コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)

  • 47人登録
  • 4.71評価
    • (6)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 江崎道朗
  • PHP研究所 (2017年8月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569836546

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山口 敬之
ジャレド・ダイア...
百田尚樹
ピーター ナヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)の感想・レビュー・書評

  • 日本の敗戦の陰にコミンテルンのスパイが跳梁跋扈していたと。
    まあ今でも共産主義革命を目指すコミンテルンのDNAは残ってますからね。

    沖縄を見るまでもなく平和主義を訴える人ほどなぜ暴力的なんでしょうね。
    自己の思想と合致しない表現には徹底的に攻撃を加えて言論を封じる。
    それはコミンテルンが共産主義革命のためには資本主義を暴力で滅ぼさなければならないと言っているDNAと変わらないような気がします。

    コミンテルンの情報戦に「日常の宣伝と扇動」があります。
    これは論点を逸らして本当に大事なものから目をそらせる役目を果たします。
    今の政権与党を倒すだけが目的の報道機関がどのような行動をしているかコミンテルンの行動原理と照らし合わせるとよくわかるようです。

    これは戦前の話だけではなく、いまも連綿と続く「平和主義=暴力革命」をつなぐコミンテルンという組織を知るための良本だと思います。
    そういった勢力が戦前だけでなく戦後の今も日本で暗躍してるかと思うとゾッとしますね。

  • ゾルゲ事件だけでなく、共産主義がアジアに広まった背景や現代まで続く影響について、複雑ながらも時系列に綺麗にまとめてあるのでわかりやすい。

    『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』あたりで知った気になっているとイタイ人になるんじゃないのか。

  • 衝撃的な本。日本が戦争に引きずり込まれたのはコミンテルンの謀略だけではなく、内部からの自滅もあったというのは実に納得の出来る説。いまだに総括すら出来ていないのは歯痒くて仕方がない。

全3件中 1 - 3件を表示

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)の作品紹介

レーニンがつくった世界革命組織・コミンテルン。日本はなぜ彼らの策動に乗り、自滅してしまったか。隠された歴史の真実を抉り出す刮目の書。

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)はこんな本です

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)のKindle版

ツイートする