君に出会えた4%の奇跡 (双葉文庫)

  • 23人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 広瀬未衣
  • 双葉社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575520019

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

君に出会えた4%の奇跡 (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

  • 驚くような展開は無かったが、読みやすい青春ものとして楽しめた。これから本を読みたいと思っている中高生向けかな。
    あらすじ(背表紙より)
    ひとつきに二度、満月が見られるブルームーンの7月。結婚を控え、数年ぶりに京都に帰った灯里は、自宅で高校2年の祇園祭で作った小さな提灯を見つけた。そこには薄らと“コウ”と書かれた跡があったが、灯里はコウのことを思い出せない。17歳の7月に、忘れてはならない何かがあったのか?灯里は青い月に導かれるように、祇園の街に足を踏み入れる。そこには、たしかにコウがいた…「もしこちらの世界にもう一人の僕がいたら、必ず君を見つけるよ」宇宙の神秘に隠された奇跡を描いた物語。

  • 「祇園」に惹かれてつい買ってしまったけど、うーん。
    主人公に共感出来ず。出来ないというか、17歳の灯里と25歳の灯里が違う人のようでいちいち腑に落ちない。
    オチも予想できるし、京都が舞台である必要もない。
    妖、京都、本屋、飯屋を題材にしたら、そこそこイケるという感覚はもうやめてほしいなぁ。まぁつられて買ってしまうのだけど・・・。

全2件中 1 - 2件を表示

君に出会えた4%の奇跡 (双葉文庫)はこんな本です

ツイートする