夜行観覧車

  • 6045人登録
  • 3.25評価
  • 1027レビュー
著者 : 湊かなえ 
  • ¥ 1,620 /
  • 双葉社 /
  • 2010年06月02日発売 /
  • 336ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784575236941
  • (173)
  • (777)
  • (1292)
  • (334)
  • (64)

夜行観覧車の感想・レビュー・書評

  • 予想どおりの湊かなえ。ドラマ化したんだっけ?閉館間際の図書館で、とりあえず手元に未読の活字が欲しくてチョイス。ミステリとしては及第だろうけど、ドロドロしてて後味悪いだろうな、と予想した通りの作品でした(´・_・)。登場人物全員気持ち悪いんだが、桐野夏生ほどグロくないのが救いか・・・。

  • 先が気になって一気に読んだ。読み応えがあったし、面白かった。
    表明では幸せに見えても実はそうじゃないことなんてたくさんある
    この作品ではご近所付き合いが煩わしいものに書かれているけど、私はずっとご近所付き合いが良好だから、こんなところには住みたくないなぁと思った。

  • 閉鎖的な空間のなかでの人間関係とか、家族の関係とか感覚とかにはリアリティーがあるが、キャラが物語に操られ過ぎている…特によしゆきがひどすぎる。もう、ぐちゃぐちゃだ。胸くそも悪いし。最後の落とし前が意味わからん。
    坂道病とか、そういう陳腐なのは、作者が陳腐なのわかってて使ってるかどうかは定かじゃないが、嫌いじゃない。

  • 湊さんの本は、『告白』と二冊目。告白は、好きではない。なんで、賞をとったか不思議なくらいだった。『夜行観覧車』はAIさんの曲もあって、TVをみて次が楽しみだったのを覚えている。

    誰でも、いい所と悪い所があり、いい所がある場面では、良くなかったり…
    それは、相手や自分の受け止め方や、状況で変わったりする。

  • 初めて読んだ湊作品。ただ読後の爽快感というものは一切感じなかった。とても息苦しさを感じる物語だったので、読んでいて結構辛かった。

  • たダウンロードダウンロードの続きでじっくりよ?ダウンロードたダウンロードダウンロードして第一ダウンロードダウンロードたの前に

  • 誰が悪いとかないと思う。
    湊さん制覇したい!

    2014.09.07読了

  • もともと善良な人間でも、ちょっとしたことがきっかけで、歪んでしまったり、崩れてしまったりするんだなということを感じた。人間の内面の怖さ、奥深さを実感した。
    人物描写が巧みで、2つの家族(と小島さと子)の視点を行き来する構成もよかった。
    典型的なむかつくおばさんだった小島さと子が終盤で豹変するのには少し違和感が残った。

  • 高級住宅街で起こった殺人事件。

    世間体やブランドを気にするあまり、
    つい無理してしまう。
    期待してしまう。
    自分の身の丈の物で充分なのに。

    終わり方はビミョー...

  • 相変わらず読者を惹きつけるストーリー設定だったのですが、
    ラストが少年漫画の打ち切り(「本当の戦いはこれからだ!」)みたいで
    ちょっとガックリしました。

    湊さんの作品は完成度の高さに好感を持っていたのですが
    今回はそれが外れた形となりました。
    「あくまで問題提起の作品だ」と言われればそれまでなのですが…

  • 家族や個人が抱える問題は様々。傷つけられる被害者であり、傷つける加害者でもあるんだな〜…。というのが、各章を読み進めた感想。誰にも同調しないかわりに、誰にも同情しない。

  • 事件にはいろんな側面がある。事件だけで傷ついている当事者家族を近隣住民、それぞれの所属する組織などがさらに翻弄する。
    多くの人はイメージだけ見て真実を見ようとしない。

  • 一気に読んでしまったが後味はとても悪い。事件は起きた、しかし何ひとつ解決していない。それぞれの家族が抱える問題、周りにどう見えているのかを常に気にするようなつまらない人生。自分は?と少しは考えるきっかけをもらえた本だった。

  • なかなか読み進まず、3ヶ月くらいかかってしまった。 読み進まない理由はたくさんあるけど、 やはりやはりキャラクターの問題だったかと思う。 告白の時も思ったけど 嫌な子どもを描かせると本... 続きを読む

  • 人間の本能や感情が剥き出しになっていて気持ちいい。フィルムにつつまれる感覚わかる。自分の娘が獣に見えてつかみかかるところが好き。彩花の憎たらしさもうまいなと思う。なんでも人のせいにして自分の弱さを受け... 続きを読む

  • 多かれ少なかれ世の中ってこんなもんだろうなと。
    劣等感やどこどこに住んでるからお金持ちとか。
    身近にあるけど皆本音では口に出しにくいところをうまく書いてるなと思った。

  • 確か読んだことはあったのだけれど、ドラマの放送をしていたのでまた借りてしまいました。
    キレると言うことどういうことなのか、また人間という生き物の
    態勢なり、忍耐は当てにならない事がわかりますね。

  • 私にはイマイチ…なんかドロドロしてて濁っている感じ。衝動のきっかけは日常の些細なことの積み重ねってことなんだろうけど…
    遠藤母娘はこの先やり直して歩んでいけるの?と疑問…
    わかるんだけど何か前を向けない気持ちになり、あまり良い読後感ではなかった。

  • 内容紹介
    父親が被害者で母親が加害者--。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。



    自分勝手な人々の言動は、自分自身の家族に対する態度と重なり、恥ずかしくなった。

    家族だから、身内だから、血が繋がってるからという理由で、話さなくても分かるだろうと思い込む、また、話すのが面倒な理由をそれとする内に、些細なズレは大きくなり、信頼は崩れ、後は相手を憎む気持ちしか残らなくなる。家の中の事は第三者に見られてないという思いから、嘘や暴言、暴力を加速させ、罪悪感をなくさせるが、この本は、「自分勝手な家族=自分自身」を、読み手が第三者となり客観的な目で見る事によって、自分の家族に対する考えも改める気持ちになった。

  • 面白くて一気には読んだけど、どこかすっきりしない感じ。

  • 世間体って怖いのね。

  • あまりいい話ではなかった。特に目新しい話でもなかったし。どこかで読んだような……

    ある地方都市の高級住宅街で起こった父親殺害事件。裕福な一家に起こった事件の真相を追うミステリ。
    フーダニットに分類される作品だけれど、それよりも、その住宅街における歪な人間関係に力点が置かれていて、住民の誰もが心からの関係を築けていない状況を描くことによって、人間の業の深さを暴く。

    いい人が出てこないから、読んでいて辛かった。
    最後に何となくの大団円を迎えるところも、素直に納得できなかった。

    タイトルの「夜行観覧車」が???
    物語の中で活きていない。
    そして、この程度のミステリではもはや満足できない。

  • 高級住宅街で起こった妻によるおっとの殺人事件。
    でも最後の種明かしが湊流でよくわからなかった。小島のおばちゃんがちょっと邪魔だった。

  • 重たくっていやーな雰囲気漂うミステリ。
    何を読んでも告白は超えないなあって印象が強いです。つい比べてしまいます。

全1027件中 1 - 25件を表示

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

リクルートという幻想 (中公新書ラクレ)

常見 陽平

いま、リクルートという会社を改めて考察する一冊

ちょうど大型上場として話題となっているリクルート。
そのリクルート出身の著者で評論家・コラムニストで大学講師の常見陽平さんが愛憎入り交じりながら『リクルート』をいろいろな角度で語られているのが本書。
リクルートがどう変わっていったかなど、世間一般に語られているリクルートの幻想、事実と整理されているという印象です。
タイトルや帯では痛烈な批判本という風に感じる部分もあるが、そうではなく愛憎と書いたとおりリクルートへの愛があるからこそ悩みながら書いた本なんだと感じます。