君の膵臓をたべたい

  • 6720人登録
  • 3.89評価
    • (694)
    • (804)
    • (539)
    • (132)
    • (46)
  • 950レビュー
著者 : 住野よる
  • 双葉社 (2015年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575239058

君の膵臓をたべたいの感想・レビュー・書評

  • あー、若いな〜という感想の本。悪くはない。

  • 終盤、あやうく泣いてしまうところでした。展開自体は予測できないことはないけど、やはり自分はこういう内容には弱い。。美しい言葉がたくさんあり、スラスラ読めました。

  • 対照的な性格2人の男女の物語。
    自分の性格はどちらかと考え、明快にどちらかに判断できるものではないと気づいた。
    上記の2人も描かれていない部分では、そうだったのだと思う。

  • 娘からすすめられて。最後の方、少年が少女を想うところは良かった。やはり文章は若い人向けかな。

  • 本を読んで、こんなに泣いたのは初めてというくらい号泣しました。本当に感動。

  • とても面白かった。
    爪の赤を煎じて飲むのでは足らず、君の膵臓を食べたいと言った。

  • うーん・・・ダメだった。
    文章も内容も好みじゃなかった。

  • 2016年度 本屋大賞2位。本屋大賞らしい1冊。小説における技術面は稚拙かもしれないが、筆者の想いがほとばしる。書評に、文体や構成、キャラの描き方など、もう少しこうしたら的なコメントは多いが、それでもここまで評価を得るのは、本筋、テーマが強いからと感じる。生とは、死とは、等、考えさせられる。

  • あぁ^~心が張り裂けるんじゃ^~

  • クラスメイトを【仲良し】くんなどで描かれているのが独特。2人が軽口を叩きながらも、たまに真面目なトーンになるところがリアルだった。でも、実際教室で明るく過ごしているクラスメイトが、あと1年くらいの命だと知ったら頭ではわかっていても、嘘ではないのかと心のどこかで疑ってしまうと思う。桜良と過ごす中で、クラスメイトくんの心の成長が見えた。ラストは残酷で悲しい結末だけれど、クラスメイトくんが前を向こうとしている姿が素晴らしい。仲直りのくだりはちょっと内容が軽かった。でも、本書は青春にスポットを当てているからこれくらいがちょうどいいのかな。

  • 期待値を上げられた感はあり。
    作品自体は佳作。
    絶賛されるほどではないけど、主人公の最後の慟哭はくるものがありました

    2017.4.8

  • クラスでも地味な存在の「僕」と
    不治の病に侵された人気者の少女の青春群像劇

    唐突な別れというオチは想像出来たけど、
    2人の恋愛を超えた関係性に感動した

    人と心を通わせて自分を形成する姿と
    人と交わらずに自力で立っている姿、
    それぞれにお互いが憧れて、
    この人の様に…と感じていた

    単なる「好き」ではなく、
    相手の生き方を尊敬する程大切に思っている
    主人公がそれに気づけたシーンで胸が熱くなった

    もうすぐ死ぬと分かっている人間と、
    いつ死ぬかわからない人間、
    一日の価値は同じっていうのも真理だと思う

    生き方や自分の今の生き方について
    見つめ直してしまう作品

    個人的には、女の子の笑い方や
    主人公の泣いてるシーンの表現が嫌で
    白けてしまった…
    期待を込めて他の作品も読みたいと思う

  • 控えめに言って小説として好きじゃない

  •  題名がグロいな~と思って敬遠していたけど、中身は全然違った。

     膵臓の病気で死期が迫っている桜良は、偶然そのことを知ってしまった「僕」に接近してくる。明るくて誰にでも好かれるクラスの人気者の桜良と、いつも1人で本ばかり読んでいる地味な「僕」。この二人の会話は真面目そうで常にユーモアにあふれていて、とても楽しい。

     全体が「僕」の語りになっているので、彼の気持ちが全部出ていて、それが読者から見れば「え?」と思うようなこともある。そこもおもしろい。

     さんざん彼女に振り回されてきた「僕」だが、少しずつ変わっていく。「反対の人」だった二人が影響しあっていく。その過程が自然でおもしろくて切なくて、恋人になるわけではない関係がまたいい。

     最後は、やっぱり号泣してしまった。

     生と死について、人と関わっていくことについて、いろいろ考えさせられた。

  • 2017年4月8日読了

    281ページ、一気読み。
    途中で止めることができない。
    電車や公共の場で読むことができない。

    最初の印象は奇妙な題名だと思ったが、読後に題名を読むとまた目が潤む。

    物語は山内桜良の葬儀からはじまる。
    主人公の名前は【他人からどう思われているから】で終始続いていく。

    最初は【地味なクラスメイト君】、それから【秘密を知っているクラスメイト君】そして【仲良し君】に発展していく。

    読書が趣味で人と関わり合うことの苦手な【君】と天真爛漫でいつも周りに誰かがいる桜良。まるで反対の二人がある秘密を介して心を通わせる。

    この夏に映画もやるらしいが、絶対に原作を読むべし。

    そして、思い出に浸るべし。

    長々とブックレビューを書くような小説ではなく、たくさんの人が真っ白な心で読んでほしい一冊。

  • 奇をてらったタイトルになかなか手を出さなかったことは置いといて。
    この手のもので、まだ涙が出る自分に驚きました。この本に、彼と彼女に、大切なものを教えてもらいました。。

  • 住野よる作品は「また、同じ夢を見ていた」に続く2作目

    ライトでどこか人の心を弄びながら言葉のやり取りをする高校生は ちょっと頭のいい嫌な奴で、親近感がわく(苦笑)

    主人公の僕と桜良のやりとりは小気味よくて、ワクワクする。
    描き方の手法だけど・・・
    主人公の呼び方【〇〇】くんは、
    きっと 苗字なんだろうけど(名前を呼ばれるたびに相手が自分をどう思っているのか想像する)と話していたから 主人公目線で色んな事を想像できる。

    ベタな病気小説だけど、終わりもちょっと見えたけど、泣かされちゃったなぁ。
    「生きる」の意味 好きだよ。

    気を許している相手との軽口は ホント楽しくて幸せだよね。
    良い1冊でした。

  • 私もタイトルで気になって読み始めたけれど、まず第一にこれだけ話題に上るタイトルを発表できるという点ですごいと思う。本の第一印象は圧倒的にタイトル、そして表紙。爽やかなイラストに不釣り合いのタイトルが、見る人の興味を引く。

    開けてみると想像よりライトな文章と軽快なテンポの会話劇。展開はわかりやすいし王道路線で特に変なひっかかりがなく読める読みやすい現代小説の印象。
    名前が最後まで出てこないのがなんでだろうと思ってたけど、最後を読んで納得。人との関わりを持って、あの瞬間初めてちゃんと、彼は自分の「名前」と向き合ったのだと思う。
    草船に乗って流れていたと思ってたけど、全部自分の意思だったと自覚して動き出すあたりが少年少女の青春劇で良いなあ。
    丁度今の春先な季節にぴったりの作品でした。

  • 2017年4月6日読了。途中からノンストップで読み切ってしまいました。泣いた泣いた。二人の掛け合いがとても楽しくてリズムよかったのが好印象です。話の流れも青春って感じで甘酸っぱいのがたまりません。途中驚きの展開が待ってますが、ここからがこの作品の山場。主人公の心の成長が著しかったです。デビュー作でこれだけ書けたらすごいなと純粋に感心しました。

  • この本は 話題になっていたので知っていたけれど 読む気にはなれなかった。ラノベっぽく感じてたからかな。この本が出た頃は ラノベには、手を出していなかったから。あと セカチュウで 余りにも泣き過ぎて 頭が痛くなって もう2度と悲しい本や映画はみない。って決めてたし。いかにも可哀想な泣けそうなこの本の題名は 避けてた。ま 結局読んじゃったけどね。人生 最期まで 本当にわからないもんです。この本で またそう思いました。

  • フリーブックで無料で読める

  • 読み始めから途中まではイライラしてどうしようもなかった。
    手法もなぜそんな書き方をするのか見え透いたところが鼻につく、といった感じで。
    どうしよう、読み終えるだろうか、と思ったものの、『誰かが死んじゃう』と涙もろいせいで泣けてしまう私は最終的には涙ボロボロ。
    けどね。
    話は大体予測はついてて、ちっとも裏切り感もなくて、主人公の突然の死ですら予感してました。何かしら(病気ではないこと)で命を落とすだろうな、と。
    で、告白的な遺書めいた日記。
    あれもね。大体の予想はつく。
    だから落ち着いて読めば大したことない話なのです。
    種明かしの技法も全然種明かしになってないし(もう、読者にはわかりきったことでしょう)。
    なので、非常に軽い話だと思った。
    いい話ではある。
    けど、軽い。
    何故あんなにブームになるほどに人が群がったのかよくわからんです。
    全体的に奥行きがないっていうか。
    ちょっと期待外れでした。

  • 友達も作らず1人で本読んでた子が、偶然人気者のクラスメイトが実は不治の病で余命1年ということを知り、以降何かと絡んでくるその子との4ヶ月間の話。途中までふんふんと読んでただけだったけど、最後にぐっときた。お互いがお互いに憧れていたなんて、いいなぁ私もそういう人に出会いたい。

  • 恋愛系、泣ける!って紹介される小説は好きじゃなくてあまり読まないけど題名が気になってて読了。
    生きるってことに重きを置かないで毎日をどうやって生きるか、他人とどうやって関わりながら生きていくか。
    明日があることを当然だなんて思ってちゃいけないな。
    結末を電車で読んでて涙が止まらなかった。

  •  2016年夏、映画「君の名は」が大ヒットロングランとなったのは記憶に新しいところですが、昨今、コミックや小説が映画化、ドラマ化されるケースが増えているように思います。映画やドラマでその作品を知り、原作に興味を持って書籍を購入されるケースや、またその逆もあるかもしれませんね。皆さんは、2016年本屋大賞第2位を受賞した住野よるさんの『君の膵臓をたべたい』という作品をご存知でしょうか。この作品は住野さんのデビュー作でありながら、幅広い分野で高評価を得、ベストセラーとなった作品です。2017年夏には、北川景子さん、小栗旬さん主演での映画化も決定されているようです。私からは今年度初めのオススメ図書として、この本を推薦したいと思います。
     「僕」が病院で偶然拾った「共病文庫」というタイトルのついた1冊の文庫本。「僕」とクラスメイトの山内桜良(やまうちさくら)との奇妙な関係はそこから始まります。「共病文庫」は桜良が綴っていた秘密の日記であり、そこには彼女が膵臓の病により永くは生きられないことが書き記されていて…。これまでクラスでは決して交わることのなかった性格も真逆の二人が、「秘密」を共有することでそれぞれに大きな心の変化と人としての成長を遂げていきます。一見すると、ありがちなストーリーにも思えますが、書籍名のインパクト同様、衝撃の結末にきっとあなたも、「現実(今)を生きることの意味」を考えさせられることでしょう。
    (「図書室information78号」より抜粋)

全950件中 1 - 25件を表示

君の膵臓をたべたいに関連するまとめ

君の膵臓をたべたいを本棚に登録しているひと

君の膵臓をたべたいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君の膵臓をたべたいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君の膵臓をたべたいを本棚に「積読」で登録しているひと

君の膵臓をたべたいのKindle版

ツイートする