シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)

  • 145人登録
  • 3.70評価
    • (11)
    • (18)
    • (17)
    • (3)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 望月麻衣
  • 双葉社 (2016年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519174

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はや謎解きよりも
    清貴と葵の距離感が気になり過ぎて(笑)
    ようやく落ち着けた。

    恋の和歌がでてきて嬉しかったぁ。
    ストレートだもんなぁ、
    昔の人って歌の中では肉食だよね、と思う。

    今回もシャーロックホームズからサッカーまで
    話題も行動範囲も広くて、
    いろいろ楽しかった。

  • ついに“カミングアウト”ですね。
    まぁ、若い男女ですから、こうなるのは既定路線ですけどね。

    このシリーズ、まだまだ続くようです

  • 2016年8月双葉文庫刊。シリーズ5作目。4つの連作短編。今まで、シャーロック・ホームズそのものの話は全くなく、突然のシャーロキアン登場で、少し驚きです。あとがきで、事情がわかりましたが、出来はイマイチです。ライバルの円生も登場しましたが、毎回、立ち位置や性格が一定しないようで、なかなか前途多難です。ガンバレ。

  • 『蔵』でアルバイトを始めて一年。清貴や秋人と城崎温泉に行ったり、『シャーロキアンの会』に参加したりと、葵は春休みを満喫していた。一方で、ようやく気付いた自分の気持ちを清貴へ伝えるかどうか逡巡する葵。そんなある日、『蔵』に雑誌の取材と称して女性編集者が現れる。その日の深夜、清貴の目の前で円生が『志野の茶碗』を盗み出す。そして翌朝、清貴のもとに円生から挑戦状が届いた…大ヒットキャラミス第5弾!

  • シリーズ5弾。
    骨董品屋の蔵を舞台に、そこの店主の息子とアルバイトの女子高生を中心に、日常のミステリを展開する。
    今回は城崎温泉と、シャーロックホームズの「シャーロキアンの会」が出て来る。
    実際に筆者がシャーロキアンの会に参加し、その体験を含めて書かれているので、特にシャーロックホームズ好きな人には興味深いと思う。
    ストーリー的には、人間関係の進展があり、一段落するかな。

    ライトノベルなので、主に10代の女の子向け。
    残念ながら、文章もとても10代向け。
    短編連作だから仕方ない部分はあるが、初めて登場した人や久しぶりに登場した人に対する最初の対応部分がまだるっこしくてイライラする。
    同じようにストーリーの冒頭部分もまとまってなく、書きたいだけ書いてるようで長い。
    無駄な会話文が多く、ティーンズ向け。

  • 今回のはミステリー感はちょっと薄め、だろうか。

  • マサに、秋人くんと店長の感想に右に同じ(笑)
    淫行条例の文章暗記までしてエラソーに恋心隠してたくせに、手つないだだけで赤面、有頂天って!店長、ホントによかったね、息子が意外にフツーな男の子で。最後に気持ちよく笑わせてもらった。
    このふたりのとぼけた「片思い」状態がおもしろかったけど、とうとうカップル成立か~。まあ、ホームズさんがいろいろやらかしてくれそうな期待はしてます。

    今回は、城崎温泉とかサッカーとかシャーロキアンとか、新鮮なネタで、楽しかった。
    最後の円生ネタが、中途半端。カエサル法はともかく、エニグマ法や鐘楼方式の暗号を、何も見ないでそらで置換、解読できる人間なんかいないですよ……。却って興醒めだった。

  • イヤイヤイヤイヤ、ネタバレですけれども、

    まさかのカップル成立!? ←その表現もどうよ

    イヤーァ、文庫版では「どう見ても両想いやけど告白しないモジモジ関係」を、貫き通すんかと思ってたよ、清貴と葵ちゃん!!

    電子書籍でのイメージがあるせいか、一度リミッターが外れた清貴はグイグイいかはるよね。
    葵ちゃんが高校生だとか未成年だとかそういうことは10億光年ほど向こうへ放り投げて、そらまあ、もう、あれもこれも一から教えてあげるっていうね、そういう方向のね(以下省略)。

    (むしろそんな清貴が見たい)


    今回は、橋立や晴明神社など
    「あっ、知ってる、知ってる!」
    と、いう地名が登場して、それも面白かった。

    橋立の籠神社も真名井神社も何度も行ってるんやけど、神社の入り口でいっつも引き返してるわ。
    そうか、そういう見どころがあるのね。ちゅうか、
    「観光気分でフラフラと行ったらあかん」
    と、いう表現をされているので、私が入り口で引き返しているのもそういうもんなのかも。

    いつか、ちゃんと鳥居をくぐって本殿まで行く日がくるかな。それはそれで楽しみにしよう。
    こういうのも縁というか、「しかるべき時が来る」みたいな流れがあると、最近本気で思うねんな。


    さて、今回も面白かった。(いろいろな意味で)

    だって、京都サンガの選手になった教え子との話とか! ふつうに
    「すごいな!」
    と、思ったよ。

    9歳も年上とか(女性が)、いくら成人していても相手が教え子とか、
    「いやそれはためらうやろふつう!」
    と、思ってしまうのはあれか、オバチャンやからか。

    しかも(教え子と教師の関係を)その場にいた生徒たちにバレた挙句、
    「教え子に交際を申し込まれたけど先生は云々」
    と、(なんとか取り繕おうとした結果)解説者のようにベラベラしゃべる葵ちゃんも
    「おいおい待ったれよ!」
    と、ツッこんだ。笑

