奇跡の人 The Miracle Worker

  • 590人登録
  • 3.70評価
    • (58)
    • (99)
    • (78)
    • (19)
    • (7)
  • 111レビュー
著者 : 原田マハ
  • 双葉社 (2014年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575238792

奇跡の人 The Miracle Workerの感想・レビュー・書評

  • 3.8
    ヘレンケラーの日本版
    三重苦の娘・介良れんと、その家庭教師・去場安が、人間としての暮らしを勝ち取って行く物語

  • ヘレンケラーの話のパクリみたいだったが、キワとの話が感動的だった。「水」を理解したところで急に話が飛んでいて、大人になったれんの姿をもう少し描いてほしかった。どんなことがあっても挫けず、れんの能力を信じて教え続けた安は素晴らしい教師だと思った。

  • ヘレン・ケラーのような三重苦の少女が日本にもいたのかと思い手に取った本ですが、実はそうではなく、ヘレンの話を日本に置き換えた 二番煎じのストーリーで、途中でガッカリしました。(名前が出てきたところで え?っと思ってしまった)
    これだったら、ヘレンの物語としたほうが良かったと思う。

  • 内容はタイトルから想像できるが、想像以上の内容。絶望的な状況でも希望を捨てず、進み続ける安を応援しながら読んだ。感動のラスト。もっと書いて欲しかった。後半の展開が飛びすぎて、もっと描けばもっとラストが光るのでは。

  • 和製ヘレンケラー。
    ヘレンケラーの本は読んでいて知っていたけど、やっぱり感動した。
    2人とも強い。

  • 耳も目も聞こえない見えない少女れんと弱視の安、そして盲目のキワを三本柱にしたお話。

    れんの成長とかもっとみていたかったなぁ…と。
    アメリカに経ったあとのお話も気になる。

  • 舞台は明治時代の青森県弘前。裕福な家庭に生まれながら1歳に満たないころに患った病気のせいで全盲、聴覚障害という思い障害を負い、しゃべることもできなくなった少女れん。そんな彼女のもとに幼少の頃からアメリカに留学していた経験を持つ安(あん)が教師として招かれ、少女の可能性を開花させようと苦難の道を歩んでいく……

    この小説を読んでいると、人目に触れないように閉じ込めておく「座敷牢」なんて嫌な言葉が出てくるほど当時は障害者の人権なんてなかったんだなと。今でも福祉先進国に比べればまだまだ人権意識は低いのでしょうが。

    れんのことを思いすぎて周りが見えなくなる姿に鬱陶しさを感じることもありましたが、自身も弱視というハンデを抱えながら「人間は、弱みを強みにすることができる」と信じて最後まで諦めなかった安先生に拍手です。

  • タイトルはまんまだし、登場人物の名前は「介良れん」と「去場安」で、ここまでベタな設定だと、相当自信がなければ書けないだろう、予想外の展開があるかもしれない、と期待して読んだ。
     予想外の展開は、正直言ってなかった。そこは残念。あくまで、元ネタに忠実な展開。waterですら、そのまんま。
     おまけに文章は、クサイと言っていいくらい感情過多で、安の独白は昔の少女漫画のようである。じゃあ面白くないかというと、そうでもない。一番いいところは、キワという人物を創造し、設定を津軽にしたところだろう。これがなかったら、本当につまらなかった。
    シュテファン・ツヴァイクの『マリー・アントワネット』をもとに『ベルサイユのばら』が描かれたように。オスカルがいなければ、アントワネット部分は殆どツヴァイクのまんまなんだから。しかし、オスカルがいたから、オリジナルの価値があるわけで。キワの登場する部分の量はベルばらのオスカルほどではないが。
     換骨奪胎とまではいかないが(中島京子の『FUTON』や『イトウの恋』や、水村美苗の『本格小説』の方がずっと上だと思うが)、今の若い人は伝記を読まないし、ヘレン・ケラーの伝記自体が読まれなくなっているので、舞台通か『ガラスの仮面』を読んでなければ、ヘレン・ケラーを知らず、これをすごく面白いフィクションだと感じるかもしれない。まあ、それでもいいか。

  • そのまんまヘレン・ケラーのオマージュ、そして「去場安」「介良れん」の悪ノリと来たらまたマハさんやっちゃったのか!と冷や汗ものの書き出しなのであるがそんな心配をよそに中身は感動のドラマが待っていた。
    三重苦を持つ少女、目にハンデを持つ家庭教師、そして彼女たちを取り巻く環境や苦悩の成長ストーリーは原作を壊すことなく忠実に創られておりそこは作品に対するリスペクトなのだろう。
    だがその舞台は新しい文化の芽吹く明治の日本、そしてヒロインはもうひとりの盲目の少女を加えデュオからトリオへと重奏に深みを与えるこれぞマハ流。
    この人のこの勢いこそがまさに奇跡なのかも知れない

  •  子供の頃に読んだ「ヘレンケラー」でめちゃくちゃ感動した記憶が鮮明にあるので、二番煎じという感じが私には強すぎました。
     ヘレンケラーもwaterで初めて物に名前があることを知ります。
    この本も同じでした。
     ただ、キワという同年代の目の見えない少女の存在は全く違っていました。
     最後のキワの三味線を洋装の品のいい婦人が聞くシーンは感動しました。

  • 【図書館本】恥ずかしながら、この歳にもなって、サリバン先生とヘレンケラーの話はあまり知らなかったが、サリバン先生=去場安、ヘレンケラー=介良れんという、安易な名前設定にはびっくりでした(笑)が、内容については、弱視でる安先生が、三重苦であるれんにどうやって文字を教えて、冒頭で出てくる三味線のキワとどう繋がっていくのが楽しみに読みました。結論としては、読了後の何ともいえない余韻、とても良かったです。やっぱり原田マハさんはいいですね~(*^^*)

  • ヘレン・ケラーと同じ境遇の子の話かと思ったら、日本版オマージュで登場人物の名前ももじったものでした。
    でも女性が下に見られる時代、東北の閉鎖的な村を舞台にした三重苦の少女と女教師の交流はヘレン・ケラーの物語を知っていても引き込まれるもので、オリジナル要素である全盲の三味線弾きの少女もキーパーソンとして魅力的。久々に一気読みした一冊。

  • マハ版ヘレンケラー☆
    目が見えずとも、最後の再会シーンは感動した。

  • 奇跡の人というタイトルで、去場安と介良れん・・・また、原田さんとちょっとコメディータッチが出てしまったかと思いきや・・・まさに「奇跡の人」の話そのままと言ってしまえばそのままだけれど、とっても良かった。
    れんの家族の人間臭さや、お女中たちの個性も生きていて、とてもよかった。
    だったら思い切って、普通の日本名にしてしまえばよかったのに!なんでもじったの??と思わなくもないけれど、そこはオマージュしてるからってこと?
    けれど、そんなことは途中から全然気にならなくなるほど引き込まれた。

  • とってもいい話だったけど、名前が「去場安(さりばあん)」と「介良れん(けられん」)」なので出てくるたびに苦笑。

  • 戦前の閉鎖的、排他的な青森を舞台に、三重苦の少女を育てる奇跡を描いている。

    戦前の色濃い男尊女卑社会の描写も、一つテーマでしょうか。弱視ながらも9才からアメリカで教育を受けて帰国した去場安先生の信念を貫く挑戦に感動した。

    津軽の盲目の旅芸人ボサマで一際輝く唄い手少女の存在も、物語の伏線として要所で丁寧に絡まっており飽きにくく一気に読めた。

  • 明治の日本。弱視の娘「安」の将来を心配した父親が、わずか9歳の娘をアメリカに留学させる。大学を卒業して帰国した安は、弘前に住む三重苦「見えない」「聞こえない」「喋れない」幼子「れん」の家庭教師となる。
    座敷牢に閉じ込められ、お風呂も入らず大暴れする「れん」は、弘前の名士の家ではいない人間として扱われていた。
    噛み付かれ、殴られながらも、しっかりと抱きしめ、根気よく言葉を教える安を信頼していく「れん」。
    指文字を使い、意思の疎通ができるようになった「れん」はやはり全盲の三味線弾きの娘「キワ」との友情を築く。

