自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

  • 265人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (20)
    • (65)
    • (11)
    • (1)
  • 39レビュー
  • 双葉社 (2016年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575518931

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
米澤 穂信
坂木 司
東野 圭吾
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

  • 綾辻行人「再生」、有栖川有栖「書く機械」、西澤保彦「アリバイ・ジ・アンビバレンス」、貫井徳郎「蝶番の問題」、法月綸太郎「カニバリズム小論」、東川篤哉「藤枝邸の完全なる密室」

    貫井徳郎「蝶番の問題」が一番ひねりが効いていて面白かった。
    法月綸太郎「カニバリズム小論」カニバリズムはともかく、どんでん返しという点で面白かった。
    (図書館)

  • 錚々たるメンバーによ自薦短編集、そのメンツに惹かれて読んでみたが・・・肩透かし感はある。

    綾辻氏の作品は氏の好きなホラータッチの話で、オチのエッジが効いているのだけど、残念ながらこのオチは他の作品で読んだことがあって強烈度が薄まった、残念。
    有栖川氏の作品は、作家の悪夢といったところがだ話が短編でもなお長く感じる。
    西澤氏の作品は掴みがいいが、キャラが魅力無いうえにただ単に論理のアクロバットで現実感にかける。
    貫井氏の作品が一番ヒネリが効いているし小粒ながら読みごたえがあった。
    法月氏の作品はいかにもこの人ならではのブラックさが際立つが、あまり面白みを感じれない。
    東川氏の作品は、ユーモアミステリーの味が活かされて密室物のパロディでもあって楽しく読める。

    本来長編で実力をいかんなく発揮される作家だけに期待が大きかったのかもしれない、と同時に短編の難しさというのも分かった一作。

  • 綾辻行人「再生」
    有栖川有栖「書く機械」
    西澤保彦「アリバイ・ジ・アンビバレンス」
         …一番好きだった
    貫井徳郎「蝶番の問題」
    法月綸太郎「カニバリズム小論」
    東川篤哉「藤枝邸の完全なる密室」

  • 綾辻行人「再生」既読。わりと好き。
    有栖川有栖「書く機械」どんでん返し…なのか?ギャグっぽい。
    西澤保彦「アリバイ・ジ・アンビバレンス」既読。さすが西澤さん!後味が悪い!
    貫井徳郎「蝶番の問題」わりと好き。
    法月綸太郎「カニバリズム小論」ホワイダニットは嫌いじゃないけど、このオチは、うーん…そんなに意外でもなかった。
    東川篤哉「藤枝邸の完全なる密室」既読。

  • 好きな作家さんが多かったので読んだことあるのが半分くらい。でも覚えていても楽しめた!

  • 綾辻行人「再生」と、貫井徳郎「蝶番の問題」が好き。

  • どんでん返し、っていうだけでまずハードルが上がっちゃっているのが問題な件。物足りなくなっちゃうよね。

  • 有名ミステリ作家が自分の作品から『どんでん返し』な話を選び、それを集めた作品集。短編ばかりなので読みやすいです。でも先に「どんでん返し」って銘打たれてしまうと、楽しみ半減しちゃうんじゃあ…?とも思いましたがどう返されるかを楽しみながら読むのもいいか。

  • どんでん返してほどどんでん返しではないかな。でも面白かったな。ホラーチックのが多かった気がする。

  • 錚々たるメンツのどんでん返しがテーマのアンソロジー。
    「再生」「カニバリズム小論」と「蝶番の問題」は既読でした。
    過剰に期待して読んだけど、これどんでん返しなの…??というのが多かった気がする。私の期待するようなどんでん返しをやってくれたのは「カニバリズム小論」だけだったかも。普通のミステリアンソロジーとしては十分楽しめました。それぞれの収録本が読みたくなった。

  • どんでん返しか??と思うような話だらけだった。
    タイトルでどんでん返しと書いてある分で疑って読むので余計どんでん返し感が無い。
    普通のミステリー短編として読めばまあ。といった感じ

  • 第二弾が出たのでまとめて読んだ。
    6人の作家自薦アンソロ。ミステリ色は薄目。
    面白かったのは綾辻『再生』、好きなのは法月『カニバリズム』。

  • (収録作品)再生(綾辻行人)/書く機械(有栖川有栖)/アリバイ・ジ・アンビバレンス(西澤保彦)/蝶番の問題(貫井徳郎)/カニバリズム小論(法月綸太郎)/藤枝邸の完全なる密室(東川篤哉)

  • 平成29年1月8日読了

  • 法月倫太郎のカニバリズム小論が好みだった。
    あまりに短くてどんでん返し感はなし。

  • 短編が読みやすい!

     久しぶりに朝から一気読み。それぞれが短いから、ハイペースで読める。一流の作家さん揃いだから、ハズレなしの傑作集かな。

     短編だけに作り手にはどんでん返しが難しそうだが、どれも素晴らしいなぁ〜。

  • どんでん返しとは、ラストに至る過程をも楽しめる、知的遊戯としてのジャンルなのだ。
    (P.269)

  • 綾辻「再生」は既読
    西澤「アリバイ…」、法月「カニバリズム…」はよかったかな

  • どの作品も個性たっぷりです。

    「再生」は綾辻先生の好きそうなホラーだなってにんまりした。私が読んでもそんなに怖くないホラー。
    有栖川さんの「書く機械」はどんな機械なんだろうと興味津々で読んだ。読み終わって、東野さんが使ってますと言えば信じてしまうかもとか失礼な事を考えた。すみません。
    西澤さんの「アリバイ…」と貫井さんの「蝶番の問題」は推理小説らしい作品だった。読者に挑戦している感じ。受けて立つ!とかっこよく言えないけど。
    法月さんの「カニバリズム小論」読んだ事あるなぁ、読んでいって少しずつ記憶が蘇るごとに気持ちが悪くなっていって最後はそうやったぁ……。
    東川さんの「藤枝邸の…」東川作品の軽いノリが推理小説としてちょっとどうなんって思いつつ、いつもゲラゲラ笑ってしまう。鵜飼探偵恐るべし。

  • どんでん返しが詰まった面白い小説。
    あっという間に読んじゃった( ´ ▽ ` )

  • ■本格推理の巧者たちがあなたを仰天させる。

    十七歳年下の女性と結婚した助教授。妻が恐るべき運命を告白する…。ベストセラーを目指せと、編集長にたきつけられた作家はどこへ…。完璧なアリバイがあるのに、自分が犯人と供述する女子高生の目的は…。貸別荘で発見された五つの死体。全員死亡しているため、誰が犯人で誰が被害者なのか不明だ…。推理作家が、猟奇殺人の動機を解明すべく頼った人物とは…。独身の資産家を訪ねた甥。その甥には完全犯罪の計画があった…。六つのどんでん返しが、あなたを虜にする。

  • 著者自薦のどんでん返しをまとめたアンソロジー。どんでん返しというとちょっともの足りない感がありますがおもしろかったです。

    ・綾辻行人「再生」『眼球奇譚』所収
    ホラーミステリ。ちょっと気味が悪い感じなんだけど、でもぞぞぞっとしてよかった。
    ・有栖川有栖「書く機械(ライティング・マシン)」『作家小説』所収
    読んだことある気がするんですが記録がない…。作家小説を読んでみよう。
    ・西澤保彦「アリバイ・ジ・アンビバレンス」『パズラー 謎と論理のエンタテイメント』所収
    これが一番よかった。中でも一番正統派な感じ。ラストは素直に唸る。
    ・貫井徳郎「蝶番の問題」『気分は名探偵 犯人当てアンソロジー』所収
    「被害者は誰?」のコンビ。この作品好きなので楽しかった。違和感は感じたんだけどそこまで。桂島残念。
    ・法月綸太郎「カニバリズム小論」『法月綸太郎の冒険』『贈る物語』所収
    既読。カニバリズム講義はなかなか興味深かった。物憂げな綸太郎が印象的な作品。
    ・東川篤哉「藤枝邸の完全なる密室」『はやく名探偵になりたい』所収
    この著者の作品はあまり読んだことはなく。本格だけど会話はコミカル。ラストはよかった。犯人からしたらたまったもんじゃないな。

  • どの作品も面白いけど、蝶番の問題は結構好きでした!

    綾辻行人 再生 年の差恋愛
    有栖川有栖 書く機械 文芸業界
    西澤保彦 アリバイ・ジ・アンビバレンス 学園+アリバイ
    貫井徳郎 蝶番の問題 館+作中作
    法月綸太郎 カニバリズム小論 異常犯罪心理
    東川篤哉 藤枝邸の完全なる密室 密室倒叙トリック

  • ミステリーの有名作家ばかりを集めた
    完成度の高いアンソロジーです。
    タイトルが、「どんでん返し」でなければ…
    短編のどんでん返しってなかなか難しいですね。
    「どんでん返し」という言葉への期待感をもたずに読む方が楽しめる作品だと思います。

    貫井さんの作中作がお気に入りです。

  • やはりこの六人の名前を見たらミステリーファンとしては読みたくなりますよね。しかも大好物のどんでん返しときたら。
    でもたぶん、そこまでどんでん返しを期待しないほうがいいと思います。やはり、短編ではいつもほどのゾクゾク感までは到達しませんよね。
    それぞれはさすがの読み物になっています。どれも面白いですよ。

全39件中 1 - 25件を表示

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)の作品紹介

十七歳年下の女性と結婚した助教授。妻が恐るべき運命を告白する…。ベストセラーを目指せと、編集長にたきつけられた作家はどこへ…。完璧なアリバイがあるのに、自分が犯人と供述する女子高生の目的は…。貸別荘で発見された五つの死体。全員死亡しているため、誰が犯人で誰が被害者なのか不明だ…。推理作家が、猟奇殺人の動機を解明すべく頼った人物とは…。独身の資産家を訪ねた甥。その甥には完全犯罪の計画があった…。六つのどんでん返しが、あなたを虜にする。

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)のKindle版

ツイートする