また、同じ夢を見ていた

  • 3040人登録
  • 3.88評価
    • (256)
    • (362)
    • (232)
    • (50)
    • (11)
  • 381レビュー
著者 : 住野よる
  • 双葉社 (2016年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575239454

また、同じ夢を見ていたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あぁ、今の気持ちをどう表現していいのか、
    不思議な愛おしさでいっぱい。

    自分は友達より賢いと思い込む、
    ちょっぴりナマイキな小学生、なっちゃんが主人公。

    毎日一緒に散歩する、しっぽのちぎれた彼女。
    夜のお仕事をしている、アバズレさん。
    屋上で待っていてくれる高校生、南さん。
    美味しいフィナンシェを作ってくれるおばあちゃん。
    もしかしたら、私も会っていたのかも…。

    大人になるということは、子供のころに見えていたものが見えなくなること。
    そんなふうに思ってました。
    でも、必ずしもそうではないんですよね。
    これからの出逢いの中にも、私にとっての南さんやアバズレさんやおばあちゃん、
    そしてしっぽのちぎれた彼女がいるのかもしれません。
    そう考えたら、どんな出逢いもおろそかにはしたくない。
    幸せな未来を、うっかり見落とさないように…。

    「しーあわせはーあるいーてこない。だーからあるいーていくんだねー♪」
    「ナーナー!」
    しっぽのちぎれた彼女と一緒に散歩して、
    幸せとは…、と思い巡らす心楽しい時間でした。

  • 昔、テレビか何かでみたものを、
    私はずっと信じている。
    寝ている間というのは、違うあちらの世界に出向いて
    向こうで作戦会議をしているんだと。

    まさか本の中で作戦会議を体感できるなんて…。

    小学生の奈ノ花が友達になる
    南さん、アバズレさん、おばあちゃん、
    そして尻尾のちぎれた彼女とともに考える
    幸せとは、人生とは…のお話。

    いい大人の年齢になってしまうと
    大真面目に誰かとこの2つのテーマは話し合わないから
    本の中でいろいろ考えてみる機会ができるのは
    ちょっと有り難かったりします。

    夢なのか現なのか、曖昧な世界だからこそ
    見ていたものの奥行きが透けてくる。
    私が生きていく時間、環境に変化があり続けても
    奈ノ花のように選び取っていきたい
    そう思わせる一冊です。

    表紙の尻尾のちぎれた彼女目当ての読書でしたが
    尻尾のちぎれた彼女は私の初代大親友猫ぴーと
    容姿がそっくりで…。
    (理由は違うけど尻尾がちぎれたところまで一緒)
    物語の中で私も奈ノ花と一緒に歌いながら
    ぴーと一緒に歩いているような幸せを感じました。

    もしかしたら、ぴーが本を引き寄せ
    作戦を一緒に考えてくれてるのかもしれませんね。
    この本は私だけの幸せの一つとさせてもらいます。

  • 「会いに来てくれたのかも」というひとみ先生の言葉。
    両親の事故死→南 のリスカ → アバズレ の人間不信 → (現在の私)→ おばあさんの晩年 
    文学は夢みたいな不条理な虚構世界。誰の夢だったかの詮索はいらないのではないか。別の人生のパラレルワールドと思ってもいい。
    高校生の時に自殺を迷って踏みとどまった自分がいて、アバズレ時代があったけど、戻れて、そして今、桐生にプロポーズされて、たぶん、おばあさんのような晩年
     こまっしゃくれた子どもの謎かけ 人生とは、和風の朝食 (汁)知る必要 などそれなりに楽しめた。
    人生とはクジャクの求婚 {品と羽}これだけ、わからない。ヒントがないこと?
     「膵臓」の方がすんなり読めた。伏線か小細工が目についた。
     

