Presents (双葉文庫)

  • 1725人登録
  • 3.89評価
    • (190)
    • (212)
    • (192)
    • (24)
    • (6)
  • 220レビュー
著者 : 角田光代
制作 : 松尾 たいこ 
  • 双葉社 (2008年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575512403

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Presents (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

  • 自分に「名前」があるのは、あたりまえだと思っていたけど、名前は親からもらう最大のプレゼントなのですよね。
    今まで関わった人たちから、形のあるもの、ないもの、いろんなものをもらって今日まで来ていることを思い知らされました。
    角田さんの本を読むと力が湧いてくる。
    この本もまさに私にとってPresentそのものです。

  • 女性が一生に貰える大切なプレゼント。

    それを、誕生から終焉まで書かれていてよかった・・・。

  • ちょうど具合が悪いときにお布団のなかで読んだからか、『料理』が身に染みた。この家族の感じがまさに今。普段、滅多に体調不良を起こさない私だから、こんな時は気弱になっちゃって、もう死んじゃったらどうしようまで考えてしまう。ダンナや子どもたちからの抱えきれないほどの贈りもの。父と母からもらった言葉にできないほど大切な贈りもの。貰ってばかり。ああ、わたしはみんなにまだ贈りものを渡してないよ。だから、まだ死ねない。大げさだけど、弱ってるときは悪い想像が膨らんでいく。そんなことグワングワンしてる頭で涙ぐみながら考えてるから、ラストの『涙』は本当にあったかくて切ない気持ちになった。

  • 「女性が一生のうちにもらう贈りもの」というテーマで書かれた本。すべての女性に読んでほしい作品。

    『FLOWERS』という映画を見たときにも思った。この本も、すべての女性に読んでほしい。FLOWERSのほうが感動したけど。

    『鍋セット』が1番好きかな。2番目に『絵』が好き。『涙』ももちろんいい話だけど、展開が予想できちゃったから・・・。

    私も贈るよりも贈られたプレゼントのほうが多いのだろう。贈られた品物はいつかなくなってしまっても、記憶はなくさないようにしよう。どうしても主観が入っちゃうけどね。

  • びっくりするほど良かった、この本!!中でも、鍋セット,ヴェール,絵,料理,ぬいぐるみがすごーくすごーーく心に沁みて、良かった…♡♡この本は本棚に入れたいって思った!装丁といい、中のイラストといい、本当に素敵な本だった´◡`♡

  • 題名のとおり、Presentにまつわる12の短編集。

    なかでも、「うに煎餅」がいい話だった。

    誰かにモノを贈るとき、ありきたりな(高いもんが良いもんみたいな)プレゼントよりも

    主人公が受け取った「うに煎餅」に感銘を受けた。

    ホワイトディに「うに煎餅」
    でもそれは、主人公の好物である。

    もう1人の男からもらったピアスとは違う。全然違う…


    「海苔チーズ煎餅」ないし「チー鱈」を贈れるような自分でありたい。

  • 私たちはたくさんの愛を贈られて生きている。
    この世に生まれて初めてもらう「名前」。
    放課後の「初キス」。女友達からの「ウェディングヴェール」。
    子供が描いた「家族の絵」―。
    人生で巡りあうかけがえのないプレゼントシーンを、小説と絵で鮮やかに切りとった12編。
    贈られた記憶がせつなくよみがえり、大切な人とのつながりが胸に染みわたる。

    うに煎餅っていうショートムービーを以前に読んでいてこの短編集を知って原作を読んでみました。やっぱり文章の方が頭に入ってくる。
    うに煎餅に出てくる悟君はすっとぼけてるけど良い事言うんだな。

    一編一編に暖まる様なうるっと来る様な物語が詰まっています。
    個人的にはうに煎餅、合い鍵、料理が好きです。
    社会に出るという事は十九個よぶんにチョコレートを買う事だ。

  • なんかぽわって気持ちが暖かくなる短編集でした。

  • まるでタイトルそのままの、包装紙のようなカバーイラストにずっと惹かれていたのだけれど(古本屋では)単行本しか見かけず「空中庭園」が肌に合わなかったのもあり手に取るのを躊躇していた作品。
    今回、旅行のお供用の文庫本探しで古本屋へ行ったときに偶然文庫版を見つけたので、思わず購入!

    女性が一生に受け取る贈り物を、12の短編で綴る。
    両親の願いが一文字一文字に込められた私の名前も、人生で初めての贈られものなのだなぁ…としみじみ思う。
    それぞれの短編を読みながら、自分がこれまでに受け取ってきた有形無形の贈られ物を思い出し、それらが物語る、言葉にしない相手の想いの深さに、胸がいっぱいになった。

    どこか懐かしくもある松尾たい子さんの挿絵はとてもやさしくて、物語に華を添える。
    今、私の周りには、こんなにも幸福が在るのだ、と感謝せずにはいられなくなる、心がきゅっと切なくなる本だった。
    読んで良かった。

  • 人生の中で人は何回幸せを感じるんだろう。何回怒るんだろう。何回恋をするんだろう。何回岐路に立たされるのだろう。
    人に与えられた運命一つひとつが、プレゼントなんだって気付かされました。
    私たちは気付かないうちに、両親や大切な人からプレゼントを受け取っているのですね。
    目に見える物もあるけれど、目に見えないプレゼントももちろんある。
    明日生きられるってことも、プレゼントなのかもしれない。
    これからもたくさんの人生のプレゼントを受け取れるアンテナを持っておこう!
    この本と巡り会えたことも人生のプレゼントなんじゃないかなぁ?

  • 「女性が一生のうちにもらう贈り物」がテーマの短編集。
    12の短編を読むと、一生のうちに実に色々なものを貰っているんだな、と気づく。

    「名前」「ランドセル」は自分も親から貰い、自分も子供に与えたもの。自分が与えてみて初めて、与えた親の気持ちを知ったような気がする。
    「ぬいぐるみ」のラストは泣けた。
    贈った品物はいつか無くなってしまうかもしれないが、贈られた記憶や送り主との関係は無くなることはないはず。

    私も残りの人生において、どんな贈り物を貰えるのか楽しみにしよう。
    それが角田さんからのプレゼントだと思うから。

  • 後輩に借りたシリーズ。
    飛行機で一気読みしたけど、
    後半は大抵泣いた。
    最後の「涙」は
    展開が薄々わかりながらも
    1人号泣。
    帰りの飛行機でよかった。


    どのお話も共感する部分があり、
    自分がもらったものは何だろう、
    あげられたものは何だろうと
    考えながら読み進めた。


    最後のお話にやられたのは、
    自分のことだけを考えて生きている自分が
    情けなかったりしたからかも。
    やはり、
    人に何かをあげられる人でいたい。

  • 気づかないだけで いろんな物をいろんな人からもらっているんだろう。嫌な事の方が記憶に残るかなぁ。

  • 大切な人との繋がりを書いた短編集。
    「presents」という題にもあるとおり、いろいろな贈り物についてくる気持ちを、優しく伝えてくれる。
    一番好きなのが「名前」。これを読んでから、知っている限りの名前を思い浮かべると、どの名前にも意味があるということに気がつく。自分の名前を大切にしたい。
    「ランドセル」や「鍋セット」も良かった。
    誰かにものを贈る気持ちや、プレゼントに喜ぶ気持ちを持ち続けたいと思う。

  • 周囲の人達とのつながりが心に染みます。
    求めるものは全て身近にあることを再認識させられました。

  • とても心がほっこりする内容の多い短編小説集です。

  • 贈り物をテーマにした短編集。
    小説と絵のやさしいコラボレーション。

    基本的には女性向けと思われますが、年代順に並んでいるようで、後半に向けて(特に「ぬいぐるみ」「涙」の最後のくだりとか)グッとくるものがありました。「合い鍵」の、心が離れていく感じも良くて、他の短編もひとつは印象的なフレーズがありました。

  • じみに良かった。

  • ストレスにまみれたときに読んだら、小説の世界に魅了され心が解放されました。

  • 女性が一生のうちにもらうプレゼントをテーマに書かれた短編集。

    角田さんの文章と、松尾さんの絵がとても暖かくてマッチしているので、角田さんの文章に松尾さんが挿絵を描いたのだろうと思ったが、実は同じテーマを与えられてそれぞれが製作したのだと分かり、驚いた。

    プレゼントといっても、贈られるもの、受け取るものはモノ自体だけではなく、送り主の気持ち、渡されたときの記憶、思い出。

    特に「名前」と、「ぬいぐるみ」が好き。
    生きる上で辛いこと、どうしようもなく無気力になる瞬間もあるけれど、それでも人生って素晴らしい、と思える瞬間が確かにあったと思い出す。
    子どもって、それほど大きな存在。

    私の子どもはいま2歳、「おかあさん、おかあさん」と甘えたがりの絶頂期。
    でも、いつか「うるさいなあ」と煙たがれる時期が来るだろう。
    そのとき、きっと私も、この小説の主人公と同じように、この子が生まれた瞬間のことを思い出すだろう。
    私が生まれたときの、母と父の気持ちを想像するだろう。
    それが何より、私を強くしてくれる、幸せにしてくれる記憶だと思う。

  • ■人生は、幸せなプレゼントであふれている

    私たちはたくさんの愛を贈られて生きている。この世に生まれて初めてもらう「名前」。放課後の「初キス」。女友達からの「ウェディングヴェール」。子供が描いた「家族の絵」―。人生で巡りあうかけがえのないプレゼントシーンを、小説と絵で鮮やかに切りとった12編。贈られた記憶がせつなくよみがえり、大切な人とのつながりが胸に染みわたる。

  • 人生における贈り物。
    それは姿も形も様々。
    ある人にとっては何でもない物事かもしれない、でも自分にとってはかけがえのないもの。
    そんな大切な贈り物にまつわる短編12編。

    『名前』
    名前は両親から子供への初めてのプレゼントです、と言われる事がある。
    近年はDQN、キラキラネーム、なんて言ってやり玉に挙がる事も多い。
    確かにいくら何でもそりゃないよ、というもの(嘘か真かわからないが)もあるが、多くの場合、色々な思いが詰まっているはずだ。
    だから迷信かもしれないけれど字画を気にしたり、やたら派手な名前になったりもする。
    でもそこにある思いは、この子が幸せになりますように、そんな思いなのだ。

    『鍋セット』
    私が一人暮らしを始めたのは親と喧嘩したからだった。
    出て行ってやるよ、と右も左もわからず引っ越しを始めた。
    その引越しの荷物の中に母がこっそり鍋を入れておいてくれた。
    その鍋でカレーを作り、夏の泊まり勤務だというのに朝から出しっ放しにして腐らせたり、大量のオカラ炒めを作ってしまったり。
    この物語を読んでそんな幾多の失敗を思い出す。
    私もいつか子供たちに鍋をプレゼントする日が来るのだろうか。
    煮炊きをきちんと教えて、自活できる強さを与えてあげられるだろうか。
    ル・クルーゼやバーミキュラ、ストゥブなんてかっこいいやつじゃなく、普通の雪平鍋や両手鍋とともに巣立てるように。

    『絵』
    怒りすぎてしまう母親。
    これは私か?
    「何を叱っているんだかわからなくなって、ただ泣かしたい衝動だけが残る」
    そんな情けない母親だが、子供の描いた絵を見て泣いてしまう。
    ごちゃごちゃした、子供のいる家特有の姿、汚い玄関、掃除してもすぐに汚くなる家。
    でもそれはそこにみんなが住んでいるから。
    今日は抱きしめてあげよう。
    いや、今日だけじゃなく、明日も明後日も何度でも。
    片付けて、叱って、汚れて、片付けて、抱きしめて。

  • 短編集なので読みやすく、読後にほっこりした気持ちになれる本。

  • いただきもの。
    たいせつなものがすこしずつ散りばめられていて、宝箱のようなおもちゃ箱のような本。

    改めて、大切に思っていただいてるんだなぁとも思う。
    ひとつひとつ拾ってきちんと向き合っていけたらいいなぁ。

  • 読んでて泣きそうになる物語ばかりだった。
    プレゼント・・・死を迎える自分(母・妻)の作品は特に涙::

全220件中 1 - 25件を表示

Presents (双葉文庫)に関連するまとめ

Presents (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

Presents (双葉文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Presents (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする