ケモノの城 (双葉文庫)

  • 555人登録
  • 3.38評価
    • (21)
    • (52)
    • (65)
    • (16)
    • (8)
  • 61レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 双葉社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519952

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ケモノの城 (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

  • 誉田哲也『ケモノの城』双葉文庫。

    文庫化されたので再読。

    これまでの誉田哲也の作品とは全く風合いの異なる恐ろしい内容の小説。2002年に発覚した日本犯罪史上稀に見る凶悪事件である北九州・連続監禁殺人事件に触発されて描いた小説らしい。

    再読してもなお、とてつもない恐ろさと不安を感じる物語だった。少しづつ明らかになる凄惨な事件の全容、期せずして事件に巻き込まれてしまう辰吾…

    具合が悪くなるようなグロく、恐ろしい描写が続き、これが本当に誉田哲也の作品なのかと疑いたくなる作品だった。ここまで徹底的にサイコパスを描いたフィクションというのは、なかなか思い浮かばない。冨樫倫太郎の『SRO』で描かれる近藤房子も、新堂冬樹の一連の吐き気をもよおすような作品も全てぶっ飛ぶほどの恐ろしい作品であった。

    そして、不安な余韻を残すラスト…

  • 好きな作家の新刊が本屋に並んでいたら、なんの躊躇もなく手に取ってレジへ。
    これも、特にあらすじとかも見ずに読み始めたら微妙な既視感が。
    最初は「ん? また間違えて既読本を買っちゃったか?」と思った。半年くらい前にも誉田哲也さんの文庫で出版社が変わって発売されたのを買ってしまったから。
    でも、今回は違うなぁと考えていたら思い出したのが、数年前に実際にあったそっくりな状況の事件のルポルタージュを読んだ事があったからだった。
    豊田正義さんの『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件』。
    巻末の参考文献にも一番最初に記載されているから、この事件がベースになっているのだろう。
    残酷で残虐な描写が続く、けっこうヘビーな内容の作品だけれど、残念ながら先に「お話」ではなく「現実」の方を読んでしまっていたから、読んでいる時の臨場感が「現実」の作品の方が勝っていて残念だった。
    まあ、創作だとはいえあれ以上の表現をしたら嘘臭くなっちゃうんだろうけれど。
    読む順番が逆だったら二度楽しめたのかも(実際の事件の被害者の方が居らっしゃるのだから「楽しむ」という言葉に語弊があるかもしれないが、あくまでも読書をするという意味で)。
    ルポと違うのは、警察目線がふんだんにあること。
    しかもいろんな立場の刑事の目線が積み重なって緊迫感がずっと続く。
    良い意味で、読んでいて疲れる作品。
    こういう創作の本もあるんだなと新しい発見でもあった。

    解説はいまいちだったなぁ。
    あらすじ羅列の合間にいろいろと書いてあるけれど、なんか小論文読んでるみたい。
    さすが評論家の解説と思った。
    途中に「小説だからこそできた表現」とあるが、どこのことだろう?
    しかも最後に「奇跡」とか「傑作」とか書き連ねてよく分からない持ち上げ方をして、せっかくの作品が安っぽい評価になっちゃったなぁ。

  • 何が怖いって、この話の大筋は「実話」だってところです。
    つい最近この事件のことをテレビでもやっていたし、参考文献にもある「消された一家」を読んだこともあるので、虐待の方法や死体の処理の仕方など、「嘘みたいだけど、ほんとにあったんだよね……」と不快な気分になりながら読みました。
    実際にこんなことができる(させられる)人間が、少数ではあるだろうけど確実にいる。その事実がすごく怖い。
    読まなければよかった、と思う気持ちと、いや、でもこういう人間もいるんだってことを知るためには読んどいた方がよかったのかもと思う気持ちとが、私の中でかなり戦っていました。
    おもしろかったけど、読み返したくはないかな……。
    しかし誉田さんは「武士道」シリーズからこんな本まで、本当に振り幅がすごい。

  • あのおぞましい北九州監禁・殺人事件がモデル。途中まではまるでホラーのごとき展開。実際にあったとされる残虐行為のグロい描写は、耐性のない人には辛いかも。長期にわたる虐待によって、いつの間にかそれを受け入れるようになってしまうという人間心理が、一番怖いと感じた。

  • 闇金ウシジマくんの洗脳くんのミステリー版みたいな感じ。洗脳された女(被害女性)の証言を元に、捜査を進め、洗脳した男(加害男性)を探し出す話。女の証言に、刑事も私も振り回された。関係のない2つの話が途中で結びつき、徐々に伏線が回収された。最後の方は何回も騙され、ミステリーとしてとても面白かった。

    誉田哲也さんの本は描写がグロテスクというか、こわくて苦手。やっぱり、この本も他に違わずグロテスク。暴力シーンは本当に怖くて少し読み飛ばした。多分、情景描写が細かくて丁寧でわかりやすいから、容易に想像できてしまうのでグロテスクと感じるのだろう。

  • 2002年に起きた「北九州監禁殺人事件」という実話をベースに作られた作品。当の事件は内容があまりに凄惨で、途中から報道規制が入ったため、意外に事件の詳細は一般には知られてなかったらしい。僕も事件の概要ぐらいしか記憶になかったが、本書はその詳細を描いていて、非常にグロテスク。結末に一抹の救いはあるものの、こういうサイコパス的な犯罪者というのは実在するし、そういう人間にいいように操られてしまう人間も実際に存在するという事を考えると、人間ってほんと怖いなって思いますね。ってこの本読み終えた直後に座間市の遺体バラバラ事件が発覚してちょっと既視感食らったのが印象的です。座間市の事件はこれとは少し違いますが、おそらくミステリーかノンフィクションのジャンルでいずれ題材として扱われるのでしょうね・・・

  • 人間としての愛情や理性をもって生まれてこなかった、サイコパス。自分の近くにも生息している可能性があるのかと思うと怖くなった。残虐する場面などは想像すると震えたが、それ以上に伝わるものが多い、考えさせられる作品だった。

  • 実際にあった事件をベースにしたミステリー。
    とにかくグロい表現が随所に散りばめられてて、そんな小説に慣れてても読むのが少し辛くなった。でも読むことを止めることができない。奇妙な読書体験だった。
    人を支配することに長けた、こんな人間はたしかに存在するのだろう。周りで巻き込まれる人もいるかもしれない。そう思わせる迫力があった。
    この事件のノンフィクションも読んでみたくなる。

  • どんな酷い殺人だって、理由があれば安心できるということに気付かされた。理由なき残虐性は、後引く怖さ。

  • 時系列がずれてることになかなか気づかず、え?あれ?って思って読まされました
    が、最後が論詰めで無理やり結末に持っていった感が大きかった
    まーよくもそこまでえぐいこと書くなぁって思ったけど、実際の犯罪ってもっと酷いんだろうなと思う

  • おお…何の予備知識も入れずに読み始めたら…何とあの北九州事件がモデルやないですか!びっくりした!辰吾達の話とどう繋がっていくのかワクワクしながら読み進めたら、意外で面白い展開になりニヤけた!
    終わり方は…やっぱり新堂冬樹さんの『殺し合う家族』の方がダントツで良かったけど(笑)

  • 北九州一家殺人事件を元にしたフィクション。あの事件関連はいくつか読んでるけど、小説にするとこんな変化を起こすのか。ほぼ一気読み。

  • 北九州の事件をある程度ネットで調べたことがあり、前知識があったとはいえ、かなりの描写にグラグラした。人間はこんな残酷なことできるのかとか、そんなにマインドコントロールされてしまうものなのか、とか考えてしまうけど、実際に起こっているわけだし、自分もいつかその世界に巻き込まれてしまったらどうなってしまうのか。怖い。

  • よくもまぁなにが楽しくてこんな小説を書いてしまうのか。      
    良い子に悪影響を与えてしまったら困るし、悪い子が触発されてしまったら大変だ。    
    発禁焚書に処すべき(※個人の感想です)。          
    ただまぁ過去の事件事故災害等決して風化させてはいけませんね。    
    そんな教訓のために書いたのかどうかは知りませんが。

  • 背表紙のアウトラインをちらっと見ただけで、深く考えずに読み始めたところ、ずぶずぶと底なし沼に沈んでいくような息苦しさが続く展開でした。面白かったというのは語弊があるけれど、読むのを止められない力のある1冊でした。読み終わってからタイトルの意味を思い、まさに、な内容です。

  • いろんな価値観、いろんな立場で常識って多様性を持つなぁと思った。それによって他人を貶めることもできれば、救うこともできるのに。

  • この本が出たのを知った時 すごく読みたいと思って買ったのに 今度はどの本読もうかなと選ぶ時 なんども手に取り パラパラしながら 今日はこういうハードなのはちょっとムリかなぁと 1日伸ばしにし やっと決心して読んだ。
    いやー かなりの気持ち悪さ。
    もともとこういうジャンルはキライじゃないけど このところはあんまり欲してなく 昔は読まなかった恋愛ものとか ほっこりしたものとか読むようになってて だから余計ハードに感じたのかなぁ。
    何より これが実際にあった事件で しかもそう遠い昔ではなく まだ記憶に生々しい分 余計ハードだった。
    ただ辰吾がサンコート町田の部屋に踏み込んでから ちょっと事件の方向が変わってきたような。混沌としてきて 最後は真相は闇の中みたいな…。最後の最後に小倉聖子が出てきたのも なんか意味あるのかなぁ。わかんなかった。
    だれか教えてー 笑。
    とにかく一生こういう輩とは かかわりあいになりたくない。それに尽きる。

  • 北九州監禁殺人事件を下敷きにした小説。
    残念ながら、実際の事件が持つ凄まじい異常性を物語として超えようとする意気が空回りして、却ってリアリティを損なっている感が否めない。
    特に、事件の真相をある登場人物の語り一つですべて説明してしまったところで心が離れてしまった。(しかも、無口な人物という設定なのにこのシーンで突然多弁になる)
    キャラクター描写は魅力的で文体・構成も読み進めやすかっただけに悔やまれる。

  • サイコパスに囚われた女性二人が保護される。彼女らの証言と並行して進む物語から犯人の残虐さが浮き彫りになる。あまりにも残虐過ぎるのでオススメしない。誉田哲也好きならどうぞ。拒否しても途中でやめられなくなる。

  • これは、読まない方が良かったかも。

    おぞまし過ぎて、残虐を超えた恐ろしさ。
    これが実話を元に書かれた小説だと言うのだから、信じられない。
    気分が悪くなるレベルを遥かに超えてる。
    そして、読者の想像に託された結末。
    人間はここまで残虐化出来る生き物なのかと、悲しい気持ちにもなった。
    自分にはエグ過ぎて向いてない。
    なので、評価などしないのではなく、出来ない。

    と言いつつも、最後まで読んでしまったと言う事は、やはり誉田氏の引き込む力が凄いのでしょうね。

  • 映画でみたクリーピーに似てる……

    サイコパスの人格が長期の虐待によって他へと感染する。
    重たく、グロいがあくまでも第三者的に語られ、警察や第三者(といっていいのか)の目線しかないため淡々としており、言い方が悪いかもしれないがスルスルと別次元のものとして読める。
    そして先が見えなくてきになるストーリー運び。

    怖い話だった。
    何が怖いってこれ、参考にした事件をみてみたらマインドコントロールの方法とかほぼそのままで、恐ろしすぎる。

  • 著者の作品は今回で2作品目。前回『幸せの条件』を読んでとてもハッピーな気分にさせてもらった。気分爽快な読後感だった。今回はとてもおぞましく不快な物語だった。モデルになってる事件があるらしくそちらもネットで検索してみた。とにかく残虐でおぞましい内容だった。すごすぎてサクサク読めちゃうけど文庫片手に食事は出来ない。

  • 事前のレビュー確認だと「グロい」「気持ち悪い」みたいなモノが多くありましたが、読んだ結果、その感想は間違ってはいませんが、久々に誉田哲也らしい「グロさ」があったと思いました。なので、レビュー通りではあります。

    (そういうのが苦手な人は読まない方がいいでしょう。)

    ただ、最後が私の感覚としては珍しさを感じました。結局、三郎はどこへ行ったのか、どうなったのか。こういう余胤を残して終わるのは彼の作品の中では珍しい印象です。

  • 人間の行ったこととは思えない惨たらしさに身震いした。
    そして暗く危ない淵に無意識に身を乗り出して覗き込んでいる自分の姿に気づいたとき何よりの恐怖を覚えた。

    正直に言って読後はかなりキツかった。
    これから数日色々と考えてしまって何も手につかなさそうだ。

  • 何年か前、実際にあった事件がもとになっており
    読むほどに気分が悪くなる。

    が、最後がどうなるのか、どんなトリックが仕組まれているのか、それがわかるまでやめられない。
    結果は、すーっと終わった感じ。
    もうちょっとインパクトのある終わり方を期待していた。

    全体的に無駄な文が多い。
    挨拶とか何を食べたかとか、ストーリーに影響しない部分は省いた方が、テンポの良い展開になると思うが…

全61件中 1 - 25件を表示

ケモノの城 (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ケモノの城 (双葉文庫)はこんな本です

ケモノの城 (双葉文庫)のKindle版

ツイートする