さらさら流る

  • 424人登録
  • 3.30評価
    • (7)
    • (24)
    • (48)
    • (9)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 柚木麻子
  • 双葉社 (2017年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575240528

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さらさら流るの感想・レビュー・書評

  • こういう心配を今の若い子たちはしなきゃならないのだな、と。や、中年の人たちも同じかもしれないけど。
    柚木さんがとがってない女性を描いた!とびっくりしながら読んでいたのだけど、リベンジポルノの被害者となった主人公菫が、その最初のふんわりとした優しいイメージに反して、自分の力でしっかりと向き合っていく姿に、やはり柚木小説の主人公だな、とほっとしたりして。
    菫から見た光晴と、光晴から見た菫、その微妙な差が少しずつ広がっていくのは悲しいけど致し方ない。恋愛なんてそんなもんだろうし。でも別れ際と別れた後の自分の気持ちをきちんと処理する力をつけなきゃね、男も女も。
    それよりなによりプレイベートであるべき恋人同士のヒミツの写真を悪気なく拡散していく第三者たちの行動が恐ろしい。

  • かつて恋人に撮られた裸の写真がネットに流出しているのをみつけた、という話。
    題材としてはわりと好きなんだけど、なんせこの主人公の菫のことが最後まで好きになれなかった。私自身の問題だけど、こういうこれまでの人生陽の当たる場所以外歩いたことありませんみたいな子、現実でも心底苦手なんだ。
    だからどちらかというと光晴に肩入れしながら読んでしまいました。
    義理の母親に軽蔑され拒絶され続けてきたかわいそうな男の子。まるで暗渠のような人生。
    そういうものを理解してくれなそうな菫の無垢さ、明るさにどうしようもなく惹かれ、そして同時に腹の底で苛立たざるを得ない気持ちが痛いほど分かった。
    この写真流出が、周囲に愛され守られ支えられ生きてきた菫が初めて直面した大事件なのであれば彼女は本当に恵まれた人生を歩んでる。
    バラバラになってしまった自分を、親友の百合に裸体を描いてもらうことでまた一つに採り集め自分らしさを取り戻したみたいなラストが気に食わない。
    持って生まれた才能のような強さって何?それを持っている自分を許すって何?
    地盤が違うんだ。土壌が。根幹が。
    菫のそれが、まっとうでまっすぐな本来の強さだってことは知っているけれど、そんなことを改めて突き付けられてちょっとショックでした。
    と、だいぶ個人的な熱の入った感想になってしまったけれど…小説そのものはとても読みやすく前向きになれる良作だと思います。

  • 著者2作目。
    最初に読んだ「BUTTER」がかなり期待外れだったので、今作もそれほど期待しないで読み始めた。
    大学時代に付き合った恋人に一度だけ撮らせたヌード写真が、6年を経て、ネットに流出していることを知った菫。
    その事実に向き合う菫の葛藤を現実と大学時代の回想を交互に描く。
    携帯で簡単に撮影が出来て、ネットにプライベートが簡単に出回る時代。プライベートなヌード写真が流出することが決して物語の中だけの話とは思えずに読み進めた。
    終始、正しい人間として描かれる菫とは対照的に、写真を流出させた元恋人の光晴は欠陥のある人間として描かれる。私には菫より、光晴の気持ちがとてもよく分かってしまった。
    いろいろな感想はあると思うが、私の中では光晴の一生に一度の恋愛の物語であった。
    物語のベースにある東京都内に流れるたくさんの見えない川の話は私は夢があって、好き。

  • 菫は、かつて恋人、光晴に撮影を許した裸の写真が、
    ネットにアップされていることを偶然発見する・・・

    んー、あんま共感できなかったな~~。。。

    光春も悪い奴じゃないのに、歪み方がキモイし。
    菫も、もうちょっと早く別れてればよかったのに、っても思うけど、まぁ、恋愛の最中はいろいろ見えなくなるからしょうがないかー。

    それにしても、自分で発見しちゃうのってショックだろうな。
    いや、人に言われてももっと嫌だし、言われなくて知り合いの間に広まっちゃったりしたらもっと嫌だけどさ。

    このご時世、恋愛で盛り上がってたら、写真なんて簡単に取ったりしちゃうかもだし、やっぱり、身近で被害が起きないのを祈りたくなっちゃうな。

  • 今までの人間関係のなかで、あの人もこういう気持ちだったのかも、と考えさせられる作品でした。
    やっぱり柚木さんは、こういう作品は、うまいなぁと思わずにはいられませんでした。前作は、はまらなかったけど、今回は、見事にはまりました。

  • 付き合っていた元彼が写した自分の裸の写真をネットで発見し、そこから生活が一変してしまう女性とその元彼氏。二人がどうで会い、愛し合い、別れ、そしてなぜこんなことになってしまったのかを丁寧な描写で作り上げた作品。それぞれの感情がどんどん溢れ出るような表現力なのだが、ちょっとくどい感じがしないでもない。結局のところ、元彼の保身的な性格は変わらないってことだろうか。

  • そんなに厚い本ではないのに、ちっとも読み進まない……
    「リベンジポルノ」という旬なテーマではあるけれど、登場人物誰にも共感できず、被害者の家族もリアリティに欠けるせいかもしれない。

    だいたい顔を見たこともない男と2人で真夜中に暗渠をたどる散歩を、年頃の娘にそんなにすんなりOKできるか?いい年していつまでもふわふわして、どんな親なんだって思ってしまう。

    一つだけ共感できることは、自分を曲げてお付き合いしてもいい結果は生まれないってこと。

  • 元カレに撮影されたヌード写真がネットで拡散され。その彼の育った環境と心の闇。恋愛関係の破綻。嫉妬、執着。リベンジポルノをテーマに。主人公が、家族や友人に支えられ*心と体を取り戻す物語。うーん。私には終始イラっとするばかりで、この作家さんの文章合わないのかもしれない

  • かつて恋人に撮られた裸の画像が
    ネットに流出していたことを発見した菫。
    馴れ初めのきっかけとなった暗渠のように
    淀んだ閉ざされた暗闇を覗き込んでるような気分にさせられた。
    ってか仕事仲間が誰も同じ画像に辿り着かなかったのは不思議。

    【図書館・初読・11月6日読了】

  • 「リベンジポルノ」を題材にしたストーリーだが、男女のドロドロした愛憎劇ではなく、装丁とタイトルの美しさを投影したキラキラとした内容に仕上がっている。主人公の菫が透明感のある女性として描かれており、ヌード写真が流出したあとでも暗渠のようにはならず、空の下をさらさらと流れる小川のような姿が印象的だ。かと言って画像流出による被害者の気持ちを楽観的に扱っているわけでなく、主人公の苦悩や葛藤は丁寧に描写されているし、期せずして加害者となった元彼の心情も痛々しく描かれている。今までの柚木作品とは少し違うような気がした。

  • 自分のヌード写真がネットに流出してしまった女性の苦悩を描いた小説。これ、現代ではありがちな事件ですね。撮らせたほうが悪い、と責めるのは何か間違っていると思いますが。こういうことがあるのだということは、認識しておいたほうがいいですね。さらに、悪意がなければ流出させてしまったほうもけっこう可哀想な気が……。
    過去に苦しめられる女性と、甘い過去に囚われ続ける男性。両者の想いの乖離がなんとも悲しく思えました。それでもそれぞれに立ち直り、未来へと進んでいく彼らの姿はみずみずしく感じられました。嫌な話に思えるけれど、読み心地は存外に爽やかです。

  • 柚木さんの本の中では、あまりそそられる感じではなかったけど 最後まで読んでみて共感できるところがあった。

  • 2017/10/29

    自分の裸の写真をネット上に見つけたら...
    先輩社員の「自業自得」という反応が一般的なのかな、居酒屋の店主の「素材のひとつ」という反応も分からなくはない。

    ハー、スッキリ終わったようで心は重い。

  • 画像流出を取り上げたのはちょっと無理無理な感じもする。
    これがなければもっと綺麗な話だけど、じゃあ何が主題なのということにもなるか。
    ありえないけれど自然体ってことかな。

  • タイトルと表紙と作家名に惹かれて読んだけど、「なんだかなぁ」という感じもしなくもない。
    「 柚木麻子の作品は全部読むんだ」という人は読む必要あるけれど、タイトルと表紙と作家名に惹かれて読むんだったらやめといた方がいいと思う。

  • リベンジポルノ。
    とても暴力的な印象を受けるが
    そんな気持ちがなくても広まるのがSNSの怖さ。

    そして追跡できないし
    決して消してしまうことはできない。

    どんなに削除しても
    高速道路を走る車を自転車で追いかけるようなものだろう。

    だからこそ、コワイ。

    消したふりして消してない、
    そんな奴は意外といそうな気がするから
    それも怖い。

    こういう人は想像力がない。
    ほんとに自分のことしか考えていない。

    自分を中心に自分の見えているものがすべてと思う。
    悲しいなぁ。

    人を貶めたり、悲しませたりするのは人だけれど、
    助けてくれるのも人。百合の存在は大きい。

  • リベンジポルノの怖さを感じるのが強く印象に残る。菫は裸の写真をネット上に上げられ、精神などに辛い思いをしてきたのを理解ある友人や家族達が悩みを共有し、助け合って、立ち直り、自信を取り戻したのは大きなものだと感じる。菫の勇気ある行動、過去の弱い自分を変えたい一心や心強い友人を持ったことや友人の協力に感服。ネットに裸の写真を上げたとされる男は遊び半分や注目を上げたいなど悪気ないつもりだったが、写真削除の費用(慰謝料みたいな)を支払いなど代償の大きさを感じると共に、情報化社会、SNSの怖さも感じた。

  • リベンジポルノ流出

  • 前作『BUTTER』に比べて、この新作はシビアな内容ながら前向きで爽やかな読後感の気持ちの良い作品でした。自分の裸がネットに流出してしまった主人公の、絶望からの前進が頼もしい。今の時代、何が自分を脅かす悪意と繋がってしまうか分からない。自衛が常識なのでしょうが、それが及ばない事態も多いのです。同じような苦しみの中にいる女性が世の中にどれだけいるだろう。若気の至りが一生の傷になることを「自業自得」と笑えません。環境にも性質にも恵まれた菫のような人々にも、必ず闇がある。視野が広がる作品でした。

  • 大学時代に知り合った男に別れた後に自分の裸体写真をネットに流出させられた。
    辛くても毎日が過ぎていく。男との関係、人間性など考えることになる
    最後は友人の画家にヌードを描いてもらい心の平穏を取り戻す

  • 初出 2016〜17年「小説推理」

    この作者は苦手。なかなか読み進めない。
    『BUTTER』は1週間かかり、『ナイルパーチの女子会』は途中で挫折したままになっている。
    作者の、この社会での女性の生きにくさへの告発が基調にあるのだろう、読んでいて気分が重くなる。

    井出菫は別れて6年経った元恋人に撮られた裸の写真が、ネットに流出して拡散されていることに気づく。

    交際のきっかけとなった、大学生になったばかりの頃に二人で暗渠になった川を辿り玉川上水の暗渠の前の自宅まで夜通し歩いた出来事が並行して語られる。

    二人の生い立ち、家庭環境、互いへの見方、理解、誤解、深層心理までが語られる。

    菫は立ち上がれないほど打ちのめされるが、親友が手際よく弁護士を頼んで画像の削除に乗り出し、励まされ、等々力渓谷に倒れ込んで自分の心を悟り、立ち直っていく。
    暗渠だった川をたどって海へ出るように。


    重たい気分にさせられる表現の数々。
    ーー必死に引きずり下ろそうとする見えない無数の手
    ーーレンズを向けられると、息苦しく、全身の血が透明の気体になって流れ出し、外気に溶けていくような気がした。

全46件中 1 - 25件を表示

さらさら流るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さらさら流るを本棚に「積読」で登録しているひと

さらさら流るはこんな本です

さらさら流るのKindle版

ツイートする