猫が足りない (双葉文庫)

  • 19人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 沢村凜
  • 双葉社 (2017年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575520385

猫が足りない (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなか面白かった。でも、女性にはあまり共感できなかった。

  • 私の好きなタイプの沢村凛さん作品とは
    ちょっと違っていた。

  • ミセス不機嫌こと四元さんはエキセントリックで、本作においては個性的なキャラではあるものの、不思議とインパクトが強く感じられず。

    結局、四元さんが関わるのは事件の導入〜序盤が主で、その中核にいないから? あるいは、各事件の“個性”が「猫が関わっている」という点の、それ以上でも以下でもない存在感の微妙さが故?

    いずれにしても「黄金の王〜」「瞳の中の〜」を著した作者の作品としては、ちょっと物足りない感があります。

    ただ、あとがきにあった「悪漢小説(ピカレスク)」としてのキャラクターとして四元さんを思いついたというのは興味深いところ。悪漢というにはちょっと斜め上な四元さんを描いた点が、次回作以降における良い意味での予想のつかなさを予感させてくれる気がします。

  • 就職浪人となった男が迷探偵となるお話。
    猫好きでなくても、普通に楽しめる連作ミステリ。

全4件中 1 - 4件を表示

沢村凜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
宮下 奈都
村山 早紀
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

猫が足りない (双葉文庫)はこんな本です

ツイートする