あやしうらめしあなかなし

  • 333人登録
  • 3.38評価
    • (20)
    • (48)
    • (106)
    • (12)
    • (2)
  • 68レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 双葉社 (2006年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575235531

あやしうらめしあなかなしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮部みゆきの「あやし」よりも、人間の怖ろしさが感じられる内容。

    戦争に関するものも多い。

  • あのころの恋人たちの胸には、純潔と情熱が何の矛盾もなく同居していた。むしろその紅白の共存が、恋愛の作法であり、要諦だったんだ。

    人を愛することほど、エネルギーを要するものはない。

    幻滅か。個人的にはそういうことなのだろうけれど、訃報に接したとき僕はとっさに、これは戦争だと思った。まず僕と佐知子の母が紛争をし、父親が介入し、和平がなったと思ったら佐知子が核兵器のボタンを押してしまった。戦争に勝者はいないという警句通りの結末さ。

  • 日本特有の神秘的で幻妖な世界で、生者と死者が邂逅するとき、静かに起こる優しい奇蹟。
    此岸と彼岸を彷徨うものたちの哀しみと幸いを描く極上の奇譚集。
    (アマゾンより引用)

    まぁタイトル通りの幽霊系のお話の数々でした。
    中には好きなお話もあったけど、基本幽霊系は好きじゃないので…

  • 最初と最後の話好きだなー
    浅田さんの話はコテコテだが、それがいい。

  • 短編集。一つ一つ引き込まれる世界。

  • 2014年7月31日読了。
    怖い話はやはり「人が語る」という形式がよいのだと実感。

  • タイトルに惹かれ読みました。怪談話…になるのかな?短編集。現実と非現実の世界を行ったり来たり。落としどころにゾッとしたり、切なくなったり。

  • 最後のお狐様の話が好き。短編と知らずに読んだので、心暖まる話やドキドキする話など、7つも面白い話が読めました。

  • 一度読んだはずなのに全く内容が思い出せず再読。山の神社につかえる家で伯母が語る話が面白い。死に切れなかった心中の女性、お狐さんに憑かれた女の子。また戦地で生き残ったものと死んだもの、戦死者と現代の若者が交差する話も、結末がすっきりしないだけに背中がぞっとする。

全68件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

あやしうらめしあなかなしを本棚に「読みたい」で登録しているひと

あやしうらめしあなかなしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あやしうらめしあなかなしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする