優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)

  • 2216人登録
  • 3.71評価
    • (170)
    • (317)
    • (345)
    • (29)
    • (5)
  • 270レビュー
著者 : 瀬尾まいこ
  • 双葉社 (2008年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575511932

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに読み返しました。
    少し苦くもほっこり、ほのぼのな短編3つ。

    「優しい音楽」
    「タイムラグ」
    「ガラクタ効果」

    登場人物の関係性がどんなに歪でも妙に優しい気持ちになれる。瀬尾さんの力だなぁと思います。
    さっぱりとしているのに愛情に溢れている。不思議な感覚です。

  • 短編が3部入っている

    瀬尾ワールド全快だった。
    私は瀬尾さんの本に出てくる恋人達のやりとりがとても好き。

  • 瀬尾まいこさんの作品を読むのは6作目。今回は3編の短編集です。前から読んでみたいと思っていました♪どのお話も瀬尾さんらしく、普通あり得ないような事でも自然に描かれていて、すごくスッと受け入れられるから不思議です。例えば不倫相手の子供を預かったり、同棲中の家にホームレスのおじさんも一緒に住む事になったり等。ビックリするような事でも瀬尾さんの手にかかれば優しい温かいお話になってしまいます!瀬尾さんのお話はほっこりできたり、温かい優しい気持ちになったり、前向きになれたりして本当に素敵なものばかりです☆大好き♡

  • 私が初めて手に取った瀬尾まいこの本。
    この作品でロックオンされてしまい、それからずっとファン。

    だいぶ前、他のブックレビューで

    -------
    非現実的なようで、現実的であり、あるわけない出来事ながらも共感してしまう。
    自然と物語に引き込まれていく感じがとても心地よい作品。
    読み終わるとなんとなく励まされ、なんとなく元気になる。
    -------

    と自分で書いていたのですが、もう本当にその通り!
    帯のコピーにでも使ってもらいたいくらい。笑

    ファンタジーとリアルのギリギリなラインを小説という世界を使ってうまく表現してくれる。
    それが瀬尾まいこワールドです。

    リアルすぎると辛い世界も、瀬尾まいこワールドならそっと受け入れられる。
    押しつけがましくなく、説教臭くなく、激励でもなく・・・
    スーっと心に入ってくる本当に心地よい作品です。

  • 何かのテストで表題作「優しい音楽」が
    出題されたのがきっかけで手に取った本。
    一時間で読み切ってしまった…!

    解説の池上冬樹さんも仰っているが
    瀬尾まいこさんの小説は冒頭三行で
    私達読者に様々な物語の先を想像させる。
    今回の3つの短編も素晴らしかった。
    また非現実的、反社会的な出来事を用いているにも関わらず、
    その部分をさらりと読ませてしまう所にも
    瀬尾まいこさんの凄さが現れているように感じる。

    少しだけ欲を言えば、物語の終わり方が
    どうも先を匂わせる終わり方なので
    腹八分目感が否めないのが残念。

  • これを読む前に少し暗い小説を読んだので、気分を変える為に読んでみた。ほんわかした話が3つ。瀬尾まいこさんの本は初めて読んだが、優しい文章を書く人だなと思った。読んでいて疲れない、ほんわかした気分になれる。

  • 付き合い始めた彼女の亡くなった兄がフルートを演奏できたと思い込んで、7000円のフルートを買ってきて、音を出すところから必死に練習するタケルくん。(優しい音楽)

    不倫相手、平太の夫婦水入らずの旅行のために、娘を丸2日も預かって、その上、耳の聞こえない平太の妻サツキを認めようとしない平太の父に、
    サツキの美点を必死に説いてしまう深雪。(タイムラグ)

    公園暮らしのおじさんを、「拾ってきちゃった」と、彼と一緒に住む部屋に連れてきてしまうはな子。(がらくた効果)

    人がいいにもほどがある!という登場人物が瀬尾さんらしい、あたたかい気持ちになれる短編集です。

  • これはいい。すごく、いい。
    気持ちがとてもほっこりしました。
    「優しい音楽」「タイムラグ」「がらくた効果」の3作品が入った短編集です。

    「優しい音楽」
    謎が解けていく快感と、調和のとれたラストにやられました。
    なんて素敵な表題作。
    装丁もまた小説の魅力を十分に表している気がします。
    大好き。

    「タイムラグ」
    なんだって、と新事実がわかるたびに驚かされるような設定でした。
    もっとずっと読んでいたい、と思いました。
    気づけば登場人物すべてがとても素敵に感じられたのも瀬尾マジックの1つかもしれません。

    「がらくた効果」
    心の中でくすくすけらけら笑いながら読みました。
    最初は「なにそれおもしろい」なんて楽しい気持ちで読んでいたのに、はっとさせられるような深さもあって、読了感もとてもよかったです。


    これは、読んだら確かに瀬尾ワールドにはまるかもしれない。
    ちょうど音楽好きの友人の誕生日があるので、この本もプレゼントしようと思ったほどによかったです。

  • 瀬尾さんの魅力全開の傑作短編集。瀬尾さんの作品には、嫌いな人物がいない。どんなに嫌な奴でも悪い奴でも、悪人ではないのだ。
    優しくなれる。心が温かくなる。幸せになれる。
    瀬尾さんの世界は、本当にそんなところ。

  • 2017.11.30 読了


    短編集。

    どれも 面白かった!

    特に タイトルにもなってる「優しい音楽」は
    ラスト じ~んとした。

    次の「タイムラグ」は 最初は
    若干 嫌悪感があるんだけど、
    だんだん 惹き込まれた!
    ラストはほっこりした。

    その次の「がらくた効果」も然り。

全270件中 1 - 10件を表示

瀬尾まいこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
瀬尾 まいこ
有効な右矢印 無効な右矢印

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)を本棚に登録しているひと

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)の単行本

ツイートする