理子の熱い思いはやがて書店員たちをも巻き込んでいく。
    閉店を知ってからの展開が本当に面白い。
    なるほど!と感心する場面も、そうだったのか!と驚く場面も、どれもが読んでいて楽しかった。
    電子書籍が当たり前になり、中古書専門のチェーン店もどこにでもある。
    書店で新刊を購入する人たちが増えているようには思えない。
    だからこそ、書店員の努力が大切なのだと思う。
    購入する予定のなかった本をPOPにつられて買ってしまうこともある。
    期待通りの内容だと、何となく得をした気分になる。
    そんな幸せをくれる書店は、数多くの書店員たちによって支えられている。
    読み終わった後に書店に行きたくなる。
    そんな物語だった。

  • ストレートに読め、書店の実態、書店員の大変さが、よくわかる、お仕事小説。
    それにしても、女性同士の女性であるが為の、嫉妬、いじめ、猜疑心、女性も大変だね。もちろん、男ももっとつらいけど。
    理子と亜紀、二人の関係がいいね。
    第二弾は、この二人がまた、活躍とか、楽しみ!

  • まさに改題前の「ブックストア・ウォーズ」ですね。
    理子と亜紀の確執もそうだけど、書店内の諍いもそうだし、読み始めはちょっと不愉快な面があったけど、
    どんどん読み進めていくうちに、閉店するかもしれないという出来事を境に、みんなが協力し合う姿勢がとても気持ち良く、
    理子と亜紀の仲もいい雰囲気になってきて、とっても面白かったです。
    これはやっぱり続けて読まないとね。

  • 前々から気になっていたシリーズの第1弾。
    舞台は吉祥寺と、個人的には結構身近。

    主人公は2人の女性、1人はアラフォーの理子、独身、
    もう1人は20代半ばの亜紀、新婚。

    で、2人ともにとある老舗書店の書店員と、
    最近流行りのお仕事系な小説となっています。

    出版社と書店と力関係や、意外とドロっとした裏事情、
    そして、男性上位な社会での理不尽な力関係など。

    彼女たちの私生活の状況も交えながら、
    身近なエピソードが丁寧に綴られています。

    ラスト、成果を残したにもかかわらずに結果に結びつかず、
    なのですが、結果的に大団円はなかなかにカタルシスでした。

    また、実在の“本”が色々と出てくるのも、
    本好きとしてはたまらなくツボで、楽しく読めました。

    不思議と書店員という選択肢はなかった自分ですが、
    もしかして10年前にこの本と出会っていたら、なんて風にも。

    そして、、偶然の出会いがある街の書店、
    個人的にはなくらないでほしいなぁ、とあらためて。

  • 当初タイトルを見た時には、実際の書店員の打ち明け話の集大成のような物かと思ったのですが失礼しました。もちろん書店の内情にも話は及びますが、女性が社会で男と対等に働く事の難しさを考えさせられる作品でした。
    その上で書店経営の問題点や出版業界の内情、電子書籍に対する思いなども書き込まれていて本と書店の好きな人が書いたんだなあと思います。
    今は書店に足を運ばずともネットで翌日には本が届いたり、電子書籍というデータの固まりをダウンロードすれば本のような物を読める時代ですが、書店でリアルな本を手に取って思いを巡らすという行為はとても楽しい時間であるのは間違いなく、これからも無くならないと信じています。

  • 碧野さんの本は初めて読みました。
    アラフォーの女性書店員が主人公なのですが、かなり期待していたので、評価が厳しくなったかも・・・
    ただ、ちょっと想像していた感じではなく、特に前半は恋愛、妬み等々、ドロドロで、ちょっと極端すぎ?と思ってしまったり・・・
    シリーズは第3弾まで出版されていますので、第2弾に期待です。

