さらさら流る

  • 518人登録
  • 3.27評価
    • (11)
    • (35)
    • (77)
    • (13)
    • (3)
  • 67レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 双葉社 (2017年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575240528

さらさら流るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう心配を今の若い子たちはしなきゃならないのだな、と。や、中年の人たちも同じかもしれないけど。
    柚木さんがとがってない女性を描いた!とびっくりしながら読んでいたのだけど、リベンジポルノの被害者となった主人公菫が、その最初のふんわりとした優しいイメージに反して、自分の力でしっかりと向き合っていく姿に、やはり柚木小説の主人公だな、とほっとしたりして。
    菫から見た光晴と、光晴から見た菫、その微妙な差が少しずつ広がっていくのは悲しいけど致し方ない。恋愛なんてそんなもんだろうし。でも別れ際と別れた後の自分の気持ちをきちんと処理する力をつけなきゃね、男も女も。
    それよりなによりプレイベートであるべき恋人同士のヒミツの写真を悪気なく拡散していく第三者たちの行動が恐ろしい。

  • かつて恋人に撮られた裸の写真がネットに流出しているのをみつけた、という話。
    題材としてはわりと好きなんだけど、なんせこの主人公の菫のことが最後まで好きになれなかった。私自身の問題だけど、こういうこれまでの人生陽の当たる場所以外歩いたことありませんみたいな子、現実でも心底苦手なんだ。
    だからどちらかというと光晴に肩入れしながら読んでしまいました。
    義理の母親に軽蔑され拒絶され続けてきたかわいそうな男の子。まるで暗渠のような人生。
    そういうものを理解してくれなそうな菫の無垢さ、明るさにどうしようもなく惹かれ、そして同時に腹の底で苛立たざるを得ない気持ちが痛いほど分かった。
    この写真流出が、周囲に愛され守られ支えられ生きてきた菫が初めて直面した大事件なのであれば彼女は本当に恵まれた人生を歩んでる。
    バラバラになってしまった自分を、親友の百合に裸体を描いてもらうことでまた一つに採り集め自分らしさを取り戻したみたいなラストが気に食わない。
    持って生まれた才能のような強さって何?それを持っている自分を許すって何?
    地盤が違うんだ。土壌が。根幹が。
    菫のそれが、まっとうでまっすぐな本来の強さだってことは知っているけれど、そんなことを改めて突き付けられてちょっとショックでした。
    と、だいぶ個人的な熱の入った感想になってしまったけれど…小説そのものはとても読みやすく前向きになれる良作だと思います。

  • 20171109予約
    うーん期待したほどではなかったかも。

  • さらさら流る
    とても美しい装丁

    リベンジポルノがテーマだと知り同性として興味を持ち読む


    主人公薫は情緒あふれた豊かな情愛と自由を持つ両親と音楽を愛する弟と暮らす幸せな少女

    大学で知り合った光晴と交際に発展するが
    4年後別離したが、昔に撮らせてヌード写真が流失したことで話が展開していく

    ここまでは、光晴に惹かれた気持ちや別れた理由が薄すぎてわかりづらかった

    しかし、これは序章で、物語の時系列が現在と過去が混ざりながら進むための作りだった

    ヌード写真が流失した事で全てが足元から崩れていく薫
    なぜ、写真を撮らせたのか
    歪んだ性欲に消費される自分
    社会的な立場
    家族をも巻き込みあれほど慈しんでくれた
    両親を悲しませる苦しさ
    そして心無い同僚の叱責の言葉

    どれもとてもリアルに描かれてる
    被害者となった薫はまず、自分を責める
    光晴との素晴らしい思い出ごと失くしたくなくて
    責めきれない薫
    それは弱さと言うには余りにも酷で
    光晴を選んだ自分、仲良く過ごした家族まで
    否定し自虐することにもなる

    そこを読み取らせる文章がある

    かたや加害者光晴は、自分の落ち度で画像が流失したが、自らは手を出してないという事実でどこか反省の色が薄い
    自己中心的な性格や、嗜虐に興奮する癖、
    幼さの目立つ人間性が克明にかかれてる

    心に深く傷を負った女性が、それを見つめ
    一歩づづ前に進むまでの苦悩が心に伝わった
    苦しくもがきそれでも生きる
    ふてぶてしいまでの強さの小さい種火を懸命に燃やそうとする薫がいた

    18歳の薫は何も怯えがなかった
    真夜中に男性と歩くことを
    それを堂々と正確に親に説明できるを
    毅然さを持って対処した

    それを失わせる社会の歪んだ醜い性欲
    性暴力被害者の本当はない落ち度をなじる事で性犯罪の罪を軽くしようとする汚い詭弁

    私達、女性が両手を大きく広げて自由闊達にこの世界を闊歩できる時間が限られてることを思い知った

    多くの女性に今の自分たちの奪われた自由をそのままでいいのかと問いかける強い本でした

  • リベンジポルノっていうのか、知らなかった。
    暗渠って言葉も知らなかった。

    知らない言葉、珍しい家庭環境、ってこともあって、興味深くさらさら読んだ。ネットに写真がアップされることって、こわいんだろうと思ったし、それを削除するのも大変な作業だと思う。主人公の女の子は被害者だろうと思ったけど、そこまで気にしなくても、って思いがちょっとあるのは私が若くないからかな^^;そこまでの感情移入は出来なかったな。
    元カレはこの後どうなるのかな。顔を合わせるのは難しいだろうけど、何らかのケジメを見せてほしい。

  • 著者2作目。
    最初に読んだ「BUTTER」がかなり期待外れだったので、今作もそれほど期待しないで読み始めた。
    大学時代に付き合った恋人に一度だけ撮らせたヌード写真が、6年を経て、ネットに流出していることを知った菫。
    その事実に向き合う菫の葛藤を現実と大学時代の回想を交互に描く。
    携帯で簡単に撮影が出来て、ネットにプライベートが簡単に出回る時代。プライベートなヌード写真が流出することが決して物語の中だけの話とは思えずに読み進めた。
    終始、正しい人間として描かれる菫とは対照的に、写真を流出させた元恋人の光晴は欠陥のある人間として描かれる。私には菫より、光晴の気持ちがとてもよく分かってしまった。
    いろいろな感想はあると思うが、私の中では光晴の一生に一度の恋愛の物語であった。
    物語のベースにある東京都内に流れるたくさんの見えない川の話は私は夢があって、好き。

  • 菫は、かつて恋人、光晴に撮影を許した裸の写真が、
    ネットにアップされていることを偶然発見する・・・

    んー、あんま共感できなかったな~~。。。

    光春も悪い奴じゃないのに、歪み方がキモイし。
    菫も、もうちょっと早く別れてればよかったのに、っても思うけど、まぁ、恋愛の最中はいろいろ見えなくなるからしょうがないかー。

    それにしても、自分で発見しちゃうのってショックだろうな。
    いや、人に言われてももっと嫌だし、言われなくて知り合いの間に広まっちゃったりしたらもっと嫌だけどさ。

    このご時世、恋愛で盛り上がってたら、写真なんて簡単に取ったりしちゃうかもだし、やっぱり、身近で被害が起きないのを祈りたくなっちゃうな。

  • とにかく「光晴くん」にダメダメぶりにイライラします。
    菫は、撮らせてしまったとはいえ何も悪くないわけですから。
    でも光晴が、光の中にいる「菫」といるとよけいにダメダメになっていくし、汚したいとどこかで考えるのも何だかわかる気もするのです。
    私自身は、「百合」のような人でありたいけれど、なれる自信はなく、「菫」よりは「光晴」側に近いかもしれません。
    読んでいて辛い頁もありましたが、明るい光に向かえる結末でした。

  • 141)「うちではなかなか勉強を見てやれないので、ここでの指導がすべてなのです」光晴は内心せせら笑う。家庭で親がどう接しているかがすべてなのに。びっしりと組み込まれた授業のラインナップに目を見張っている。1人の子供がこれだけの時間集中し、知識を吸収できるわけがないことは少し考えればわかることである。前向きな言葉で固め、思考停止に追い込んでいくやり方は呼吸するように身についている。知性や学力、世の中を渡っていく武器のようなもの。親が子供に身につけさせたいのは、大事な我が子ができるだけ世界に傷つけられないためだろう。ただ、彼らの愚かさはゲームのアイテムかなにかのように思っていることだ。金や情報次第でポンと一瞬で入手可能な形のあるもの、と。家族で時間をかけてこつこつと育むべきとらえどころのない光の羽衣のようなものだということがどうしてもわからない。甘えと無知による自己責任。そう考えるようになってからこの業務が楽になった。

  • タイトルと、表紙のキラキラした絵からイメージしてた内容と全然違いました。主人公は、元彼に撮られた自分の裸の写真がネットに晒されているのを見つけます。全然さらさら流れません。流れをせき止める大きい重たい岩のようで、ズシンと気持ちが重たくなりました。元彼は最後までダメな奴だけど、親友が全力で支えてくれたので救われました。「私は誰かを、世界を、自分を信頼するということを、決してあきらめない」読んでいる途中は元彼や某父親に腹が立ちましたが、読後感はいいです。

全67件中 1 - 10件を表示

柚木麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さらさら流るはこんな本です

さらさら流るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さらさら流るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする