蛇行する月

  • 671人登録
  • 3.67評価
    • (41)
    • (122)
    • (89)
    • (16)
    • (3)
  • 106レビュー
著者 : 桜木紫乃
  • 双葉社 (2013年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575238358

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蛇行する月の感想・レビュー・書評

  • 道立湿原高校を卒業した図書部の仲間たち。
    その中の一人、順子は親ほどの歳の男性と駆け落ちをし、釧路を出ていく。
    順子を取り巻く六人の女性たちの目線から綴った連作短編集。
    生きることに必死で過去も未来も考える暇もない順子。
    捨てた故郷には帰れるはずもなく。
    それでも彼女は「幸せ」だと言い切る。
    そんな彼女がいったいどう彼らに映っているのか。
    そして自分の幸せはどこにあるのか。

    桜木さん、最新作。いや~、よかった。まさに新境地。
    「ホテルローヤル」で自身のトラウマである過去を昇華しきったのか、この作品には性愛がほとんど描かれていない。
    彼女の作品特有の女のどろどろした部分を極力抑えて、逆に女同士の絆の強さが前面に出ている。

    六人の女性それぞれが過去に囚われて生きている。
    その中でもがきながらも自分の幸せを探していく。
    幸せに規範なんてない。他人と比べても詮無いこと。
    彼女たちの真摯な姿に心を打たれる。
    そんな中、一人だけ自分の幸せを疑うことなく「今」をがむしゃらに生きる順子。
    みずからは語ることのない順子だが、六人の女性を通して対比的に順子を描く構成は見事。

    「ホテルローヤル」でがっかりした人、多分いるんじゃないだろうか。
    それだけが桜木さんじゃありません。
    本書も是非ご一読を!

  • 桜木紫乃さんの本は3冊目ですが、この本が一番好みです。

    北海道・湿原高校の図書部に所属していた清美・桃子・美菜絵・直子、順子の5人。
    この5人と周りの人達との関わりを描いた6編の連作短編
    卒業後に彼女達5人が歩んだ道は全く違う。
    その時々に必死で選んだ道。

    その道で良かったの?と問うたら声を揃えて返事が帰ってきそう。
    "もちろん!"って。
    ラストの2編は特に良くて涙が……

  • 始めての桜木作品でしたが、さすが直木賞作家という感じの作品でした。
    25年という時間の流れの中で、幸せとは何かを問いながら人生の岐路に立つ6人の女性の繋がりを描いた作品。
    幸せの意味を問いかけ、人生の儚さを感じつつも女性の生きる強さを感じさせる、構成も良い作品だと思いました。

  • こういう流れの短編はすごく好きだし、この作品は面白かった。それぞれの幸せの形があり、他の人には見えない幸福が有るんだなと感じた。とても幸せには思えないのに。

  • 6人の女性についての短編集。同じ高校の部活仲間4人の卒業後と関係者、とでも言っておこう。
    桜木作品には市井の人のぞっとする日常を描いていて、普通の人って括りはありえない。

  • 人生の岐路に立つ六人の女の運命を変えたのは、ひとりの女の“幸せ”だった。

    桜木柴乃さん『ラブレス』で泣かされて
    2冊目でしたが、『蛇行する月』も好きだなぁ。

    『順子、幸せなんだね。』
    『もちろん』

  • 順子の存在がまぶしい
    周囲の人々にとって月の光のよう
    暗闇に隠れているけど
    ほんのり照らす道しるべ
    明るくはない
    でも輝く星には変わりない
    貧しく病魔に侵されてもなお
    幸せと言い切れるその姿
    胸を打ちました

  • 勤め先の20歳も年上の男性と駆け落ちした順子。彼女と過去に関わった6人の女性が、それぞれの悩みや孤独を抱えながら、現在の順子の生き様を知ることで自分の幸せについて考える短編小説。

    短編がひとつすすむごとに時代が数年後にうつり、6人の女性の目線を通じて順子の物語がどう進んでいるのかがわかる。
    順子が主人公になった、順子目線の短編がないところがおもしろいなと思いました。

    駆け落ち後の順子はお世辞にも順風満帆な人生とはいえない。6人の女性たちはそれぞれの立場から、順子の暮らしぶりを評価する。
    自分より下、自業自得、みすぼらしい、みじめな生活ー
    そうした最初の思いは、順子の話を聞くうちに、自分の人生と照らし合わされ、なぜか羨望だったり優しいまなざしに変わってゆく。

    それは順子がまっすぐで、自分を幸せだと強く感じ続けているからなのか。
    しかし最後の章、順子の運命はあんまりで泣けました。

    『ホテルローヤル』は正直おもしろいと思えなかったのですが、これはよかったです。
    読んでてつらくもどかしいところもありましたが、前を向こうという気持ちにさせてくれました。

  • お金があるとか身なりがいいとかそんな表面的なものと幸せとはイコールではない。
    自分自身が幸せだと思えるかどうかが重要。
    自分だけの幸せを見つけられればいいんだわ〜。
    毎日楽しい、笑って暮らせている、そんなあたしは幸せだ。

  • やっぱり巧いと唸った。ホテルローヤルのみ未読だが、ほぼすべての著作が極めて限定された地域を舞台にし、設定も特殊ではない(逆に言うとそう代わり映えしない)のに、小説というツールを使って読み手に何かを感じさせる圧倒的な力が著者にはある。
    本作は、6人の女性を異なる時間軸の中で描いた連作短編。中心となるのは親より年上の男性と駆け落ちした順子。ただし順子の目線から描かれた物語はなく、他の女性たちの目と心情を通して順子の人生が浮かび上がってくる。
    著者の作品を読むといつも、一点の曇りもない(とまでいかなくとも、せめてそう暗いところのない)幸せなどというものはあり得ないのかという気持ちになる。ここまで辛くなくてもいいんじゃないか、と。本作も同様で、皆が悩み苦しんでいる。けれど同時に、それでも生きる女性を描くことが著者のテーマであるとも思う。例えば、人の親であれば成熟した人格を持っているべきだ、少なくともそうあろうと努力しているはずだ、という常識あるいは期待を覆す在り方をする人間を単に"悪"とは捉えず、そのように生きる者がある、とだけ描く。その視線があるからこそ私は桜木作品を読み続けているのだと思う。

  • いつも思うのはこの著者の作品、タイトルがすごくいいです。「蛇行する」かぁ…なるほどなぁと。

    主人公の人生をその人物に語らせることなくあぶりだすというのは、他の方も言っていますけれどもとても難しい手法でしょうね。どの短編の語り主もよく描かれており、そこに関わる全編の主人公の生き様もしみじみと伝わります。

    最後の章の語り主(短編の主人公)に一番共感します。年代が近いせいでしょうか。きっと読者それぞれに共感する短編の語り主が存在するのでしょうね。

    著者はどの短編も苦労したけれど、一番最後の章だけは
    書きたいことが決まっていてすぐに書けたという意味のことを言っていましたが、そういう伝えようとする力を一番感じさせる章になっていると感じます。

    主人公の人生を思うと、人の幸せは他人には忖度できるものではないということをつくづくと思わされます。

  • 高校時代の女グループを軸にその周辺の女の生き方についてかかれていた。
    一人ひとり話が時間軸に沿ってかかれているけど結局は一人の不倫して逃避行した女の子にたどりつく。
    幸せとか辛さとか、悲しさとか女の感情もあるし、人としての色々な感情が詰まっていた。
    印象に残っているのは逃げてしまった女の子の母の話と旦那が消えてしまった奥さんの話。
    娘の生き方と自分の生き方を比べ、責めることができないといって娘にたよらないと決めた母が印象的だった。
    そして旦那に失踪届か離婚届を選ばせるシーンは辛かった。
    幸せという言葉は夢物語ではなく、いろいろなものを犠牲にしてもそう思える事なのかもしれない。

  • 読書中。('14.1.11)

    貧乏は貧乏なりに何かと物入りだった年末年始を過ごし、貧乏は貧乏なりに大いに貧乏になってしまったので、本屋さんには近付かぬようにしていました。

    ・・が、ふとした気の緩みでしょうか。
    所用で新宿に行った帰り、無意識に紀伊國屋さんに足が向かい、無意識に本作を手にレジに並び・・。
    我に返ったときには帰りの電車の中、読み始めていたりしてました。

    北上二郎さんの13年のベスト10、その選外にあったタイトルが頭の片隅に残っていたのでしょう。
     → http://www.webdoku.jp/column/meguro_n/

    六つの章から成る本作、三章まで読み終え、猛烈に『甘納豆』を食べたくなりました。
     ~読んでいない方には意味不明でしょうが・・。

    大いに貧乏になった上の更なる予定外の本作の購入。
    甘納豆は来月まで我慢しようかと・・(淋)。

  • 女の人生ってほんと多種多様なんだなと実感。
    何が本当の幸せなのか?何度も読みながら自分にも
    問うてみるが、私には順子のようには達観して生きられないかも。
    人それぞれなんだろうけども。

    看護師の直子の葛藤も考えさせられる。

  • 正直言って、今までの桜木さんの小説は女の哀しさがあまりにも圧倒的過ぎて自分に引き寄せて読むことが難しかったのだけど、これは、なんとうか、自分や自分の周りにいるたくさんの女たちの人生そのものだった。

    オンナの幸せは一つじゃない。しみじみそう思った。
    高校卒業って一つの大きな分かれ道なんですよね。中学から高校は進学先が違うにしろほとんどが同じような生活(高校生活)を送るけれど、高校を卒業する時点で、それぞれは全く別の道を歩き始める。
    最初は小さな違いであっても10年20年たつうちにその違いはとても大きなものとなる。
    友だちのその後の人生が気になる。懐かしさであったり、嫉妬であったり、心配であったり…
    幸せであってほしいと思う反面、自分より不幸であればいい、と言う気持ちもある。自分が不幸であればなおのこと。
    年上の妻子持ちと出奔した順子と、彼女とかかわった6人の、20年は決して、幸せに満ち満ちたものではなかったけれど。それでも彼女たちが自分の手で、自分の足で、自分の人生をつかみそして歩き始めるその瞬間は清々しく、神々しく。
    オンナは心を捨てて微笑むことができるんだ。それがオンナの強さであり、美しさである。
    蛇行する月…オンナは決まりきった道をまっすぐに進む生き物なんかじゃない。

  • 強く生きる女性たちの連作短編。それぞれ色んな事情を抱えてはいるもののそれを何とか乗り越えて生きていく。
    「女性って強いな」というのが読後の正直な感想。

  • それぞれの生き方考え方の女子高生たちが蛇行して成長して行く。

  • 良いんだけど、とにかく心が暗〜くなる作品だった。。。
    背負っている過去が、皆が皆哀しすぎる。
    静江の年老いて金も頼れる人もなく、体を痛めながら一人スーパーで働いている姿なんてあまりにも哀しい。。
    作品の善し悪しではなく、気が重くなってしまい再読する気が進まないのでこの評価となりました。

  • 高校の図書部で出会った女の子たち。
    和菓子屋の職人と駆け落ちをして生きる順子をめぐり、何人かの女性視点で、それぞれの人生が短編的に進んで行く小説。

    幸せとは何か?
    順子は幸せなのか?

    女の子をめぐるそれぞれの思いや関係性がリアリティがあり、おもしろかった。
    独特の世界観だけど、気軽に読める。

  • 暗くて疲れてしまった。

  • +++
    人生の岐路に立つ六人の女の運命を変えたのは、ひとりの女の“幸せ”だった。―道立湿原高校を卒業したその年の冬、図書部の仲間だった順子から電話がかかってきた。二十も年上の職人と駆け落ちすると聞き、清美は言葉を失う。故郷を捨て、極貧の生活を“幸せ”と言う順子に、悩みや孤独を抱え、北の大地でもがきながら生きる元部員たちは、引き寄せられていく―。彼女たちの“幸せ”はどこにあるのか?
    +++

    雪深い町の高校時代の図書部の仲間、という繋がりの女性たちと、その周囲の人々の物語である。彼女たちそれぞれの人生の中で、悩み迷い立ち止まる瞬間に、いつも思いが及ぶのは須賀順子というひとりの仲間なのである。勤め先の和菓子店の主である父親ほども歳の離れた男の子を身ごもり、逃げるように東京へ行き、いまはラーメン屋をやって貧しいながらもしあわせにやっているという。1984年から2009年まで、時代をたどりながら、それぞれ別の人物の視点で描かれるそれぞれの人生。だがその中にはいつも順子が出てくるのだった。それが、誰からもうらやまれるような暮らしをしているわけではない順子だというところが、しあわせの形ということについて考えさせられる。切なくてあたたかい一冊である。

  • この方の本ははじめて 
    同窓生の名前別の組み立てが年月の移り変わりと重なって読みやすかった 
    が 底辺に流れる暗さがしんどい

  • 順子という一人の女性と、人生の岐路にたつ
    高校時代の同級生

    略奪の末駆け落ちした順子は、本当に幸せだったのか。
    人が幸せだと思うのは、それぞれの価値観に過ぎない
    のだろう。

  • 人の幸せはそれぞれで、しかしそれは簡単にはかれないものだから、例えば人と比べて優越感に浸って幸せと錯覚する。
    生きていく上で誰もが持っていそうな脆い部分が、個人的に共感を呼んだ。そして、こんなことで悩んでいる自分が情けないと思わず、もっと悩んでいいんだと思った。

    順子を中心に、同級生や周りの人物の幸せとはを書いていく作品。
    全体的に暗く湿っていましたが、順子と輝のまっすぐさとクライマックスに★+1でした。

    いくつかハッとした部分を。
    ・この時期の忙しさを楽しむ。
    ・今はその場所でうだうだ楽しむ。
    ・自分の役回りを知っている。
    ・みんな自分で選んで自分で決めてる。

  • この著者の小説初めて読む。
    高校時代の女子の図書部員係りのその後の人生にひとコマを描く。その全編に登場するのが和菓子屋でアルバイトしていた時の20歳以上年上の店主と駆け落ちして、東京でしけたらーめん屋を開いてる順子。
    すごい読みやすかった。
    でも、どの人にも感情移入できなかった。
    しいて言えば看護師で独身の直子かな…。
    髪も肌もぼろぼろで、よれよれのTシャツきて、余命わずかで、でも息子に角膜移植をしてあげらるのを喜びとしていて
    がりがりの体だけど瞳は輝いてるって。この順子がこの中では核になっているんだけど…。

    多分、もう読まないと思う。

全106件中 1 - 25件を表示

蛇行する月を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蛇行する月のKindle版

蛇行する月のKindle版

ツイートする