  • 40歳独身女子 vs 20代新婚女子 という設定から物語は始まります。そこからリアル感いっぱいの女子の職場戦争が起こるのかと思いきや・・・。

    働く女性が頑張る本でした。女子ならではの感情の起伏の激しさだったりとか気の強さが、同じ世代で働く女子をしている私としては妙に分かり面白みがありました。女性メインの職場ではないだけに、男性からの見方や嫉妬があるみたいで、そこがちょっと衝撃でした。

    舞台は大好きな書店なので、また引きつけられて最後まで一気読み。テンポの良い本でした。続編のサブタイトルには「最強の2人」とあるので読むのがとても楽しみです。

  • 本屋さんの裏側が少し見えたみたいで楽しかった。
    やっぱり紙の本が一番!
    本屋さんに行きたくなりました。
    それにしても東京は多様な本屋さんがいっぱいあって羨ましい…。

  • 2016.3.21
    おもしろかったー!
    40歳独身の理子と、27歳美人の亜紀。最初は女同士のやり取りにこわーって思ったし笑、いろんな人が登場して少し混乱しかけたけど、最後にいくにつれて楽しく読めた〜。
    「電子書籍は本ではない。データだ。本とは別のものだ。本屋はお客様や営業の人や書店員、いろんな人間がいて、直接会って話したり、ときにはぶつかりあって何かが生まれる。本という物を媒介に人と人が繋がっていく。それが書店だ。私が好きな書店というものだ」理子の述懐。
    本当にそう。私も本は紙派で、リアル書店が大好き。電子書籍はたしかにかさばらないしいいところもある、けれど。やっぱりリアル書店のあの空間、雰囲気はいつまでも残ってほしいと切に思う。図書館も利用するけど、購入はなるべく地元の本屋さんでしようと、最近そうしてる。

  • 物語の始めのほうはあまり惹かれる内容じゃないかも、、と思ったけど、理子さんが店長になったあたりから、どんどん内容に引き込まれて、読み終えたあとはすごく充実した気持ちになれました。
    続編もあるらしいので、ぜひ読まねば。
    本好きの端くれとして、書店の裏側が少し見えたのも面白かったかも。
    全国の本屋さん、がんばれーって思いました。これからはなるべくネットじゃなく、本屋さんで買うぞ。
    最初は女ってドロドロしててやだー、と思ったけど、終わりのほうの理子さんと亜紀さんみたいな関係はちょっと憧れます。

  • 軽い気持ちで読み始めたら、止まらなくなった1冊です。

    独身アラフォー副店長の理子と、はねっかえり部下の亜紀と衝突は、読んでいて心がトゲトゲしましたが、こういうの、あるよねぇと友人の話を聞いているかのように読みすすめました。

    どちらが悪いというより、間が悪くてぶつかってしまう。すれ違いで誤解が解けない。
    職場に限らず、他人との付き合いなんて、きちんと言葉を交わさないと伝わらないことばかり。
    自分に余裕がないと周りにも優しくできないものですね。人間だから、嫉妬もしてしまうし。

    理子の失恋の絶望感は共感しすぎて苦しかったくらい。まして、父のこともあり、仕事のトラブルもあり、自分の無力感を前にそれでも立ち上がる彼女が本当に格好よくて。

    亜紀の方は亜紀の方で、彼女もまた仕事にプライドを持って働く素敵な女性なんですよね。
    今は男女ともに働く人が多い時代ですが、仕事に誇りを持つほど、譲れないものが生じてくるし、それで夫婦がぶつかってしまうのは切ないですね。それでも、それだけ真剣になれることがあること自体は、きっとすごくいいことなんでしょうね。

    女性の敵は女性、とはよく言いますが、社会ではまだまだ男尊女卑な人もいれば、可愛がられる存在としての女性は許せても、同じ土壌に上がってくる女性には厳しいという男性もいる。
    女性が社会で活躍するには、越えるべきハードルがいくつもあるのかもしれないですね。私は歯を食いしばって耐え抜くよりも、本書のように仲間と協力しながら前に進んでいきたいな、と思います。

    物語の後半は、読んでいて心が温かくなるばかりでした。私の最寄駅にも高齢のご夫婦がされてる小さな本屋さんがありますが、こういう場所もすごくいいですよね。書店員さんのこだわりも本書からいろいろと読み取れて、電子書籍もいいけれど、やっぱり紙の本、そして本屋さんはいいなあと嬉しくなりました。

    驚いたことに続編が4まで刊行されてるようで、まだまだこの世界を楽しめそうです。読めてよかった。著者の他の作品もぜひ読んでみたいところです。

  • 本に囲まれた場所で仕事をするのは昔からの憧れでもあったから、この本とても興味深く読みました。
    販売だけじゃなく、ディスプレイやイベント企画も行う書店員たち。皆、本への愛があるから出来るのだろうな。

    今や電子図書が溢れる世の中だけど、紙の本はまだまだ捨てたものじゃない。自分も含め、本が好きという人たちの多くは、書店や図書館で本を選ぶことやお店の人と本について話すこと、そういうことも含めて楽しんでいると思う。
    面白かった。

  • 二人の書店員さんを主人公に置き、吉祥寺のとある中堅書店・ペガサス書房を舞台にしたお話。
    はじめは女同士のテンポのいい口喧嘩に思わずにやにやし、段々と拗れていく二人の仲にハラハラしたり、アラフォー女性に感情移入してなんとも言えぬ切ない気持ちになったり。
    全体を通して、とても楽しい気持ちで読めました。大衆小説ってまさにこういうのなのかも?
    POPを巡って対立する意見や、書店や出版社のちょい裏話も知れて面白かった。

    あと、実在する書名や作家名も出てきて、なんだかリアルだった。よしもとばななさんの『キッチン』が物語の鍵になる箇所で出てきたときは嬉しかった〜!

  • 女子のお仕事と恋愛と。
    どうして結婚式からなんだ!
    どうしてこんなに恋愛ばっかりなんだ!
    …と思って読み始めましたが、働く女子の現実がリアルで、ぐいぐい引き込まれる。
    書店や出版の裏もちょっと分かって面白い。
    私も、紙の本が大好きです。
    電車の中で携帯で小説が読めたら便利だろうな、とも思うけれど、書店で本を眺める楽しさは全く別物。

    タイプの違うダブルヒロインが面白い。
    対立する二人が分かりあうまで、というのは面白いけれど、さて、この後どうやって面白くするのか、気になります。
    早速、2巻を読みます!

  • 図書館より。
    一気に読了。
    始めは女同士の醜い争いかと思って読んでいたが、あれよあれよと言う間に本屋の存亡の危機!
    あっという間に引き込まれて読んでいた。
    女同士の関係も、思わずわかる~って思ってしまったよ(笑)
    面白い。

  • わたしも断然紙媒体派です!!(*`・ω・´*)ノ

    理子と亜紀の確執が長々続いて、正直辟易してました。
    いずれのふたりにもほどよい感じの共感を持って読めていたので、どっちも悪くないんだけどなぁ、タイミング悪いよなぁ、と。
    そのぶん、そのふたりがタッグを組んだところから、物語のスピードは加速度を増します。
    わたしが読むスピードと、ふたりにとっての時間の流れってシンクロしてるのじゃないかなと思えました。
    最後の半年は(ペガサス書房吉祥寺店のメンバー全員にとってもですが)こんなふうに、本当に飛ぶように過ぎていったんだろうなという体感が感じられる。

    他の方のレビューにもありますが、出てくる男性像がなんとなくステレオタイプに感じました。もう少し、個性というか、深みがあればいいなと思います。
    一歩間違えば、女性の社会進出と権利とを声高に叫んでいる作品と思えなくもない感じ。
    声を大にしていわなければいけないことももちろんあるけれど、こういうことは感情論ではダメだと思うので。


