さらさら流る

  • 467人登録
  • 3.28評価
    • (9)
    • (28)
    • (62)
    • (11)
    • (2)
  • 55レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 双葉社 (2017年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575240528

さらさら流るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう心配を今の若い子たちはしなきゃならないのだな、と。や、中年の人たちも同じかもしれないけど。
    柚木さんがとがってない女性を描いた!とびっくりしながら読んでいたのだけど、リベンジポルノの被害者となった主人公菫が、その最初のふんわりとした優しいイメージに反して、自分の力でしっかりと向き合っていく姿に、やはり柚木小説の主人公だな、とほっとしたりして。
    菫から見た光晴と、光晴から見た菫、その微妙な差が少しずつ広がっていくのは悲しいけど致し方ない。恋愛なんてそんなもんだろうし。でも別れ際と別れた後の自分の気持ちをきちんと処理する力をつけなきゃね、男も女も。
    それよりなによりプレイベートであるべき恋人同士のヒミツの写真を悪気なく拡散していく第三者たちの行動が恐ろしい。

  • かつて恋人に撮られた裸の写真がネットに流出しているのをみつけた、という話。
    題材としてはわりと好きなんだけど、なんせこの主人公の菫のことが最後まで好きになれなかった。私自身の問題だけど、こういうこれまでの人生陽の当たる場所以外歩いたことありませんみたいな子、現実でも心底苦手なんだ。
    だからどちらかというと光晴に肩入れしながら読んでしまいました。
    義理の母親に軽蔑され拒絶され続けてきたかわいそうな男の子。まるで暗渠のような人生。
    そういうものを理解してくれなそうな菫の無垢さ、明るさにどうしようもなく惹かれ、そして同時に腹の底で苛立たざるを得ない気持ちが痛いほど分かった。
    この写真流出が、周囲に愛され守られ支えられ生きてきた菫が初めて直面した大事件なのであれば彼女は本当に恵まれた人生を歩んでる。
    バラバラになってしまった自分を、親友の百合に裸体を描いてもらうことでまた一つに採り集め自分らしさを取り戻したみたいなラストが気に食わない。
    持って生まれた才能のような強さって何?それを持っている自分を許すって何?
    地盤が違うんだ。土壌が。根幹が。
    菫のそれが、まっとうでまっすぐな本来の強さだってことは知っているけれど、そんなことを改めて突き付けられてちょっとショックでした。
    と、だいぶ個人的な熱の入った感想になってしまったけれど…小説そのものはとても読みやすく前向きになれる良作だと思います。

  • 20171109予約

  • リベンジポルノっていうのか、知らなかった。
    暗渠って言葉も知らなかった。

    知らない言葉、珍しい家庭環境、ってこともあって、興味深くさらさら読んだ。ネットに写真がアップされることって、こわいんだろうと思ったし、それを削除するのも大変な作業だと思う。主人公の女の子は被害者だろうと思ったけど、そこまで気にしなくても、って思いがちょっとあるのは私が若くないからかな^^;そこまでの感情移入は出来なかったな。
    元カレはこの後どうなるのかな。顔を合わせるのは難しいだろうけど、何らかのケジメを見せてほしい。

  • 著者2作目。
    最初に読んだ「BUTTER」がかなり期待外れだったので、今作もそれほど期待しないで読み始めた。
    大学時代に付き合った恋人に一度だけ撮らせたヌード写真が、6年を経て、ネットに流出していることを知った菫。
    その事実に向き合う菫の葛藤を現実と大学時代の回想を交互に描く。
    携帯で簡単に撮影が出来て、ネットにプライベートが簡単に出回る時代。プライベートなヌード写真が流出することが決して物語の中だけの話とは思えずに読み進めた。
    終始、正しい人間として描かれる菫とは対照的に、写真を流出させた元恋人の光晴は欠陥のある人間として描かれる。私には菫より、光晴の気持ちがとてもよく分かってしまった。
    いろいろな感想はあると思うが、私の中では光晴の一生に一度の恋愛の物語であった。
    物語のベースにある東京都内に流れるたくさんの見えない川の話は私は夢があって、好き。

  • 菫は、かつて恋人、光晴に撮影を許した裸の写真が、
    ネットにアップされていることを偶然発見する・・・

    んー、あんま共感できなかったな~~。。。

    光春も悪い奴じゃないのに、歪み方がキモイし。
    菫も、もうちょっと早く別れてればよかったのに、っても思うけど、まぁ、恋愛の最中はいろいろ見えなくなるからしょうがないかー。

    それにしても、自分で発見しちゃうのってショックだろうな。
    いや、人に言われてももっと嫌だし、言われなくて知り合いの間に広まっちゃったりしたらもっと嫌だけどさ。

    このご時世、恋愛で盛り上がってたら、写真なんて簡単に取ったりしちゃうかもだし、やっぱり、身近で被害が起きないのを祈りたくなっちゃうな。

  • リベンジポルノに悩む女性がなんとか踏ん張って前向きに立ち直るまでのお話。
    好きな作家のひとり。ですが今回は☆2つ。
    相手の男が最後までクズだしもやし。

  • +++
    あの人の中には、淀んだ流れがあった――。28歳の井出菫は、かつて恋人に撮影を許した裸の写真が、
    ネットにアップされていることを偶然発見する。恋人の名は光晴といった。
    光晴はおどけたりして仲間内では明るく振る舞うものの、どこかそれに無理を感じさせる、ミステリアスな危うさを持っていた。しかし、なぜ6年も経って、この写真が出回るのか。
    菫は友人の協力も借りて調べながら、光晴との付き合いを思い起こす。
    飲み会の帰りに渋谷から暗渠をたどって帰った夜が初めて意識した時だったな……。
    菫の懊悩と不安を追いかけながら、魂の再生を問う感動長編。
    +++

    読み始めてしばらくは、なんだかとらえどころのない物語だという印象だった。だが、暗渠をたどって家まで歩く道筋で、菫と光晴の不安定な安定とでもいうようなものが、すでにちらちらと顔をのぞかせていて、その後の展開に興味が湧いた。客観的にみれば言いたいことはいくらでもあるような二人の関係なのだが、菫の心の動きも光晴の屈託も、すんなりと胸に落ち、どうにもならない心の動きの、まったくどうにもならなさにやり切れなくもなりながら、ある意味共感を覚えたりもする。リベンジポルノ――と言っていいのかどうかはよく判らないが――が題材の一部になってはいるが、決してそれだけではなく、包まれるように守られてきた菫が、自分の脚で立つ物語とも言える。さまざまなことが象徴されているような一冊だと思う。

  • 2017 12/28

  • リベンジポルノの話だったはずが、結局、つり合わない二人の失敗恋愛の話になっている。

    家族仲良く、幸せに愛されて育った菫と、継母の愛を請いながらそれを得られず、孤独にひねくれた大人になってしまった光晴。特に光晴のだめんず振りには吐き気がする。どうして菫はこんな男と付き合っちゃったんだろう? 酔っ払って記憶をなくすなんて、そして元カノの裸の写真をこっそり保存していてそれを見せて回るなんて、お酒のせいにしても悪質すぎる。ネット上に拡散させたのが彼ではないとはいえ、責任は彼にある。

    菫は親友の百合のおかげで立ち直ったが、それも出来過ぎだし、すっきりしない。

全55件中 1 - 10件を表示

柚木麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さらさら流るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さらさら流るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さらさら流るはこんな本です

さらさら流るのKindle版

ツイートする