ホテル・ピーベリー (双葉文庫)

  • 211人登録
  • 3.44評価
    • (7)
    • (30)
    • (41)
    • (5)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 近藤史恵
  • 双葉社 (2014年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575517293

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハワイの日本人が経営するホテルを舞台にしたミステリー。
    主人公はとある理由で職を失ってハワイにやってくるのだが、何故職を失ったのかが焦らされなかなか出て来ないのにやきもき。しかも、やっぱりそういう理由か~!な展開。常識人と見せかけた嫌な奴に思え、主人公はあまり好きになれなかった。
    事件が起こるまでの前振りはなかなか長いが(これ事件起こるの?と途中で思ったくらい。)終盤の推理部分は面白く読めた。和美さんと主人公の心理描写が良かった。ハワイの雰囲気も味わえ、ホテル・ピーベリーに泊まってみたくなる。

  • 近藤史恵さんも大好きな作家さんのひとり。
    この本で26冊目になる。
    作家さんを好きになる理由は様々。
    近藤さんの場合は、その文章。
    近藤さんの書かれる文章は美しい。
    そして、すんなりと心に入り込んでくる。
    この本もそうだった。

    ハワイ島にあるホテル・ピーベリー・
    日本人夫婦が経営する長期滞在型ホテル。
    部屋数は6室。
    宿泊できるのは一度きり、期間は3か月、リピーターお断り。

    木崎淳平は元小学校教師。
    仕事を辞め、長い休みを持て余したとき、友人にホテル・ピーベリーへの滞在を勧められる。
    木崎がピーベリーに落ち着いたころ、事件は起きる。
    木崎が”元”教師になったわけ…
    事件の真相…

    さらさらと読み切ってしまったミステリー。

  • 静かな文体。衝撃も静かにやってくる。

  • たんなるホテルの滞在記かと思いきや、意外な展開に。
    面白かったし、ハワイ島絶対行きたい!って思った。

  • 2017.6.3読了 60冊目

  • 読んでいて、今の共感できる箇所がたくさんあることに驚きを感じた。教訓になりそうな台詞もあり、ためになるなあと読んでいけば、なんというミステリーになるなんて。この人の作品のイメージと違う、というほど読んでないが、こういうのもありでしょう。

  •  名作が多い近藤史恵さんにしては、正直言って駄作?と思ってしまうような内容だった。少なくとも、『サクリファイス』から読み始めた初心者には薦めない。なぜならば、かなりコアなファン向けの内容だと思うからだ。

     私は、本を読み終わると、先ず、読書メーターの感想・レビューを記入する。今回、この『ホテル・ピーベリー』を読んだ後、いつもとは異なり、自分の感想を書く前に、他の人の感想・レビューを読んでしまった。キャッチコピーに書いたように、私はこの作品を面白いとは思えなかったのだが、この作品にたどり着いた近藤史恵さんのファンたちは、本当に深く読み込んでいて、読書を楽しんでいた。

     作家が読者を育て、読者の視線が作家に次の作品を磨かせる。そんなアライアンスが、近藤史恵さんと読者との間に構築され、それぞれの心の中にで、作品が完成する。という理想的な関係になっていることがわかった。

     そう、作品は出版されただけでは完成しない。作家の描いた世界と、読者の経験が共鳴したとき、作品は、ようやく完成するのだ。作品が面白いか、面白くないかは、読者の人生が面白いか、面白くないかにも左右されるのだ。

     さあ、それではそろそろ、食わず嫌いで積読になっていた歌舞伎ものの扉を開いて見ようかな♪

  • どう生きるべきか、生きたいか的な内面の探求とミステリーとしてのお話のトリック的な面白さの2つの強いベクトルが働いている。それぞれのよくできているのたが、食べ合わせの違和感があるような気がします。なんか贅沢な文句言ってスミマセン。
    とても楽しく読ませていただいた小説でした。

  • 旅行のお供に。人間簡単にレールなんて踏み外すんですねえ...家族を持つとそんなことできないけど、もし独身のままだったら自分もあてもなく放浪していたかもしれない。
    希望として、登場人物のその後も描いてほしい。
    サクリファイスシリーズが好きなので贔屓目もあるけど、表現が美しい箇所多し。

  • そもそも私はミステリーというジャンルのファンではない。だからミステリーとしての構成がどうこうということは言えない。でもなんだか近藤史恵がずっと以前から好きだ。

    かつて、デビュー作「凍える島」や「ガーデン」の、身をえぐるような陰鬱なミステリーによって近藤史恵を印象づけられた。だからこの人の真骨頂は、今でも箱庭的な舞台で展開する、極限の心理描写だと私は思っている。

    面積の上ではハワイ諸島最大といってもオアフ島に比べれば田舎、ペーパードライバーには移動困難なハワイ島という「島」がまず密室で、たった6室、リピーターなし、3ヶ月までという特殊な条件付けがなされたホテル。わくわくする舞台立てだ。

    昔から知ってます風なことを書いてきたが、実を言えば近藤史恵を読むのはひさしぶりだ。

    この作家は、絶望的な状況を鮮明に描き出す、乾いた筆致が魅力だと思っていた。心理描写こそ、と思っていた。

    だがホテル・ピーベリーを読むと、和美さんの作る食事や折々に出てくるコーヒーも(味覚・嗅覚)、ハワイ島の風景(視覚)も、静けさ(聴覚)も、めまぐるしい気候や情事(触覚)も、この人はこんなに具体的に魅力的に世界を描く素晴らしい力量の作家だったのだと改めて気づいた。

    私にとっての近藤史恵を、その筆の運びをほどよい長さで堪能できた、という意味で大満足ではあったが、主人公の昔と今のそれぞれの恋について冷静に考えると、嫌悪を催す人もいそうなので、人に勧めることはしないと思う。

    お気楽な観光で良い、ハワイに行きたい!

全39件中 1 - 10件を表示

近藤史恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)に関連する談話室の質問

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)の単行本

ホテル・ピーベリー (双葉文庫)のKindle版

ツイートする