    まあええねんけども、・・・ええねんけど、いろんなことが丸く収まってヨカッタね。
    私も丸く収まる話が好きなので、ここでごちゃごちゃされるよりかはほんまにええねんけど、さすがに
    「スゴッ!」
    と、ツッこみをいれずにはおられんというかね。

    でもまあ・・・。百人一首をつかっての告白は、
    「すごいアイデアやな!」
    と、思った。

    これは・・・。結構うれしいかも・・・。難しいけど・・・。

    難易度でいえば、佐織ちゃんへ宛てた「吉野の山にて」のメッセージを込めた掛け軸は、かなりわかりにくい・・・(笑)。
    あかん、クリエイターの方々の表現を理解するにはやっぱり知識と教養がいるよね。

    米山さんも
    「えっと・・・。誰やっけ・・・」
    と、なっているので、このシリーズも完結したらまとめ読みしたいかもしれへんな。

    でも私は、京都寺町シリーズよりも祇園の拝み屋のほうが好きかも。
    京都寺町はホームズを意識してか、表現の仕方がややこしいねんな(褒め言葉)。
    著者の文章ってこういう感じなのかな、と、思ってたけど、祇園の拝み屋がもう少しスルスルと入ってくる表現やったので、このまわりくどさは
    「敢えてか」
    と、思っている。(*´ω`)

    でも、どちらも好きです。


    それらもろもろをひっくるめての、最終話での円生と清貴の直接対決・・・。
    著者もものすごいノッて書いてはるなあ! と、そのいきおいにつられつつ読み進めました。
    いきおい大事。でも、地文が突然関西弁になったのは

    (「気が進まないんやけど」の、「や」が・・・)

    「んん?」

    と、二度見してしまったわ。(*´ω`)

    もしかしてあれは地文じゃなくて清貴のモノローグやったんかな?
    まあどっちにしても、このあたりからウロがきてる清貴はちょいちょい京なまりでしゃべるんやけど、やっぱり、イイよね、清貴の京なまり・・・!

    普段は標準語の敬語でしゃべる人が、ふと見せる京ことばね。

    もうこれ、日本全国でおいしくいただけるシチュエイションじゃないでしょうか。※イケメン限り

    訛り大事。訛りは大事にしたほうがいいよ!


    閑話休題、そんなややこしい告白を数点見た後での清貴はさぞこねくりまわすのかと思いきや、

    まさかの直球勝負・・・!

    吊り橋効果か(違)。
    葵ちゃん効果か! そっちか!!


    ここまで引っ張ったので、まとまるときはこのくらいアッサリがいいよ。
    前作で葵ちゃんが自分の気持ちを自覚してから、清貴に対してみょうな距離感をおこうとするのが、可愛いやらモジモジやらを通り越して

    「もう、いいから、それは!!」

    と、叫びたくなっていたので、さくっとまとまってほんまよかった。
    でもって、秋人さんがツッこまずにはおられなかった
    「ドヤ顔でボヤく免罪符云々」
    には吹いた。

    清貴のややこしさは、著者にすれば
    「ツッこんでください」
    ちゅうところなのかもな。そう思うとますますこの先の二人が気になりますのでそこらへんよろしくお願いしたい。

    もちろん、鑑定や骨董や謎解き要素もよろしくお願いしたい。


    秋人さんもええキャラ出してるよね!
    ファンの女性の彼氏(なんかすごい言い方やな)にくさされても、
    「男にもイケメン認定された」
    と、前向きにとらえられるところが、好きだ。こういうポジティブさは大好き。


    私生活を仕事に持ち込まないのがプロ、ちゅう話やったけど、ほんまの理想は、私生活をプラスのエッセンスで仕事に持ち込めることやと思う。

    「幸福は得られるもので、求めるものではない」と、いう志賀直哉の言葉もよかったなあ。
    求めて得られるのは幸福ではなくて快楽なんやって。
    ほんまに、そうやな。


    ■■■■


    ■ガゼボ

    ガゼボ(英語: gazebo、西洋風あずまや)とは西洋の庭園、公園、その他公共の広場などによくみられるパビリオンの一種。庭園の外周壁に取り付けられたものを除いて、ほとんどのガゼボは自立した建築物で、屋根があり、柱があるだけで外の空間に開けており、平面から見れば八角形のものが多い。ガゼボは人々に雨宿りの場所や日陰を提供することが目的であるが、ベンチなどを設けて休息や展望の場としても機能し、庭園や公園の景観(ランドスケープ)を構成する装飾物にもなる。ガゼボはあまり大きくはないが、大きな公園のガゼボには野外音楽堂(バンドスタンド)になるような大きさのものもある。


    ■窓扉


    (2016.11.28)

  • シリーズ5作目にしてようやく2人がくっついた。それにしても高校生が城崎とかちょっとありえないけど。今回も色んな場所が出てきて楽しめた。清貴の時々出てくる関西弁がいい。

  • 少し強引さが目立ったかなと。
    キャラ設定的には仕方ないものの・・・

全23件中 1 - 10件を表示

望月麻衣の作品

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)を本棚に登録しているひと

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)はこんな本です

シャーロキアンの宴と春の嵐-京都寺町三条のホームズ(5) (双葉文庫)のKindle版

ツイートする