竹屋ノ渡-居眠り磐音江戸双紙(50) (双葉文庫)

  • 268人登録
  • 3.64評価
    • (11)
    • (40)
    • (32)
    • (4)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 双葉社 (2016年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575667585

竹屋ノ渡-居眠り磐音江戸双紙(50) (双葉文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 50巻51巻を読み終えると磐音ともお別れかと思うと寂しさも増します。
    尚武館の再興、強敵との立ち合い、旅立つ門弟や家族、成長する子供たち。
    特に空也の成長著しいのには目を見張りました。
    磐音とは違う器の大きな剣士に成長していくのでしょうね。
    願わくば、空也の物語も読んでみたい。

  • 4月-3。3.5点。
    居眠り磐音50作目。
    新尚武館落成。その前に磐音と空也が将軍家斉に接見。
    佐々木家の秘密に気付く。
    11年越しの剣者と、磐音が対決。

    だいぶ年とったね、磐音。空也の時代へ。
    次巻でとうとう大団円。

  • 土子順桂との対決よりも、金兵衛さんに感動。
    お父っつぁん、ご苦労さまでした

  • 2017.2.15

  • 170204読了

  • <居眠り磐音 江戸双紙>シリーズ第50弾。
    ついに磐音シリーズも50巻かぁ。
    あと残す所一冊…。


    空也が大きくなって白山がいなくなって…。
    そして念願の再興が成った。
    新しく腕の立つ爺様(向田氏)も増えて(いや、復帰?)どちらの尚武館もこれで安泰、と読む手が止まらない。

    しかし、相変わらずの故郷の実高氏は磐音頼り。
    いや坂崎父子頼り。
    そこまで?と思ってしまう。
    いつも問題を磐音に解決してもらって、それでいいんかい?と言いたいが(笑)
    どこまで磐音におんぶにだっこ?
    磐音パパも、隠居させてあげてよーと思う。
    実高氏、味方少ないんじゃない?
    人望あるのん?
    頼りになるのは坂崎父子だけって…どうなのよ。
    まぁ、そこまで想われるっていう磐音の人柄とか、それこそ人望とかそういう色付けなんだろうけど、磐音が藩を出てもう何十年だよ。もう判ってもいいよね、磐音にも磐音の人生あるって…と思わずにいられない。
    作者は、本当に磐音が好きなのね。

    ところでラストの方で、向田氏を訪ねてきた富十郎氏がひと波乱起こすのかと思いきや、ただの人違いでしたで終了って…。
    これ、必要だったの?
    それとも伏線で次巻に落ちがあるのかしら。


    今回、全編通して金兵衛さんが危ないアピールしてきて、嫌な予感がしてたら亡くなってしまった。
    昼寝するってのがもう「それフラグ!」と叫んでしまったよね。
    人は死ぬものですけど、ここまで長く続けて愛されてきたシリーズの主要人物を、死なせてほしくはなかったな。
    泣いたよ。
    金兵衛さんを亡くしたからこそ、父を見舞うために帰郷する気につながるんだろうけど…。

    どてらの金兵衛さん、お疲れ様でした。

  • あーあの時磐音さん読んでた、あの時だったかな、あんなことあったのは、なんてまるで私の人生、磐音さんと一緒だったような錯覚に陥る。磐音さんのこと家族でよく話すけど、
    最後のオチは、「いえいえ、磐音さんいませんからー」。
    金兵衛さんいいなあ。あやかりたい。と共に、とにかく佐伯さんのすごさに感服。あー磐音さんの次何読んだらいいかな。

  • ラストにもうダッシュ。。


    金兵衛が…理想だね、娘や孫に囲まれて、大往生って。看病させて欲しいなぁと思うおこんの気持ちも分かるけど、あっさり、苦労させじに逝くなんて。あの場面だけで号泣です。

  • 2016/9/25
    さあ最終盤。
    みんなの近況をなぞる感じ。
    道場を取り戻したり結婚したりみんなハッピーに収まるところへ収まる。
    でも金兵衛さんが…
    あと磐音の旧藩はいい加減にしたまえ。

  • いよいよフィナーレ、1巻で収容しきれず次の51巻でフィニッシュです。思えば遠くへ来たもんだノ感じ。

全33件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

竹屋ノ渡-居眠り磐音江戸双紙(50) (双葉文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

竹屋ノ渡-居眠り磐音江戸双紙(50) (双葉文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

竹屋ノ渡-居眠り磐音江戸双紙(50) (双葉文庫)の作品紹介

梅香が漂い、霊峰富士を望む小梅村が柔らかな陽射しに包まれる頃、尚武館坂崎道場では、晴れて入門を許された空也をはじめ、多くの門弟衆が稽古三昧の日々を送っていた。そんな折り、道場主坂崎磐音宛てに、遠州相良より一通の書状が届く。時を同じくして、幕閣に返り咲いた速水左近が下城の途次に磐音のもとを訪れ…。超人気書き下ろし長編時代小説第五十弾。

ツイートする