    時は過ぎ、「れん」はアメリカに渡り大学教育を受け、「キワ」は人間国宝となる。

    ヘレンケラーの物語が明治時代を舞台に繰り広げられる。
    ストーリーとしては知っているものだが、舞台が変わるだけで随分受ける印象が違った。

    「安」の知性と愛に胸を打たれた

  • 登録番号:11498 分類番号:913.6ハ

  • アン・サリバンとヘレン・ケラーの日本版、明治の青森で、去場安と介良れんを描いたお話。
    明治の日本でアメリカ帰りの女性が生きたいように生きたり、三重苦の少女が人間らしく生きたりすることの困難。
    安は初めかられんの人間としての成長を一瞬も疑っていなくて、どうしたらそんなに信じられるのかが不思議だった。
    どうやったら、そこまで子どもの成長を信じられるのか。妄信でないって、どうしたら信じられるのか。
    すごいなって思った。
    もう一度、サリバン先生とヘレンケラーの伝記を読みたいなって。

  • 【奇跡の人】の紹介文に書かれていたのは
    <盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女が青森の弘前にいるという。
    明治二十年、教育係として招かれた去場安は、その少女、介良れんに出会った――。
    大きな苦難を背負った少女と、人間の可能性を信じて彼女の教育に献身する女教師が、奇跡を起こす。>

    ヘレン・ケラーを思い起こさせる紹介文。
    三重苦の娘の名は介良れん(けられん)
    教師の名は去場安(さりばあん)
    ヘレンン・ケラー、アン・サリバン…
    ここから名前は来ているんだろうなぁ…と想像する。

    ヘレン・ケラーの伝記は子どもの頃、夢中になって読んだ記憶がある。
    【奇跡の人】を読みながら、ヘレンン・ケラーを想起させられるけれど、それでも胸がつまるほどの思いが…

    【奇跡の人】には狼野キワという盲目の女性が登場する。
    狼野キワを通し、この時代に生きることが難しかったであろうことを思い知らされた。

    もう一つ、考えさせられたのが「重要無形文化財」のこと。
    「人間国宝」と言われる方がピンとくる。
    生まれた時からこの制度が存在しているので、何ら疑問に思ったことはなかったが…
    本の中には
    <戦後、この国の何もかもが欧米化されていくのを懸念した一部の国会議員や有識者のあいだで、日本特有の伝統文化を守り続けるという観点から、日本各地に伝承される「かたちなき」芸術も保護するべきではないかという議論が高まった>

    最近、日本ってすごい国だ!と感じることが度々ある。
    今更ながら、だけど(笑)
    日本の伝統芸能に、もっともっと触れたくなった。

  • 三重苦ヘレン・ケラーとサリバン先生の日本明治版。
    そのパロディぶりが鼻について、最初はなかなか物語の世界に入り込めなかったが、「れん」の成長を追っていくうちに、津軽の厳しい雪景色や三味線の音色が渾然一体となって物語の世界観を作り出し、「れん」と「安先生」がビショ濡れになって水という名前の意味を知ったときは涙が溢れた。
    2015/11

  • 去場杏、介良れん、狼野キワ。
    「ヘレン ケラー」がモチーフって言っていいのかな。

    こういう言い方って褒め言葉じゃないかもしれないけれど、
    『マハちゃん選んどきゃ問題ない。』
    って毎回思う。

    素晴らしかった。

  • あえてこの小説をカバーって呼び方をするなら、やはりオリジナルが気になるわけで、そのオリジナルが戯曲だということを知って残念に思ってしまう。今となっては、オリジナル舞台は見れないしね。せめて映画ででも!!って思ってしまうのは、マハさんのいざないなのか?

全111件中 1 - 25件を表示

奇跡の人 The Miracle Workerを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇跡の人 The Miracle Workerを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇跡の人 The Miracle Workerを本棚に「積読」で登録しているひと

奇跡の人 The Miracle Workerの作品紹介

盲目で、耳が聞こえず、口も利けない少女が青森の弘前にいるという。
明治二十年、教育係として招かれた去場安は、その少女、介良れんに出会った――。
大きな苦難を背負った少女と、人間の可能性を信じて彼女の教育に献身する女教師が、奇跡を起こす。
『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞を受賞した著者による感動作!

奇跡の人 The Miracle WorkerのKindle版

ツイートする