  • 外国のお話を読んでいるような気持ちになりました。
    お利口さん過ぎて、お友達が少ないけど、アバズレさんや南さん、おばあちゃんそして猫ちゃんという身近すぎる人達に出会えて、自分の幸せを見つけようとするなっちゃん。
    何か間違ってしまいそうになった時に、誰でもこうやって先手を打ってもらえたら、どんな世の中になるんだろうな。

  • ファンタジーかつ哲学的でもあるような。
    物語の構造というか幸せについて考えるなっちゃんが出逢うどこか現実感の希薄な大人たちはほぼ予想がついたけど、ラストへのまとまりがきらきらしてた。
    なんつーかそういうとこではないところがこの話のオチというか肝というか。

    小学生が幸せを探して歩き続け人生とは…と語る姿は、とても愛おしくてね。
    子どもは未来を見て、大人は過去ばかり見ている、のだなーと。
    大人になると分かることは増えるけど魔法は使えなくなりそう。

  • ファンタジーだとさらっと読んでいましたが小学生の女の子の人生とは〜という例えがすごく刺さるので立ち止まり考えてしまいました。
    人はいろんな生き方ができて幸せのかたちもその時々で変化していくけど全部自分で選んだ結果。
    だから自分のことを好きでいられるって大事。
    そして誰かの一言でオセロみたいに気持ち切り替われるのは1人じゃ味わえない幸せな人生と言える。
    作者の言葉選びが私の好み。
    「今日、私の日常にまた、歩いていく場所が増えました」すごく幸せ感じるお話です。

  • 3回泣いた。
    心にしみる言葉がいくつもあって…。

    タイトルの意味が後半に理解できてからは、
    本を読みながら
    自分なら幸せの定義をどう答えるだろうか?と、
    何度も考えさせられた。

    その答えは読む人の気持ちや状態によってそれぞれだろうけど、
    まずはそんな風に
    幸せにいついて考えるという行為が
    すごく意味のあることだと思った。
    中途半端にふつうの人生を歩んできたわたしの
    これから先の宿題。

    前作をまだ読んでないので、
    それもこの先の楽しみ。

  • 住野よるの2作目。

    不覚にも中年の親父が思わず人前で泣きそうになってしまった。

    人生とは、難しい。
    強く生きすぎると周りと軋轢を起こしてしまう。
    孤独に生きたくても、人は一人では生きていけない。

    人生はプリンのようなものだ。
    カラメルのようなアクセントが必要なのだろう。

    自分にとっての「幸せ」を考えさせられる作品。

  • デビュー作「君の膵臓を食べたい」で話題になった住野よるさんの二作目。

    読み終えた後、心地良い気持ちになりました。

    「幸せとは何か」というテーマを軸に、自分にとっての幸せを考えるヒントが散りばめられている温かい作品でした。
    哲学的なテーマに対して、手軽に読める作品だと思います。

    いつのまにか忘れかけていた感覚を思い出す、再確認するという意味では、大人でも楽しめる内容なのではないかと思います。


  • 君の膵臓をたべたいの
    住野よるさんの本。

    南さんが消えたところで
    やはりそうかとわかってしまう。

    わかっていても
    皆消えていくのが切ない。

    幸せとは何か?人生とは何か?
    本を読みながら
    改めて考えるのもいい。

    星の王子さま好きなんだぁ。

全381件中 1 - 10件を表示

住野よるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

また、同じ夢を見ていたに関連する談話室の質問

また、同じ夢を見ていたに関連するまとめ

また、同じ夢を見ていたを本棚に登録しているひと

また、同じ夢を見ていたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

また、同じ夢を見ていたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

また、同じ夢を見ていたを本棚に「積読」で登録しているひと

また、同じ夢を見ていたの作品紹介

きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない"私"が出会ったのは手首に傷がある"南さん"とても格好いい"アバズレさん"一人暮らしの"おばあちゃん"そして、尻尾の短い"彼女"だった-

また、同じ夢を見ていたのKindle版

ツイートする