徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)

  • 362人登録
  • 3.58評価
    • (15)
    • (45)
    • (52)
    • (6)
    • (0)
  • 42レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 双葉社 (2013年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575666168

徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回ははでな斬り合いのシーンは無い代わりに、霧子の回復を中心に磐根のまわりの人物達がそれぞれにあたらしい生き方を見つけようという展開、長い連載において作者の巧みな展開に一気読み。すこしマンネリ化したシーリーズだが、自作が楽しみになった

  • 胸のすくようなチャンバラシーンも特になく、様々な人が少しずつ顔を出し、全体的に意地を張らなくなりつつある。
    あれだけイライラさせられた武左衛門が物わかりを示し、霧子も一人の女の顔を見せ、弟子達も旅立ちを考え始める。
    確実に物語の大団円に向けての準備が始まっている。

  • 居眠り磐音江戸双紙43~霧子は毒矢を受けて一命は取り留めたが,夢の中を彷徨っているようで目を覚まさない。小梅村へ帰ってきたが,皆が心配する中,磐音は三七二十一日の型稽古で快復を祈る。それを知った利二郎も辰平も稽古に加わった。稽古納めの日,利二郎を相手に霧子に向け,気を放つと,霧子の閉じていた目が開かれた。今津屋からは山形の奈緒の夫が事故死した知らせで,関前藩主から下げ渡された150両の半金を為替として送った。更に,出稽古に通う紀伊徳川家から500両を受け取り,道場の増築を決意する。辰平の思い人で福岡の豪商の娘が春に江戸へ来ると聞き,辰平には紀伊藩からの士官の声が掛かる~空也が小田の訛りを真似て可愛い

  • 霧子が助かってホッとしました。
    ますます磨きがかかる磐音さまの剣の腕、
    人としての奥の深さ、
    今後の展開がまた楽しみです。

  • 2月-10。3.0点。
    霧子の回復物語。前巻で毒矢を受けた霧子。
    死線を彷徨うが、復活へ。
    田沼意知が急遽里帰りするが、謎は次巻以降。

    相変わらずの動きの遅さ。

  • 170115読了

  • 霧子、復活―!!

    武左衛門がようやくしっかりしてきて、修太郎も打ち込むことを見つけられたみたい。これで一安心・・・と思ったら、今度は佐野善左衛門!こういうダメ人間がいたほうが面白いのかな。

  • 弟子とか、子供世代の成長が著しいですね。
    敵が比例して成長するというか、強くなるわけでもなく、ちょっと緊張感に欠けてきた気がします。
    田沼の息子の行く末も、史実としてわかっているので、脅威として考えづらいのもちょっとね。
    シリーズとして長くしすぎたのかなぁって感じです。
    田沼親が死ぬところをクライマックスにして、そこら辺でまとめていれば良かったのになぁ。

  • 2016.6.23完了
    霧子目覚めから歩くまで

  • 2015/10/8
    ちょっと退屈な1冊。
    霧子が回復していくのはよかったけどそれ以外は短気な佐野氏への田沼の工作とか身分や人間関係の説明とかめんどくさいね。
    あと奈緒もなーもういいよなー
    早く佐野っち暴れないかな。

全42件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

徒然ノ冬-居眠り磐音江戸双紙(43) (双葉文庫)の作品紹介

師走の空に奴凧が舞い、江戸に年の瀬の風情が漂う頃、小梅村の坂崎一家と尚武館の門弟衆は、田沼一派の手にかかり矢傷を負った霧子の回復を願う日々を送っていた。幕閣内では田沼意知が若年寄に昇進し田沼父子の権力が頂点を極める中、磐音らは未だ眠りから覚めない霧子を小梅村に移送するため若狭小浜藩江戸藩邸を訪れるが…。超人気書き下ろし長編時代小説第四十三弾。

ツイートする