ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)

  • 50人登録
  • 4.33評価
    • (6)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • PHP研究所 (2017年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569836539

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカの愛国心とは違うかもしれないが、日本に誇りを持っています。詫びサビや一歩ひくこと、和を大事にすることなど愛すべき国民性です。

  •  日本を深く理解したいと努力してきた著者が日本人が持つべき誇りと気概をつづった作品。

     戦後20数年後に生まれた自分はまさに戦後の自虐史観の洗脳を受けた世代であり、この文章を読めたことにとても感謝しています。

     特に最近は昭和の時代にとても興味というか、もっと勉強しなければ今の時代はないと思っていたので、そういう意味でもとても勉強になりました。

     日本人ではなく、外国の人から見た日本といった視点で書かれているので、日本という国を客観的にそして冷静に考えることができました。

     天皇についてもわかりやすく述べられ、これまでの日本が天皇を中心に成り立っていたということが胸に刻まれ、日本人としてのアイデンティティ、そして、愛国心を強く感じました。

全3件中 1 - 3件を表示

ケント・ギルバートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
百田 尚樹
百田尚樹
ケント・ギルバー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)を本棚に登録しているひと

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)の作品紹介

世界では「愛国心」は当たり前。日本は素晴らしい歴史のある国なのにどこかヘン……。そのカラクリを解き明し、ヘコんだ日本人の目を覚ます!

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)はこんな本です

ついに「愛国心」のタブーから解き放たれる日本人 (PHP新書)のKindle版

ツイートする