わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち

  • 22人登録
  • 2.71評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 西牟田靖
  • PHP研究所 (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569831428

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たちの感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた本。
    子どもを巻き込む離婚問題。どちらか一方だけが悪いということは無く、何も悪くない子どもが一番傷つく。いがみ合って一緒にいるよりも、別れて子どもと頑張るシングルマザーの姿は崇高なものだと思っていました。今回は父親側からの意見なので、新たな視点で読み終えることができた。以前、子どもに聞いたことがある。もしも父母のどちらかを選ぶような場面に遭遇した場合、どちらについていくかと。子どもは少し迷ってから「お父さん」と言った。経済力が大きな理由だけど、その裏には父と一緒にいれば、母は必ず自分を探して会いに来てくれる(逆だと父とは一生会えなくなる可能性がある)という意図が隠されてたことを知り、驚いたことがある。そのぐらいに子どもにとっては父も母も選べないのだと痛感したことを思い出した。

  •  自分にも関わりのある問題であるため、前のめりで興味が尽きず一気に読み終えた。自分の問題を差し引いたとしてもドラマ性が高く、言葉にするのは気が引けるが凄く面白い。

     痴漢冤罪のようにDV冤罪が悪用されており、客観的にDVを判断することなく措置がなされることが大問題だ。そして悪徳弁護士とDVシェルターの運営がグルになっていることも指摘されていて、もっと周知されるべき問題であった。

     そして子供を父親から引き離す母親、父親が歩み寄ろうとしても取り決めを反故にしてやろうと思っている相手には何を言っても無意味であることが他人事ながら身に染みる。そこに弁護士がグルで焚きつけてもおり、法治国家として由々しき問題だ。

     この世の地獄を垣間見るような内容であった。

全3件中 1 - 3件を表示

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たちを本棚に「積読」で登録しているひと

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たちはこんな本です

ツイートする