私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)

  • 108人登録
  • 4.04評価
    • (9)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 北大路公子
  • PHP研究所 (2017年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569767338

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
塩田 武士
村田 沙耶香
西 加奈子
北大路 公子
ヨシタケ シンス...
又吉 直樹
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北大路公子さんの作品を初めて読みました。爆笑ほどかなぁ?でも『生きていてもいいかしら日記』など他も読んでみたい。

  • やはり、クスリと笑ってしまいます。日常生活を切り取って笑いに変えてしまう筆力は圧倒的。本書では、勉強にもなりました。(補聴器が異様に高価な代物だということに)宮下奈都さんの解説も程よい感じです。

  • 北大路さん、おもしろいです。

    これはエッセイなのか。
    北大路さんの妄想から発展した、もうほとんど小説ではないのか。

    納豆のくだりも笑えた。
    パックをあけて食べるまでの描写はあるある感満載で、納豆を食べたことがある人は誰でも経験してることだと思うけど、それをあんなにも面白く描けるなんて。
    なんだろ、そういう表現を絞り出してるわけじゃなくて、たぶんフツーに北大路さんの頭から出てきた言葉がおもしろいんだろうなーと思う。

    それとも実は頑張っておもしろい表現をしようと思って、苦労しておられるのだろうか。
    一度ぜひ聞いてみたいところだ。

  • 仕事終わって、帰って、この人の本を読みながらだらだらビールを飲む幸せ。

  • 今まで読んだキミコさんのエッセイ本の中で、一番ちゃんとしていました。いや、違うな。ちゃんとしてはいないんだけど、飲んだくれ日記ではなかったというか(笑)。

    妄想部分は、もはやちょっとした短編小説。私も河童の話をもっと読みたいです!
    面倒臭がって書かないだろうけど、キミコさんが普通の小説を書いたら名作になりそうなんだよなー。エッセイだけでは勿体ない文才。
    でも・・・書かないんだろうなぁ~(笑)。

  • 解説の宮下奈都さんが北大路公子さんの作品を「エッセイなのか、小説なのか・・・?」と仰ってました。「妄想エッセイ」なんですよね(^-^) 「私のことはほっといてください」、2017.7発行です。半裸妻を描いた「自由への戦士」、とても暑い日の恋人たちを描いた「北海の盗み見の白熊、敗北す」、そして、納豆パックの進化を描いた「人類が進化を諦めた日」が秀逸かなと感じました(^-^)

  • 北大路公子先生によるエッセー。日常生活や最近の出来事といった些細なお話をきっかけに、妄想に妄想を重ねて、誇大妄想でどんどんお話が大きく展開していきます。読んでいて本当に楽しい。

  • 公子先生の本はとても面白い!面白すぎるから人に話すのだけれど、どうも夢の話を聞かせてるみたいにうまく面白さを伝えられなくてもどかしかったのですが、最近周りの人に愛読者が増えてきて折にふれて、「それ公子だね」で通じるようになり、アラブの石油王やら佐藤浩市というキーワードのみで笑える友人が増えてとても嬉しいです。さらに布教に励みます。

  • ハム子さん、ほっとけないですよ。日常の些細なことから妄想が広がる。重箱の隅をつっついて宇宙へ繋がるみたいな。河童との一夏の恋、ニセ公子、家族とのTV抗争、よくもまーこれだけしょうもないことを、でも面白いです。

  • 「私のことはほっといてください」って、ほっておけない面白さ。

  • 解説の宮下奈都さんも悶絶! 人妻界の秘密を知っておののき、河童とのひと夏の感動的な邂逅を果たし、フェイスブックに「なりすましアカウントの削除」を申し立て、深夜に父の部屋から漏れ出るテレビの大音量と格闘する日々……。ビールを飲みながら妄想を膨らませるキミコの日記風爆笑&脱力エッセイ。あえて「見ない」という稀勢の里への応援、納豆パックに見る人類が進化を諦めた理由など、今回も笑いが止まらない! 文庫オリジナル。

    凄いと思う。ゆるゆるだけど凄い!…のかなぁ??

  • 北大路公子『私のことはほっといてください』PHP文芸文庫。

    日常生活をテーマにした面白エッセイ集。面白い、面白いのだが、『生きていてもいいかしら日記』の衝撃は超えていない。ネタが尽きたのか他愛もないテーマを猛烈に膨らませているようにも思う。それが妄想エッセイたる所以なのだろうが、一歩間違えば松居一代になりかねないと心配したり。あっ。タイトルからして、心配は大きなお世話か!(^_^)

  • もはや中毒になりつつあるキミコさんのエッセイ。
    今回は河童の話が一番よかったなあ。
    そんな出会いと別れ!私もしてみたい。
    中島みゆきの「悪女」に関する考察もなかなか。私は詩を読んだ限りでは「マリコという女友達に自慢してる」んじゃないかと思った。
    あと、納豆が食べたくなりました。

全13件中 1 - 13件を表示

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)を本棚に登録しているひと

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)の作品紹介

髪ゴムが起こした奇跡と呪いとは? 世界で最も遠い十五歩とは? 半径5メートルで起こる出来事を無駄に膨らませる抱腹絶倒のエッセイ。

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)はこんな本です

私のことはほっといてください (PHP文芸文庫)のKindle版

ツイートする