蛇行する月

  • 654人登録
  • 3.66評価
    • (39)
    • (120)
    • (88)
    • (16)
    • (3)
  • 102レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • 双葉社 (2013年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575238358

蛇行する月の感想・レビュー・書評

  • 何処か、打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?感がある物語の構成。此方の方がもう少し大人か。既婚者の男と駆け落ちした一人の女を巡って男達が翻弄されて行く。一人一人にとっての幸せの形は違う、違うのに求めるのは「幸せ」だったりするから複雑。良い余韻。
    順子が此れ又素朴なのに実直で、花の間を縫って流れる小川のような人だったけど、景色は変わらず霧が掛かっていて一歩踏み外すと足を取られて溺れそうな人でもあった。女性の危うさって此処にある気がしている。

  • 高校の図書部で出会った女の子たち。
    和菓子屋の職人と駆け落ちをして生きる順子をめぐり、何人かの女性視点で、それぞれの人生が短編的に進んで行く小説。

    幸せとは何か?
    順子は幸せなのか?

    女の子をめぐるそれぞれの思いや関係性がリアリティがあり、おもしろかった。
    独特の世界観だけど、気軽に読める。

  • 暗くて疲れてしまった。

  • +++
    人生の岐路に立つ六人の女の運命を変えたのは、ひとりの女の“幸せ”だった。―道立湿原高校を卒業したその年の冬、図書部の仲間だった順子から電話がかかってきた。二十も年上の職人と駆け落ちすると聞き、清美は言葉を失う。故郷を捨て、極貧の生活を“幸せ”と言う順子に、悩みや孤独を抱え、北の大地でもがきながら生きる元部員たちは、引き寄せられていく―。彼女たちの“幸せ”はどこにあるのか?
    +++

    雪深い町の高校時代の図書部の仲間、という繋がりの女性たちと、その周囲の人々の物語である。彼女たちそれぞれの人生の中で、悩み迷い立ち止まる瞬間に、いつも思いが及ぶのは須賀順子というひとりの仲間なのである。勤め先の和菓子店の主である父親ほども歳の離れた男の子を身ごもり、逃げるように東京へ行き、いまはラーメン屋をやって貧しいながらもしあわせにやっているという。1984年から2009年まで、時代をたどりながら、それぞれ別の人物の視点で描かれるそれぞれの人生。だがその中にはいつも順子が出てくるのだった。それが、誰からもうらやまれるような暮らしをしているわけではない順子だというところが、しあわせの形ということについて考えさせられる。切なくてあたたかい一冊である。

  • この方の本ははじめて 
    同窓生の名前別の組み立てが年月の移り変わりと重なって読みやすかった 
    が 底辺に流れる暗さがしんどい

  • 順子という一人の女性と、人生の岐路にたつ
    高校時代の同級生

    略奪の末駆け落ちした順子は、本当に幸せだったのか。
    人が幸せだと思うのは、それぞれの価値観に過ぎない
    のだろう。

  • 人の幸せはそれぞれで、しかしそれは簡単にはかれないものだから、例えば人と比べて優越感に浸って幸せと錯覚する。
    生きていく上で誰もが持っていそうな脆い部分が、個人的に共感を呼んだ。そして、こんなことで悩んでいる自分が情けないと思わず、もっと悩んでいいんだと思った。

    順子を中心に、同級生や周りの人物の幸せとはを書いていく作品。
    全体的に暗く湿っていましたが、順子と輝のまっすぐさとクライマックスに★+1でした。

    いくつかハッとした部分を。
    ・この時期の忙しさを楽しむ。
    ・今はその場所でうだうだ楽しむ。
    ・自分の役回りを知っている。
    ・みんな自分で選んで自分で決めてる。

  • この著者の小説初めて読む。
    高校時代の女子の図書部員係りのその後の人生にひとコマを描く。その全編に登場するのが和菓子屋でアルバイトしていた時の20歳以上年上の店主と駆け落ちして、東京でしけたらーめん屋を開いてる順子。
    すごい読みやすかった。
    でも、どの人にも感情移入できなかった。
    しいて言えば看護師で独身の直子かな…。
    髪も肌もぼろぼろで、よれよれのTシャツきて、余命わずかで、でも息子に角膜移植をしてあげらるのを喜びとしていて
    がりがりの体だけど瞳は輝いてるって。この順子がこの中では核になっているんだけど…。

    多分、もう読まないと思う。

  • 結局誰が一番幸せなんだろう。
    そんなことを考えさせられた。
    とりあえず、この人が描く北海道は、暗い。

  • 人生の岐路に立つ六人の女の運命を変えたのは、ひとりの女の“幸せ”だった。

    桜木柴乃さん『ラブレス』で泣かされて
    2冊目でしたが、『蛇行する月』も好きだなぁ。

    『順子、幸せなんだね。』
    『もちろん』

  • この作家の話はいつも暗いし不倫も多いし
    読んでアガルものではないのだけど、
    今回は最後、ちょっと良かった。

    夫と子供が元気なのが主婦の幸せ、
    そう理解して良かったんだよね?

    作中では不倫の関係ではあるけど・・・

    もっと自分の身近な幸せに感謝しよう。
    今の自分に響きました。
    ありがとう。

  • 2016.6.24読了
    ラストは何だか泣けちゃったなぁ。幸せは自分が決めること。(図書館)

  • 2016/06/04
    幸せって何。
    私がこれから選ぶ道を、私はちゃんと幸せだと自信を持って言えるのだろうか。

  • どの話も辛い・・・
    ホントに幸せなん???

  • しあわせって何かな…
    他人からみたらとても幸せとは思えないような生活でも、しあわせ?

  • 913.6サク
    2016.1.18予約
    2016.2.13

  • 釧路のかつての女子高生達のその後を年ごとに描いた短編集。ある一人を軸にしながらその人は一人称では書かないのが面白かった。

  • 桜木紫乃さんの本は3冊目ですが、この本が一番好みです。

    北海道・湿原高校の図書部に所属していた清美・桃子・美菜絵・直子、順子の5人。
    この5人と周りの人達との関わりを描いた6編の連作短編
    卒業後に彼女達5人が歩んだ道は全く違う。
    その時々に必死で選んだ道。

    その道で良かったの?と問うたら声を揃えて返事が帰ってきそう。
    "もちろん!"って。
    ラストの2編は特に良くて涙が……

  • 人と比べたり、自分の幸せを考えたり、とてもリアルな心情。湿原高校というのだけがイメージわかなくて、そこが非現実感を与えるから?あまり重くとらえないで読めた。
    人生いろいろあって、それを自分自身が受けとめていくことの積み重ねなのだなぁと思った。

  • 読みながら、自分の世界の狭さを痛感してた。

  • 一人の"究極の幸せ"な人生が、同級の女性たち一人ひとりの人生の岐路の選択を支える。完璧な短編組み立ての流れのなかに…ひっそりと、しかもドッシリと、、彼女が息づく♪。

  • 読んだことあるはずなのに2回借りてしまった…最近多いなぁ……ちゃんと記録しなければ

  • 女性6人がそれぞれ主人公になる連作短編集。
    ・清美…いろいろと貧しい家族、ひどい職場、品性のない男等々しがらみを断ち切って再就職!!苦労した分幸せに暮らしてほしい。
    ・桃子…船上で不倫。駆け落ちして貧しくても幸せに暮らす順子と会って幸せについて考える。あとちょっとだぜ。
    ・弥生…夫とバイトの順子に駆け落ちされ捨てられた妻。できた妻、できた人だなあ。この人みたいに許せるだろうか。
    ・美菜恵…高校時代の先生と結婚する予定だがマリッジブルー。同級生で独身看護師の直子に話を聞いてもらう。最後に先生やさしいなあと思った。
    ・静江…駆け落ち女、順子の母親。きついなあ。順子のおかげで少し改心するけど好きになれなかった。
    ・直子…直子の回なんだけど、順子のその後。やっぱり、人の亭主を寝取って駆け落ちまでした女は許しづらい。因果応報とか思ってごめんなさい。修業が足りないのか。

  • 余韻の残る本。自分が幸せかどうかを決めるのは自分しかいないのだろう。

全102件中 1 - 25件を表示

蛇行する月を本棚に登録しているひと

蛇行する月を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蛇行する月を本棚に「積読」で登録しているひと

蛇行する月のKindle版

蛇行する月のKindle版

ツイートする