異邦人(いりびと)

  • 718人登録
  • 3.70評価
    • (37)
    • (124)
    • (106)
    • (7)
    • (0)
  • 112レビュー
著者 : 原田マハ
  • PHP研究所 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569823812

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

異邦人(いりびと)の感想・レビュー・書評

  • 嵐山辺りを思い浮かべながら、心地よく読んだ。原田マハさんの物語は、読了後、幸せな気持ちになれるから、好き。

  • 美術にうといので前半はなかなか進まず。後半からぐっと展開があってそこからはおもしろくなっていった。原田マハさん初ですが素晴らしい作品でした。本屋大賞の暗幕のゲルニカもすぐに読みたい。

  • 久しぶりに先が気になってぐいぐい引かれた本でしたが、最後の方はちょっと忙しい展開というか・・・
    それまでの京都が放つ妖艶な雰囲気が、急に昼間のサスペンスドラマになってしまったようで戸惑いました。

    それにしても、菜穂の一途にアートを想う気持ちがまぶしい。まあ、お金に困っていない人だからこそできることなのかもしれませんが。ここまで熱を注ぎこめるものに、何か出会いたい気分になりました。

  • マハさんは海外の画家のエピソードとかを書くことが多いから今回もか?
    と思っていたら京都が舞台。
    作中の京都弁とマハさんの書き出す京都がなんとも怪しく魅惑の歴史ある芸術の街の空気を醸し出す。
    最初は夫の一輝の気持ちに肩入れしていたのが読み進めて行くうちにどんどん菜穂の方に感情移入。
    そして後半からのまさかの展開に一気読みでした。

  • じめじめとした人間関係と、雅な雰囲気が合わさって、なんとも言えない甘美さがある小説。京都らしい空気を味わえる。
    雰囲気を味わう小説と思わせておいて、最後の怒涛の展開と、伏線の明かされ方がミステリー小説のそれだった。
    楽園のカンヴァスのような絵が中心という話でもなく、京都という土地の魔力が感じられ、地元民としては、きちんとした「京都らしさ」を感じさせてくれたことに感謝したい作品。
    こういうじめっとした人間関係と、美術文化の合わさった作品は好みだった。

    美術を収集するようなお金持ちの世界がどんなものだかさっぱり想像がつかなかったのだが、この小説では美術品のやりとりや、身内の駆け引きみたいなものが楽しめて、自分とは縁のない世界へといざなわれるようだった。
    世界に一点しかない作品を所有したり、新たな才能を発掘しパトロンとなったりと、富裕層のお金の使い方が大変興味深かった。

    親に振り回された夫と、親子関係を断ち切ってでも自分の感性を優先させる妻と、どちらも幸せではないが、菜穂の決断は清々しかった。

    京都に住む人間だが、美術や文化、京野菜や、祇園祭など、普段ただ生活しているだけでは向き合ってこれなかったさまざまなものとも向き合ってみたくなった。

  • 原田マハさんの作品は、すばらしい絵画に出会った時の感動を体験させてくれる。

    今回もそんな気分を味わった。

    菜穂の心に刺さった時の高揚、抗えない興奮、むくむくと湧き出す支配欲、、、
    読んでいて、芸術作品にこんなにも感情を揺さぶられる菜穂を羨ましく思う反面、作品の引力の強さや底知れなさに畏れも感じた。

    プラスとマイナスの感情で大きく揺れ動き、満たされました。

  • 「楽園のカンヴァス」の著者の、同じく美術の世界をテーマにした物語が読みたくて手に取った。
    芸術家とその作品を世に出したいと願う者の感性は、サラリーマンの身にはなかなか理解し難いものと痛感。
    そしてこの物語は、引き付けあうふたりの間に隠された秘密に辿り着く。

  • 一枚の絵が、ふたりの止まった時間を動かし始める。
    たかむら画廊の青年専務・篁一輝(たかむら・かずき)と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長期逗留していた。
    妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗の画廊で、一枚の絵に心を奪われる。
    画廊の奥で、強い磁力を放つその絵を描いたのは、まだ無名の若き女性画家。
    深く、冷たい瞳を持つ彼女は、声を失くしていた――。
    京都の移ろう四季を背景に描かれる、若き画家の才能をめぐる人々の「業」。

    この人の描くアートの世界が本当に好きだ。

  • 一枚の絵が、ふたりの止まった時間を動かし始める。
    たかむら画廊の青年専務・篁一輝(たかむら・かずき)と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長期逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗の画廊で、一枚の絵に心を奪われる。画廊の奥で、強い磁力を放つその絵を描いたのは、まだ無名の若き女性画家。深く、冷たい瞳を持つ彼女は、声を失くしていた――。
    京都の移ろう四季を背景に描かれる、若き画家の才能をめぐる人々の「業」。
    『楽園のカンヴァス』の著者、新境地の衝撃作。
    「Amazon内容紹介」より

    京都は新参者をなかなか受け入れてくれない街という印象だが、ほんものを受け入れる器をもっている街だとも思う、というのは住んでいる印象.
    途中まで、菜穂の言動にいら立ちを感じていたけれども、それが自分の感性を信じる心や意思を貫く強さから来ているものだと分かって以降は、称賛に値するほんものだと思った.
    人間、いやだと思っていることをずっと続けているとダメになってしまう.でも、やりたいと思うことを続けられる環境にいるのは難しいこと.どれだけ信念をもっていて、貫くことができるのか、だろう.

  • 有吉美術館の副館長・菜穂とたかむら画廊の専務・篁一輝夫婦。放射能汚染を恐れて京都へ避難した妊婦の菜穂は画廊の応接室で見たある一枚の絵に魅了された。それは無名の話すことができない女流画家の絵だった。アート業界の経営が厳しくなる環境の中、あやうい均衡がいつか崩れ落ちそうな物語が始まる。

    京都画壇や美術業界のドロドロとしたものが見え隠れする。夫婦、親子、男女、義母義父との関係が昼ドラのような感じで、いつか壊れるんだろう、それがどう壊れるのか、読み進めながらどきどきしてしまった。ただ、母親も菜穂も一輝も金持ちの鼻につく感じで感情移入はまったくできなかったけど、美術に魅了されることがこわいとは思った。

  • 昼ドラのようなメロドラマ!
    展開はあれだけど、
    日本画や京都の文化の描写が美しかった。
    表紙絵の「いだく」(髙山辰雄 東京国立きんだい)をいつか直接見てみたい。

  • 途中まで、おもしろかったけど、最後が急ぎすぎて雑だったようにおもう

  • 途中まではそれなりに面白かったけど、終盤からラストにかけてはちょっとがっかりかな。急ぎ過ぎですね。

  • Four beautiful seasons in Kyoto,
    human dramas beyond my expectations, this novel reminds me about ”Koto” written by Yasunari KAWABATA.

  • この先どうなるの?という展開を作り出すのが抜群に上手い。読まずにはいられない、この引力。
    秘密の共有は、何よりも深い愛になる。秘密を知らなければ、いつまで経っても馴染めない、異邦人と同じ。

  • 面白かった
    あまりに自己本位でちょっとイライラさせられた菜穂子だけれど、納得できるラストかな
    それにしても私とは無縁のセレブの暮らし
    美術品はやはりお金持ちのものやねえ
    マハさん、好きなんですが
    ≪ 京都には 狭い門戸の 奥深さ ≫

  • 今までの原田マハとはかなり作風の違う長編。
    どういう展開になるのか困惑しながら読み進めました。

  • いつかは不明。2015年中なのは確か。

  • 一番思ったのは「なんなの、このラスト」・・・。かな。

    京都の方々は、よそモンにはなかなかうちとけない、というのは聞いたことがありますが、こりゃもう異邦人どころか、ただ嫌な奴じゃん、と思った私のほうがイヤなヤツなのかもしれませんけど。

    結局、誰が異邦人だったんでしょう。(菜穂?)

    私は貧乏人なんで、ワガママなお嬢さんの話に共感できなかっただけかもしれないですが。
    でも、睡蓮の絵は見てみたいです。


    オットから見た、お金持ちのワガママな妻と、その妻の考えていることが同時にわかる・・・第三者的に書かれているから、逆に私には共感できなかったのかもしれないです。
    他の方のレビューを見て、楽しみに借りたんですが。
    残念。

  • 個人的に、今まで読んだこの作者の本の中では一番面白かったと思います。
    これまでのこの人の本は「まあまあ」「上手に書けてるな」くらいの印象で夢中になって読むという事はありませんでした。
    題材選びも上手だし、文章も上手だし、でもそれは表面上の事で、心をゆさぶられるほど深く入りこんで書いてないという印象。
    いつも何冊か図書館で本を借りたら自然とこの人の本が読むのは後回しで最後になる。
    この本も以前図書館で借りたものの、その時は精神的に本を読む気にならなくて貸出日が過ぎたので読まずに返したくらい。
    だけど、フォローしてくれているvilureeefさんのレビューを読んで、興味がわき、また借りて読んでみたいと思いました。
    素敵なレビューなので、このレビューの続きを読むよりはそちらを読まれるのをおすすめします。
    私はいつもの通り、自分の備忘録としてレビューを書きます。

    この物語の主人公は二人。
    老舗画廊の跡継ぎである男性とその妻で絵画に対して天才的な審美眼をもつ女性。
    彼女はもともと資産家の娘で、夫はいわゆる逆玉婚で結婚したことになる。

    この二人のそれぞれの視点で描かれた話が交互に進んでいくという構成。
    男性の目線では、財閥の娘と結婚することとなった経緯。
    そして、その娘の母親である義母にそれとなく男女の関係を誘われているということ。
    ある事件をきっかけに画廊は経営困難となり、妻の大切な絵画を売ることとなった、そして、それまでさりげなくかわしていた義母との関係が変り-という事が描かれている。

    一方、女性の方の話としては、東北大震災をきっかけに妊娠している彼女は京都に避難することになった、そして、その京都で、まだ無名の天才画家の女性と出会い、それをきっかけに彼女の考え、人生が変わっていくという事が描かれている。
    そして、そこには思いがけない真実が-。

    この話、もしも男性側の目線だけで描かれていたら妻はただのワガママなお嬢さんにしか見えなかったかもしれない。
    だけど、そんな彼女の側から描かれていることで、彼女の心情や結末として何故そうなるのかというのも理解できる。

    今までの作品と比べると深く登場人物の心情を描いている-けれど、やはり結末は少し物足りない。
    どこかそこまで描くという事にためらいがあるのか、表面上なきれいなことにこだわっているような感じがした。
    これがこの作者の持ち味なのかもしれないけど-。
    今まで読んだこの人の本の中では一番面白く夢中・・・とまではいかないけど、入りこんで読むことができました。

  • 2015/12/5。絵そのものと絵画マーケットの世界が何となくわかった。ストーリーは予想を裏切られた。すべてが救われ、ハッピーエンドだとおもっていたが、誰もが自分のしたいようにあるいは自分を救うために一生懸命だった。それぞれのゴールへのベクトルが永遠に交わらないほど。元々こうなる運命だったのか、どこかで修正できたのか?関係するキャストにもっと合理的にリード出来る人がいなくて残念。

  • 京都を舞台に、逗留していた資産家の若妻と画家や画廊をめぐる物語。
    美術界を扱うのはお手の物ですが、ドラマとしては新境地のようです。

    画廊経営者の息子で専務の篁一輝は、資産家の令嬢・菜穂と結婚した。
    東日本大震災後で原発の事故が起き、妊娠中の菜穂は、京都に一時避難することに。
    菜穂は美術には目利きで、祖父のコレクションを有する有吉美術館の副館長でもあった。
    うつうつと過ごしていた菜穂はある日、老舗画廊で小品『青葉』を発見する。その絵の作者はまだ無名の若い娘・白根樹だった。
    京都に馴染み、謎めいた白根樹の作品にのめりこんでいく菜穂。
    ところが、東京では画廊と有吉不動産の経営は危機に陥っていた‥

    最初は、お金持ちらしくわがままな印象だった菜穂ですが、美術への感性が鋭く、真摯な気持ちを抱いていることは伝わってきます。
    ある意味では、東京の家族に何もわからない若い娘のように扱われていて‥そのへんをひっくり返して反逆していく話かも。
    鷹野せんの家に預けられてからは素直な感じに。
    こういう京都なら知りたいと思いますよね。

    悪気はないけど周りに押され気味な夫の困惑。
    自分を押し通しているけど、その陰には以前からの事情も実はあった有吉の母。
    京都画壇の重鎮や、老舗の画商。
    どろどろした人間関係は、さわやかな印象が強い原田マハにしては、ねっとりしたストーリー。
    ただその描写はあまり突っ込んではいないので、修羅場は追っていません。その辺が原田さんらしい、抑制したタッチになっています。

    画家の樹も神秘的な面があっていいけれど、最後に明かされる点は、‥え?
    まとまるような、まとまらないような。
    芸術家と作品への尊敬が何より輝いているので、他の面が出てくると意外な落ちに感じるようです。

全112件中 1 - 25件を表示

異邦人(いりびと)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異邦人(いりびと)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異邦人(いりびと)を本棚に「積読」で登録しているひと

異邦人(いりびと)の作品紹介

京都に滞在中の菜穂。口がきけない画家の一枚の絵に魅せられた彼女は――。アートとドラマが見事に融合した、著者新境地の力作長編。

ツイートする