ケモノの城 (双葉文庫)

  • 173人登録
  • 3.30評価
    • (3)
    • (6)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 誉田哲也
  • 双葉社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575519952

ケモノの城 (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小説は登場人物の心情や状況や諸々を想像しながら読むわけだが、悪魔的なことを想像してみるのはなかなか恐ろしい。自分自身の知られざるそういう一面に気づいてしまうとか。氏の作品には時々そういう恐ろしいものがある。これが、武士道シリーズも書くんだからずいぶん多才なことだ

  • 麻痺の始まりはには気づけない。
    麻酔とおなじ。

    気がついた時にはすべて終わった後で。

    動物としての人間とは、
    らしさの概念は誰が決めたことなのか。

  • あのおぞましい北九州監禁・殺人事件がモデル。途中まではまるでホラーのごとき展開。実際にあったとされる残虐行為のグロい描写は、耐性のない人には辛いかも。長期にわたる虐待によって、いつの間にかそれを受け入れるようになってしまうという人間心理が、一番怖いと感じた。

  • かなり引き込まれた。あまりやったことがなかったが、一気読みしてしまった。表現などは、かなり残酷で、結構残酷な映画のようであった。ある意味、面白かったが、ちょっと調べると、北九州の極悪監禁事件を元ネタにして小説にしただけのものだったので、残念。

  • 闇金ウシジマくんの洗脳くんのミステリー版みたいな感じ。洗脳された女(被害女性)の証言を元に、捜査を進め、洗脳した男(加害男性)を探し出す話。女の証言に、刑事も私も振り回された。関係のない2つの話が途中で結びつき、徐々に伏線が回収された。最後の方は何回も騙され、ミステリーとしてとても面白かった。

    誉田哲也さんの本は描写がグロテスクというか、こわくて苦手。やっぱり、この本も他に違わずグロテスク。暴力シーンは本当に怖くて少し読み飛ばした。多分、情景描写が細かくて丁寧でわかりやすいから、容易に想像できてしまうのでグロテスクと感じるのだろう。

  • おぞましい。
    おぞましすぎてさっさと読み終えたくなって、一気読み。
    一応救いはある。復讐の部分を多めに書かれていたら、もう少しましなのではないかと思う。でも、それを書いていたら誉田作品ではないような気がする。

  • おぞましい物語である。
    フィクションなのかノンフィクションなのか・・・
    ありえない、考えられない、表現・・・

  • 非常に気持ち悪いことで印象に残る。描写もうまく、その具体的な文章が何かの折に思い出し、そういった意味で忘れられない小説になりそうだ。

  • 誉田哲也『ケモノの城』双葉文庫。

    文庫化されたので再読。

    これまでの誉田哲也の作品とは全く風合いの異なる恐ろしい内容の小説。2002年に発覚した日本犯罪史上稀に見る凶悪事件である北九州・連続監禁殺人事件に触発されて描いた小説らしい。

    再読してもなお、とてつもない恐ろさと不安を感じる物語だった。少しづつ明らかになる凄惨な事件の全容、期せずして事件に巻き込まれてしまう辰吾…

    具合が悪くなるようなグロく、恐ろしい描写が続き、これが本当に誉田哲也の作品なのかと疑いたくなる作品だった。ここまで徹底的にサイコパスを描いたフィクションというのは、なかなか思い浮かばない。冨樫倫太郎の『SRO』で描かれる近藤房子も、新堂冬樹の一連の吐き気をもよおすような作品も全てぶっ飛ぶほどの恐ろしい作品であった。

    そして、不安な余韻を残すラスト…

全9件中 1 - 9件を表示

ケモノの城 (双葉文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケモノの城 (双葉文庫)はこんな本です

ツイートする