弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)

  • 332人登録
  • 3.54評価
    • (15)
    • (33)
    • (56)
    • (3)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 双葉社 (2014年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575666724

弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっと、田沼親子の終着が、見えてきた。
    田沼意知 暗殺で、世の中が変わって行くのか!
    暗殺者、佐野善左衛門 28歳の乱心として、切腹の沙汰になったが、赤穂浪士の四十七士と同様に、葬られた後、参詣の人々が絶えなかった現象が、起こっていた。
    それだけ、田沼家の力のへの反感と、天明の飢饉という背景が、この時代にあったのである。
    物語は、佐野氏を裏で指図した者の正体を、どのように消滅させたか、、、、
    そして、利次郎と辰平との合同祝言をするに至っての準備など、、、、磐音から、巣立って行く弟子の行く末。
    最後に、奈緒が、どのように、江戸にたどりつくか、、、、

    後4巻に、磐音周辺の人物が、皆、現れて、巣立って行くのであろうと、思う。

    上弦の月(右半分が、化化焼いて見える半月)が、弓張り月という事を、この本で、知った。
    第1巻の「陽炎ノ辻」から、色々出たけど、『月』はまだ出ていなかった。
    次は、何になるのかな?『華』とか、、、、
    題名も、気になる。
    次回も、楽しみ!

  • 3月-9。3.5点。
    とうとう大きく動き出した物語。史実にある程度忠実に。
    田沼派の今後と、松平定信の動きがどうなるか。

  • 20170122読了

  • 佐野善左衛門がー!!
    磐音VS田沼はどう決着がつくんだろうなぁ・・・。どこまで史実に基づいているのか知らないけど、豊後関前藩は架空の藩だし・・・。スカっとは終わらないのかも。

  •  8冊 10/18~10/24(東図書館) 残りわずかになってきた。

  • いよいよ、その日です。
    ここまでが主人公の政争といえるところでしょうが、佐野のエピソードの書かれ方に独自性がありましたね。
    これからは後片付け的な話になるのかなぁ。
    あまりだらだらと続かなければいいんだけど。
    ……ま、気にかかる人達が何人かいるので、それぞれ片をつけるのに何冊かはかかるのかな。

  • 2016.7.9完了

  • 田沼意次の嫡子の田沼意知が刃傷沙汰で殺害された。
    意次の権力に陰りが見えてきたところが、このシリーズの終焉を感じさせる。

  • 2015/12/15
    いやもう何がなんだか…
    松平さんいっぱいいすぎて。
    ついに事が起こったのだけど政治的な説明が多すぎてついていけん。
    そういうのいいねんけど。
    笹塚孫一さんの言葉だけちょっと胸がすいただけ。
    平助さんもほとんど出てこんしつまらん。
    奈緒も江戸に来るんだって。
    利次郎と辰平の合同結婚式するんだって。
    あんまテンション上がらんけど諸々どうすんのかね。
    いっそ早くゴールしたい。

  • 2015.8.1

全37件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

弓張ノ月-居眠り磐音江戸双紙(46) (双葉文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする