一行怪談 (PHP文芸文庫)

  • 138人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉田悠軌
  • PHP研究所 (2017年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569767369

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーン テレヘン
恩田 陸
柚木 麻子
高殿 円
辻村 深月
米澤 穂信
宮下 奈都
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

一行怪談 (PHP文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • これはすごい。たった一行でこんなに恐怖の世界に連れて行ってくれるなんて!
    ショートショートの極み!!
    ギュッとギュギュっと濃縮された言葉のひとつひとつにの向こう側に真っ暗な恐怖が広がっている。そこをこそりと覗き見る醍醐味。うーむ。これからこの「一行怪談」ってのが1つのジャンルになったりして。

  • 一つ一つが短いためすぐ読めるけど、その分細かい説明は一切ないので脳内であれこれ想像して怖くて仕方ない。しかも自分の想像なので消し去れない。
    ホラーは苦手なのになぜ読んだ?私。まあ全部が全部ホラーではないけど、読まないとわからないし~

  • タイトル通り、一行……というより一文で記された怪談集。たった一文なので多くが語られない分、どんどん想像力と妄想力が膨らみます。ここからどういう物語に発展するのか、いろいろ考えてみるのも実に楽しい一冊。ちなみに、奥付にまで行きついてもその先まできっちりと読み進みましょう。そうするとさらなる恐怖が……?
    一番お気に入りは「このあいだ山奥に捨てた知り合いが、五箱の宅配便で届いた。」。すっごくさりげない一文でこの嫌さ。いったい誰が送ってきたんだ。しかも五箱に分けて。すごく怖い。

  • 一ページに一つ、一文の物語で構成される怪談小説集。「公園に垂れ下がる色とりどりの鯉のぼりに、一つだけ人間が混じっている。」「寝る時に必ず、洗濯機を回し続けることだけは忘れないよう願いますが、それさえ守ればたいへんお得な物件だと思いますよ。」―想像力が喚起され、不思議な怖さが込み上げてくる怪談を二百近く収録。現実と空想の境目を見失うような、奇妙で恐ろしい世界を味わえるだろう。

  • ダ・ヴィンチを読んで気になり購入。

    確かに、ゾッとするような。俳句?詩集のような趣が。
    一瞬だけど、絵柄が頭の中に浮かぶとイヤだよね~。

全5件中 1 - 5件を表示

一行怪談 (PHP文芸文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一行怪談 (PHP文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一行怪談 (PHP文芸文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一行怪談 (PHP文芸文庫)はこんな本です

一行怪談 (PHP文芸文庫)のKindle版

ツイートする