    でも、読んでいて楽しかったし、ハッピーエンドかと問われると少し違うかもしれないけれど、アンハッピーでもない。
    そういうのもいいと思います。
    あぁ終わったね!って、望んだ結末とは違うけど、でも後悔はしてないねっていう、爽やかな笑顔が浮かぶから。
    わたしも書店で働きたいなぁ、って思います。決してラクな仕事じゃないし、お給料もそんなに高くないみたいだけれど。

    続きも出ているんですね、ぜひ手に取りたいと思います。

  • 今の職業か書店員さんになりたいと思っていた。
    相性のいい本屋さんとそうでない本屋さんがある。
    それはきっと書店員さんとの相性なのだろうなぁと思った。

    私も電子書籍はただの「データ」にしか思えない紙派。
    続きが気になる!!

  • 面白かったが、書店の推薦本なのが気にかかりました。
    まぁ、普通に推薦したいのかもしれませんが、「私たちの仕事って大変なのよ!」と訴えているような気がして面白くありません。
    そして、書店を舞台にした私の読了本といえば「暴れん坊本屋さん」と「成風堂書店」だから明るい可愛いイメージがあったのにガラリと変わりました。まぁ、こちらのほうがリアルな現状なんだろうなぁとおもい、この後この二人は…というか、このメンバーはどうなっていったのか。そしてあの離れていった二人の未来はと思うと、いろいろ想像してしまいます。

  • 吉祥寺の書店が物語の舞台、
    版元?店内POPの意味?本屋さんトリビア満載です。

    ~『書店ガール』より抜粋~
    電子書籍は本ではない。データーだ。本とは別のものだ。

    『お出かけのしめくくりに』立ち寄るとホッとできる場所、
    それが、書店。(私の場合)

    電子書籍が普及し始めてますが、できるかぎり 本は紙で読みたいなぁ
    ネット販売の本屋さんも便利 ですが!!

    実店舗で、面白い本と出逢える楽しさはナニモノにも代えがたい 
    本書を読んで再認識したのでした ♪ 

  • 導入部はドロドロの女の戦い、といった趣で
    これはもしや一番苦手な部類だと思い、読む手が止まりかけたんだけど
    話が進んでくと実は敵は全く別の所にパラパラと散らばっていて
    ラスボスは意外や意外、味方だと思ってたアイツだった、てな具合。
    女の争いは怖いけど、その女子たちが一致団結したら無敵、ということを
    痛快に見せてくれる話だった。
    一応の結果は出たけど、このまま終わるとは到底思えないので
    同じメンツでのその後の話をまた読んでみたい。
    願わくばお歳を召してからの理子さんには
    閉店しちゃった一伸堂さんみたいな街の本屋さんをやっててほしいなーなんて。

    書店員さんの仕事内容を垣間見られたことも嬉しかった。
    この話に出てくる書店員さんたちは好きなことを仕事にできているようで羨ましい。
    いいことばかりじゃないのは判るんだけど、最終的には楽しいんだろうな。
    やっぱり本を売る人は本が好きな人であってほしいと思う。

  • 正直言って、暇つぶしに書った本で、
    青春ものより、等身大のものを読んでみようかなぁくらいの期待しか持っていなかった。

    しかし!
    仕事にかける情熱、本への愛、周囲の人との確執、妬みなど、熱く読める要素満載で、
    最後にはウルッときた。
    自分の仕事への思いを新たにした。

  • 王道。文体も読みやすいし、なにより終わり方がすっきりしていて読了感がスカッとした。
    映像化、特にドラマ化してもなかなかおもしろそうだと思った。

全599件中 1 - 25件を表示

書店ガール (PHP文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

書店ガール (PHP文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

書店ガール (PHP文芸文庫)の作品紹介

吉祥寺にある書店のアラフォー副店長理子は、はねっかえりの部下亜紀の扱いに手を焼いていた。協調性がなく、恋愛も自由奔放。仕事でも好き勝手な提案ばかり。一方の亜紀も、ダメ出しばかりする「頭の固い上司」の理子に猛反発。そんなある日、店にとんでもない危機が……。

ツイートする