珈琲屋の人々 宝物を探しに

  • 179人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (23)
    • (33)
    • (7)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 池永陽
  • 双葉社 (2015年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575239089

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

珈琲屋の人々 宝物を探しにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人を殺した過去を持つ『珈琲屋』の主人・行介。行介のかつての恋人で、婚家を飛び出した冬子。人生の喜びと苦しみを味わった二人の心情を軸に、人間の狡さや優しさ、そして、愛を描いた連作集。


    今回も面白く読めたんだけど、

    なんだろな・・

    不倫の話は1つでお腹いっぱいだ。

    2つ以上あるとせっかくの美味しいコーヒーが
    後味の悪いものになっちゃいそうだった。笑

    珈琲屋シリーズ、
    どれも人間味があってとても面白いんだけど、

    もしかしたら作家さんと私の相性が良くないのかな?

    「おもしろかったー♪」と素直に言えないとこがある。

  • 行介さんが、立派な僧侶か神様のような扱いになっていてビックリ。笹森先生の当て馬っぷりは一体何だったんだろう…。

  • シリーズ3作目で、最終巻となります。

    そのためなのか?、
    発展しない行介と冬子の関係の進展が、
    短編集を通しての主軸となりますが…、
    結果、全体的に、暗いトーンの作風に、
    一縷の日差しと兆しが差し込んだ感じ。

    それが良しか悪しかは、5分でそぅか?

    各エピソードの系統が同じだった点は、
    ちと物足りなかったかも?ですが…、
    でも、明るい兆しを持って終えたのは、
    シリーズの完結としても、よかった。
    居心地のよいお店であり、お話でした。

  • 【収録作品】恋敵/ヒーロー行進曲/ホームレスの顔/蕎麦の味/宝物を探しに/ひとつの結末/恋歌
    *シリーズ最終巻とのこと。主人公は強いのではなくずるい。

  • 悩む人は、最後は自分で考えるしかない。

  • まぁ、よくある短編で最後に締めるって構成
    殺した手とコーヒーのつながりがよくわからない
    続編だからかな?

  • 前作で冬子が行介の身代わりになり刺されどうなったの!?っというハラハラで終わってしまったのに、今作はその説明もサラッとしていて少し拍子抜け(笑)

    相変わらず冬子の気持ちは報われず、多少いい方に向いたかもしれないけど…って感じだし。

    次回作があったら次こそは冬子を幸せにしてほしい!!

    2017.7.24 読了

  • 主人公が、何か高倉健みたい。

  • ついに珈琲屋の人々シリーズを読み終わってしまった。
    続きは出ないんだろうか…
    感じるものが沢山ある人間ドラマです。

  • シリーズ第3弾。
    前作のクライマックスから一気にたたみかけるのかと思いきや
    さらっとかわされ拍子抜け。
    またまた弱くズルく身勝手な
    普通の人たちのあれやこれや。
    これで終わりなのかまた続くのか。

    【図書館・初読・5月12日読了】

全32件中 1 - 10件を表示

珈琲屋の人々 宝物を探しにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

珈琲屋の人々 宝物を探しにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珈琲屋の人々 宝物を探しにを本棚に「積読」で登録しているひと

珈琲屋の人々 宝物を探しにのKindle版

ツイートする