誘拐ラプソディー (双葉文庫)

  • 1895人登録
  • 3.59評価
    • (139)
    • (285)
    • (368)
    • (50)
    • (5)
  • 227レビュー
著者 : 荻原浩
  • 双葉社 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575509700

誘拐ラプソディー (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

  • 古典的なドタバタ逃走劇。だがそこは荻原浩、たっぷり笑わせ、最後はホロリとさせる人情味溢れるコメディーとなっている。登場人物全員が憎めないキャラ。漫才のような会話シーン、特に主人公(秀吉)と子供(伝助)のとぼけたやりとりは、もっと読んでいたいと思った。

  • 父とキャッチボールをしたことのないヤクザの息子。
    あるのは借金と前科。金無し、家無しの誘拐犯。
    なんともキュートな誘拐物語。
    思っている以上に親子の絆わ深く複雑
    そして子どもは偉大な存在

    面白おかしく書かれてるのにそこにはじーんとくるものがあったりと作者の表現の仕方が大好きな1冊

  • 最高にキュートな誘拐物語。そうね、その通り。思わずニヤリとしてしまうユーモアは、どのように活きてるんだろう?文体?シャープなリズム?語彙?あざとくもなく、スルリと笑のツボに入り込んでくる。
    ハチャメチャストーリーを上手く追っていく。キャラ立ちもいい。登場人物が出てくるタイミングも絶妙。良くも悪くも読み手の脳に負担を与えない、ほのぼのエンタメ小説。
    荻原浩は優しいなぁ。

  • ラストまで一気に面白いんだけど、誘拐を題材にしといてなんかそんな綺麗な終わり方ないだろうよと少し意地悪な気持ちになった。シレっと流されてるけど割り食った人たちかなりいるよな。でも、やっぱこの話好き。ガキとおっさんってのはダメだよな、泣いちゃうよ。

  • 自殺する勇気がない、でも借金も罪もあり前科もある、煙草も風俗も賭け事もする。
    そんな伊達秀吉が偶然出会った子供、伝助。

    伝助の家出を手伝うふりをして誘拐事件がはじまる。

    伝助の家の暴力団員たち、チャイニーズマフィアと警察にも追われ無計画すぎる誘拐はどんどん突き進んでいく。
    読み終わるとじんわりと心のあたたまる、桜のきれいな季節のはなし。

  • ラプソディー【意味:狂詩曲】。もっと言うと気分気のまま自由に演奏する事。運が無く自分ヨガリでヘタレなダメ男が"厄介な親''を持つガキんちょと巡りあったばかりに彼のドタバタラプソディーな出来事が起こる話。兎に角発想が愉快。もしも誘拐したのが〇〇の息子だったら的な所から始まり、父の愛を知らなかった子供は''誘拐''という冒険の旅を通じてダメ男から色々と学び、またダメ男も父性に目覚めながら人生を見つめ直し子供とのキズナを深めて行く様にちょっぴりホロリ。子供の友達の四角い顔の小太りの少年がいいスパイスに(笑)

  •  タイトルから予想しうる物語。
     若干あざとすぎるが嫌いじゃない。

  • 主人公はダメダメだけど、伝助がかわいい。
    話はまあまあ面白かった。

  • 話が面白い。ラストはじーんと涙。

  • やくざの名前と特徴は覚えきれなかったけれど後半のテンポのよさと伝助のかわいらしさに引き込まれた。

  • 昔のお約束の極道コメディーみたいな感じ イメージ的にプリズンホテル ダメな男が間違って極道の息子を誘拐してしまったところから始まる 後日談みたいなのがほしかった 組とか本人とか家族のこととか 浅め

  • テンポよく進むギャグのような誘拐譚。というかギャグ。マフィア、ヤクザが絡んでどうなることかとはらはらするが、なんだか主人公は強運の持ち主すぎて全部なんとかなっちゃう。なんだかあったかい話。人間って、自棄になっても自殺も他殺も多分できないよなーと改めて感じさせられた。

  • 3冊目の荻原浩さんの作品。
    途中の秀吉目線での描写が若干長い気が
    もっと他の登場人物の目線で展開して欲しかった。

    伝助を殺そうと考えるのは最初の一度きりの方が
    良かった。

    結局、秀吉はイケメンなのかな気になる。

  • ハッピーエンドは分かっていたが、ちと長い気が。

  • 人生に行き詰まった男が決死の覚悟で誘拐した男の子はやくざの親分の子どもだった!!

    男の子と主人公の息があってるのかあってないのかよくわからない絆が面白いしほっこりします♪

  • 2014.8.1(金)¥250。(2割引き)
    2014.8.9(土)。

  • 伝助がかわいすぎる。

    電車の中でこんなにクスクスした本は初めて。

  • 笑いありシリアスありで最後まで楽しめました。

  • 見ててほっこり( *^皿^)笑ながら読めます

  • 150Pあたりでギブアップ!
    こういうドラマみたいな設定は無理でした。

  • おもしろかった~!!
    正直、ここまでおもしろいとは思ってなかった。
    ところどころに笑えるシーンがあり、おかしくて電車の中で何度もニヤニヤしてしまいました。
    ラストに向けてどう収束していくのか、まったく予想できなくて、、こう来たかーーー!って感じで、ラストもすごく良かった。
    ベトコン式、どんな式なのかサッパリわからないけど、一番ウケた。(@^▽^@)

  • やってることは犯罪なのに、
    なぜだか憎めないキャラ設定が秀逸。

    親の心子知らずとは
    ほんとにうまく言ったもんです。
    逆もまた然り。

  •  自殺しようとしていた伊達秀吉は、そこで偶然金持ちの子ども伝助を見つけ身代金目的の誘拐を思いつく。しかし、伝助にはある秘密があり……

     ユーモア小説を書かせるとやっぱり荻原さんは上手いなあ、と思います。冒頭の本気で自殺する気が全くうかがえない伊達の心理描写や一人語り、誘拐した子どもの正体を知ってからの伊達の煩悶、伊達と伝助の軽妙なやり取り、徐々に絆を深めていく二人、この手の描写は荻原さんでしか書けないものだと思います!

     ユーモアだけでなく、この誘拐劇が少年の成長、そして伊達の再生への物語にもなっているのもいいなあ、と思いました。そしてところどころで垣間見える、登場人物たちの優しさもまた心地よかった一冊です。 

  • この小説の裏表紙に
    「たっぷり笑えてしみじみ泣ける、最高にキュートな誘拐物語」
    と書いてあるんですが
    まさにその通りだと思いました。

    冴えない人生の極みを生きる伊達秀吉は
    死に場所を求めて見知らぬ街をほっつき歩いているはずなのに
    死のう死のうとするわりに
    死ねる条件が揃ってしまうと言い訳をつけて回避するロクデナシ。
    そんな彼の元に
    お金持ちの家の6歳の男の子が「家出したい」と飛び込んできて
    起死回生の大チャンスとばかりに誘拐を企てるんですが
    警察からヤクザからチャイニーズマフィアから
    最悪というよりも極悪な相手から追われまくる羽目になり・・・。

    主人公の伊達さんと
    家出少年の伝助とのやりとりも微笑ましいし
    ちょいちょい出てくる回想シーン。
    今思い返すだけでちょっと泣けそうです。

    おちゃらけたドタバタコメディ。
    深みはないけれど
    可愛くて温かくて味わいがあって
    読んでよかったなあと思えるコメディ。
    笑顔になりたい方はきっと気に入ると思います。

全227件中 1 - 25件を表示

誘拐ラプソディー (双葉文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誘拐ラプソディー (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誘拐ラプソディー (双葉文庫)の単行本

ツイートする