書店ガール 4 (PHP文芸文庫)

  • 852人登録
  • 3.69評価
    • (45)
    • (154)
    • (128)
    • (10)
    • (1)
  • 157レビュー
著者 : 碧野圭
  • PHP研究所 (2015年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569763569

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ第四弾。
    世代交代orスピンオフ?
    主人公は理子と亜紀から、前作で登場した愛奈、そして彩加へと。

    愛奈の家庭がとてもいいです。
    進路に悩む娘に、それとなく一冊の本を勧める母。
    本で語り合える母娘、素敵。

    そして母が語ったあの時代…。
    「就職課に貼り出される求人票からいくつか受ければ、どこかには引っかかる」
    「学校推薦さえ取れていれば、まず落ちなかった」
    「お茶くみやコピー取りが主で、職場の花と言われているうちに結婚退職するのが理想」
    「ただキャリア志向のある女性には今より厳しく、セクハラも多かった」
    「今は専業主婦以外の可能性はずっと広がっている」
    同世代の自分には頷けることばかりでしたが、
    今の学生さんからすると驚きですよね。
    時代と言ってしまえばそれまでですが、フクザツです…。

    また、トルコで修行したパン屋さん・大田と彩加の関係。
    ブックカフェのその後も、愛奈が選択した進路も気になるし…。

    そしてクレーマーVS理子、スカッとしましたね!
    やっぱり理子、カッコいいです!

    向田邦子氏のエッセイ『夜中の薔薇』#手袋をさがす
    読んでみたいです。

  • 新興堂書店アルバイトの高梨愛奈。
    就活を前に、本当に自分の進みたい道が何なのか、悩みに悩む。
    駅ビル書店の契約社員である宮崎彩加は、正社員登用に喜んだのもつかの間、思いもかけないことが起こり…

    自分自身のころとは全く違う今時の就活。
    大変だろうなぁ…、と想像はしてみるのだが。

    愛奈と彩加のがんばりに拍手!!
    元気になれる一冊でした。

  • あ、書店ガールって、4も5も出てたんだ?とあわてて読みました。
    主人公は西岡理子と小幡亜紀ではなく、バイトの愛奈と別な書店の彩加。
    若い世代の就活などの話なので、より広い対象向けに、わかりやすく描かれていると思います。

    新興堂書店でまだバイトを続けている高梨愛奈。
    周りではもう就職活動が活発になり、「書店に就職するつもりなの」と聞かれます。
    書店員は、けっこう重労働なわりに給料などは決して高くないので、普通は目指すべき仕事ではないらしい?
    愛奈の友達に、あまり本を読む子がいないっていうのが、なんとも‥ですが(苦笑)
    バイト先でのちょっとした出来事も、本好きには楽しいエピソードですね。

    別な駅中書店で働く宮崎彩加は正社員になることができたが、地方の小さな書店の店長にと打診されます。
    故郷の沼津では伯母が本屋をやっていて、近くに出来たパン屋と提携する話が持ち上がる‥?!
    それぞれ本人にとっては大問題だけど、どろどろした状況ではなく、可能性が広がって面白いです。

    4作目はドラマ化の頃に発行されたらしい。
    ドラマは視聴率的に惨敗とのことですが~ちょっとキャラの性格やストーリーの狙いが絞りきれていなかったよね。
    悪くはなかったんだけどなぁ。私は全部見ましたよ☆

  • 結婚して少し読書率が下がっていて知らない本がたくさんあり少し悔しい。

    その女アレックス、読みたいと思っていたんだった。今、永遠の0をようやく読んでいるので次は壬生義士伝かな。

    ケティ物語も読みたい。銀翼のイカロス、虚ろな十字架も未読だし。薔薇と棘もまだ。あの子が欲しい、深夜特急、神様の遊ぶ庭、スコーレNo.4、エコノミカル・パレスも読んでみようかな。

  • もう理子と亜紀は伝説になってしまった。
    今回の4は次世代、愛奈と彩加の話。
    彩加の葛藤も良かったが、就活に悩む愛奈の方が興味深かった。
    就活フェアには、この「書店ガール4」も並ぶね。

  • 前3作とは主人公が変わった本作、賛否ありましょうけれどこちらはこれで面白かったという感想。
    ちゃんと前3作の彼女たちの見せ場(?)も登場しますしね。

    この本自体がもう「就活本」になっていますね。
    読者対象年齢がグーッと広がった感じがします。いや実際の読者はもともとの読者層なのでしょうけれども。

    嫌なやつと思っていた人が、実は…だったり、仲間だと思っていた人に思いがけないこと言われたり…など揺れ動く主人公二人の気持ちに一緒に寄り添える感がいいです。
    川西さんのエピソードにはグッと来ますね。こんなことがあったら何としてもこの仕事を続けようと思ってしまいそう。
    川西さんご夫妻との関わりは次作でも何か展開がありそうですね。そして主人公二人のこれからも「それからどうなる?」と一番盛り上がる所で了。
    いやぁ引っ張ってくれますね。これは早く次を出していただかないと読者がやきもきし過ぎるんでは。

    次を心待ちにしております。

  • アルバイトの高梨愛奈と契約社員の宮崎彩加の物語。
    こうやって世代交代していくんだね。
    この手の本を読むと書店員の仕事のワクワクする。こんな風にしてフェアなどが行われているんだなぁ。
    読むと本屋へ行きたくなる。

  • あっという間に読み終えた。
    自分がどうしたいのか、あることに疲れるなと思ってしまう自分にいちばん疲れていて迷えるなんちゃら状態なので、ぐるぐる悩みながらも、一歩前へ明るい方へ踏み出そうとしている2人の主人公に元気をもらった気がする。特に愛奈パパの「いろんな人に会って、いろいろな人の話を聞く」というアドバイスはそのとおりだと思った。迷ったり悩んだりしている時こそ、外に出なくては。人に会わなくては!いいな、素敵だなと思える人に会えるように。

    そして、書店ガールのいいなと思うところは、実在する本がたくさん出てくること。また、読んでみたい本リストに数冊加わった。就活ではないけれど、仕事は生きることに大きく関わる。悩みながら、でも悩むことに没頭しないように、先人の書かれたものを読んでみようと思う。さらに、大好きなカフェが出てきていて、いますぐにでも行きたくなった。

  • 書店員として様々な経験を積んでいく二人。
    そして仕事や人間関係にも新たな出会いが待っている。
    悩んだ時間はこれからの二人にとってけっして無駄にならない。
    悩んだことも、そのうえで踏み出すことを決めた気持ちも、きっとこの先に何かあったときに彼女たちを支える根っ子となってくれるに違いない。
    書店にはいろいろな人がやってくる。
    この本を買うと決めてやってくる人。
    何か良い本はないかと探しにくる人。
    買う予定はないけれど書店で本を眺めることが好きな人。
    共通するのは、みんな本が好きだということだ。
    物語でも語られているけれど、書店の状況はかなり厳しいらしい。
    どうしても欲しい新刊は小説でも雑誌でもネットで予約購入してしまっている身としては、この物語を読むとふらりと立ち寄ることが多い書店に対して何となく申し訳ない気持ちになってくる。
    それでも、棚がきちんと統一されている書店はやっぱり気持ちがいい。
    雑然と並べられていたり、著者名をあきらかに読み間違えて並べられている書店にはガッカリする。
    書店は、本が好きな身としては砂漠のオアシスのような癒しの場所だ。
    どうかこれからも、厳しいとは思うけれど頑張ってほしいと思う。

  • このシリーズは毎回テーマが変わるが今回のテーマは就活ですね。これまで主役だった西岡店長や小幡亜紀は脇役になり、就活を迎えた愛菜と、正社員で店長になる彩加が直面する出来事を通じて仕事の意義を見出して行く。
    書店員は兎角地味だし、実際の書店に赴くと出版社主導のフェア展開が殆どだからこのストーリーに出てくるようなアツい気持ちは伝わりにくいけど、やはり書店という業種にも働く人たちの思いは込められているはずと思う。そんな気持ちで本屋さんに出向いて見たくなる。
    自分も働いているからか、職業物は共感するところが多く、やはり楽しめますね。

  • ドラマもそうだったけど 本もこのシリーズは元気もらえるというか 元気出る。わたしもがんばろーと思える。3までとはまた趣ちがって これはこれでいい。

  • 理子も亜紀もそれぞれの場で頑張っていることを匂わせつつ、話しは後輩の奮闘ぶりへと移っていく。

    それぞれが想いを込めて書店をつくりあげていることが感じられ、書店へもっと足を運びたくなった。

    また、様々な立場の人に寄り添っているのは、やはり紙の本だな、と実感する。本には温かさがある。
    それはやはり、紙の本には関わっている人間がたくさんいて、たくさんの人が心を込めて時間をかけて真剣にかかわってきたぬくもりも伝わっているのだろうか。

    やはり紙の本は廃れるわけはないな、と感じる。
    私ももっと本が好きになった。
    そしてこの業界がもっと元気に景気が良くなることを、心から願っている。

    この本には、たくさんの本も紹介されていて、読みたい本がたくさん増えた。
    私の好きな本も出てきたりして、本好きには楽しく読める小説だと思う♪

  • 2016.4.7
    新たな主人公は、バイトの愛奈。就活の話は、自分の頃を思い出したなあ。縁で決めるのもいいっていう愛奈パパの発言に共感。私もいまの勤務先を選んだのが、そんな感じ。
    就活のときって、みんな自分がわからなくて悩んだり、自己否定されたような気になったり。そんな中で本が好きで損得感情なしにバイトに精を出す愛奈の姿は、同級生からは眩しく映ったんやろうな。

  • 図書館より。

    年甲斐もなく、就活生の彼女に感情移入。
    大学生の時、もっと悩んでおけば良かった(笑)

    二人の未来が少しでも報われるものであって欲しいと思った。
    って、物語なんだけどね(笑)いろんな意味で勉強になり、面白かった。

  • 筆者が本が好きなことがひしひし伝わってくる。大型新刊書店、町の本屋、個人書店、家庭文庫、すべてを肯定しているのが心地よい。

    共感した言葉。
    「縁を紡ぐ」
    「モノ作りをしている人間っていうのは、もっぱら消費専門の都会の人間にはない力強さがある。浮ついてないというか、ちゃんと視線が前を向いている」
    「人がどう思うとか、それはどうでもいいこと。自分自身がやりたいことをやっていれば、きっときらきらして見える。」

  • 今回も面白かった。仕事頑張ろうと思えました

    2016/1/27

  • シリーズ4弾 と思いきや、
    あの二人(理子さん、亜紀さん)が殆ど出てこなくて
    (理子さんはエリアマネージャーということで、店頭には殆ど出ないのでしょうか
     苦情処理のときに出てくるんでしょうか。)
    アルバイトと契約社員の若い二人の物語でした。

    どちらかというと、就活物語。
    …で、なんか途中で終わってしまったので、続きをお願いします。



    図書館でこの本と、「この部屋で君と」「何者」を借りていて
    「この部屋で君と」を先に、
    その後、家で「何者」(単行本 重いから)、通勤中「書店ガール4」(単行本だから)を読んでました。
    共に就活の話で、一部こんがらがっていたのですが
    書店の催しで「就活」に関する本、というので、「何者」が連呼されてました。その他にも本の紹介が多数。

  • あれ?
    主役の二人は?
    と思ったけどおもしろかったからいいか♪

  • バイトの子が客に絡まれるシーンでの西岡店長の毅然とした態度に
    心からスカッとしたーー!

    でもね、あれって経験値を高めた人なら対応できるけれど
    若いバイトちゃんが直面すると傷つくし恐怖だよね。
    接客業って、今の時代は「普通の、常識的な」大人が
    クレーマーに急変したり、モンスターになったりするから
    大変だなぁと思いました。
    特に中高年は、ほんとに客以前、人としてマナーを守れない大人が増えています。
    書店業界だけでなく、飲食業も大変だろうな、と。

    だからこそ、西岡店長!ブラボーでした!
    フォローの言葉も完璧!!!!!

  • この世から、決して本はなくならない。
    本を愛する者の希望であると同時に、
    確かな手応え。

    確かに出版は斜陽産業なのかもしれない。
    でも、この手応えは消えない。
    本を愛する人たちがこの世にいる限り、
    本は出版され、読まれ、愛される。
    本が消え去る日は、本を愛する人が
    一人もいなくなった後に訪れる。

    そうして、そんな日が来るはずがない。

    …そんな凱歌を胸の中で高らかに
    口ずさみながら、シリーズ新刊を読んだ。

    時の移ろいとともに、きちんと主人公も
    成長して卒業してゆき、また新たな書店員が
    本への愛を胸に、新興堂書店の吉祥寺店の
    舞台に立つ。

    このシリーズのそんなきちんとした現実感が、
    とても好ましく思える。

    TVドラマと連動しての発刊は、個人的には
    うれしくないし、ドラマのキャストが顔を
    並べる表紙はもっと嫌い。

    でもこうして、何かのきっかけで
    本を読む人がまた増え、本への愛を語る人が
    ひとり、またひとりと生まれるとしたら。

    新興堂書店の書店員の力は、本を救うかも。

    理子や亜紀の変わらない存在感も
    懐かしかったけれど、ちゃんとした現実の
    時間の流れと連動する物語の中で、
    本を愛する人が絶え間なく生まれ続けることが
    何よりの希望と手応えをも、生んでくれる。

    このシリーズが続く限り、本はなくならない。
    本を愛する人は、生まれ続ける。

    本が大好き!胸張って叫びたくなりますね。

  • 理子さんと亜紀ちゃんが皆の憧れ伝説の書店員になり、後輩の彩加と愛菜の次世代記に突入してるw(゜o゜)w理子&亜紀の物語をもう少し読み続けていたかったけれど、彩加&愛菜の頑張る姿も良い(^^)♪愛菜が川西夫人の想い出の本を探しているところでは、自分も一緒になって考えたりして楽しめた(^o^)♪読んだことのない本がたくさん出てきて、読みたい本がまた増えた(--;)

  • 「書店ガール4」読了
    私にとって欠かせない読書。数年前までは然程気にしていなかったけれど…出版業界や書店が舞台などの小説を何冊も読み、その仕事の大変さ、関わっている人の熱意を感じて、良い文庫を読めることに感謝。特に書店ガールは本選びの楽しさを増やしてくれる大好きな作品

  • 亜紀さんが、もう一度書店で活躍する姿を楽しみにしていたけど、今作からは次世代の物語。女性だからというより人として「働く意味」を見出そうとする二人を応援したくなる。続編も楽しみだ。

  • 6巻が出て、ひさしぶりに4巻を読む。

    (2017/8/23了)

    -----
    (2015/5/13了)

全157件中 1 - 25件を表示

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)を本棚に登録しているひと

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

書店ガール 4 (PHP文芸文庫)の作品紹介

本屋に就職するか迷うバイトの愛奈。正社員かつ店長に抜擢された彩加。理子と亜紀に憧れる新たな世代の書店ガールたちの活躍が始まる!

ツイートする