この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

  • 1830人登録
  • 4.33評価
    • (380)
    • (210)
    • (121)
    • (7)
    • (3)
  • 216レビュー
著者 : こうの史代
  • 双葉社 (2008年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575941463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
こうの 史代
有効な右矢印 無効な右矢印

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 映画、文庫、漫画・・・

  • こども時代の出会いから、あっと言う間に嫁ぐ日に。

    書き込みの少ない、モノクロの絵柄なので、登場人物がだれかをよく把握しないままに大人になっていきます。

    日常があり、その日常とは戦争中である、ということ。

    説明されてわかったような気持になっても、今を生きる私には、本当の意味でわかるはずはありません。

    どんな時代にも、日常を生きるひとがいて、
    時代がどうであっても、その瞬間を苦しく生きるひとも楽しく生きるひともいることを、読みながら深く感じます。

  • 映画が話題だったので気になっていたのですが、その原作本を読む事ができました。
    本当に面白く、切なく、楽しく、ツラく、心に沁みる話で名作だと思います。

    登場人物たちが意外と狭く、複雑に関係しあう伏線がそこここにあり、読み返してもハッとさせられます。

    戦時中、苦しい時代・世界・現実をほんわかとした画と主人公でほのぼのと読ませるところがすごい、と思いながら読んでいたのですが、そのほんわかの中で戦時中の歪んだ世界観を描き切り、逆に読んでいる我々にここまで苦しさを伝えることができる作者の力量に脱帽です。

  • 映画がとても印象的だったので漫画にも手を伸ばしました。
    全3巻の上巻。感想は下巻に。

  • 映画から入って原作を読みました。
    先にこの物語がどう進んで行くのかを知っているだけに、上巻の平凡で淡々とした暮らしがとても愛おしく胸が苦しくなった。
    表紙を開いて最初にある『この世界のあちこちのわたしへ』という一行の言葉は、今この世界を生きているわたしへと続いている言葉のように感じられた。

  • 上中下の3巻完結の漫画です。
    基本的に漫画はレビューに掲載していなかったのですが、この作品は特別に。2009年に読んでいましたが、改めてブクログのレビューに掲載します。

    映画が2016年に公開され、第40回 日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞を受賞しました。

    リアリティに溢れており、漫画も映画も是非見ることをお勧めします。


    以下、別のサイトで掲載していた私のレビューを再掲。

    戦時中の広島~呉を舞台に、一人の女性とその家族の生活を描いた作品です。

    各話の題名が「●年◆月」となっており、終戦へとカウントダウンに向けてドキドキしながら読んで行きました。

    ほのぼのとした絵柄で些細な日常を描きながらも、次第に貧しくなっていく生活、厳しさの増す戦況、空襲や原爆、生と死について綴られているのが、とても印象に残りました。

    「何が人の幸せなのか」を考える一つの良いきっかけになるかと思います。

  • 帯文:”日本中で大反響!!” ”生きるっていうだけで涙があふれてくる作品です(主演声優のん)” ”感動が日本全国へ拡がっています”

    目次:冬の記憶(9年1月)、大潮の頃(10年8月)、波のうさぎ(13年2月)、第1回 18年12月、第2回 19年2月、第3回 19年2月、第4回 19年2月、第5回 19年3月、第6回 19年3月…他

  • この世界の片隅には映画ですっかりすごいことになってしまったけど、漫画版が元からとても好きで、こまこました日常を少しずつ追っていくのがすごく楽しくて、なので映画は確かに映画でよかったのだがやっぱり限られた時間の中でまとまりかいいように山なりなんなり作ってエピソードも取捨選択しないといけないので、ちょっとどうしてもうーんこれは泣かせにきてるぞとか陳腐になってしまう部分が出てきたりして難しいなあと思う、ていうか映画版で「見てて結婚したくなる映画をめざしました」的なコメントを聞いたときにはあ…?と思ったのはこうの史代作品は男の人と恋愛してメロメロになってることを絶対礼賛してなくてどこかで醒めた目で見つめてる時があると思ったからなんだけど、なのでりんさんの下りをあんな削り方したのは本当に何だったんだろうとわりともやっとした。良かったんだけど………
    映画のことばっか書いてしまった。
    やっぱり漫画がすきなので漫画読んでみてほしいです

  • 上中下読了。中巻あたりから感動ポイントが急増してきた。戦争、原爆のころの広島が舞台だが、「それでも生きていく」ってこういうことなんだなと。そういう意味では井上ひさしの「きらめく星座 昭和オデオン堂物語」とも通じるか。戦争の重苦しさと、日々の身近な様々な問題たちと、同時に日々の小さな喜びと。そういうもので成り立っている私たちの小さな人生。なにより主人公のお人柄が超ステキ。

    ・どうしようもない悲劇
    ・昔は今以上に嫁入りが早かったし、婚家に入ってからの人生のほうが断然長い。しかも結婚は自分の意志とは無関係に決まったりするし、核家族でもない。なんとなく現代の見方ではそれをお嫁さんにとっての「耐え難い苦難」としてとらえてしまいがちだが、そのころはそのころで、当然ケースバイケースとはいえ、こんなふうにお互い歩み寄りながら家族になっていったんだなとポジティブに感じ取れた。そして期間は短くとも実家で過ごした幼少期に築いた関係性や思い出の濃さ。どちらも持てる女性のほうが得かもしれない。
    ・旦那の元恋人が気になったり、自分の初恋の人が登場したり。
    ・遊郭のお姉さんとの会話、友情もハッとするシーンがいろいろあった

  • 上巻。舞台は広島県広島市から呉市へ。昭和19年7月まで描かれているが、ほんわかしている主人公すずの醸し出す雰囲気からか、悲壮感よりも、日々をそれなりに生きていく感じが強い。
    反面、戦争があたりまえになっているという怖さもあるが。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  •  映画を観たときには,「戦争当時であっても,その時代を有意義に生きるために,前向きな考えを持っていればよい」というメッセージ=「人の主観的な考え方次第でどうにでもなる」と取れなくもないような雰囲気もあったのですが,元になった本書を読むと,戦争に翻弄され,でも,元気に生きようとする主人公すずの姿が浮かびあがってきて,決して,当時をそのまま受け止めるしかない…というような雰囲気ではありません。
     映画を観た人は,是非,この原作も読んでください。

  • 主人公すずの人生を追いかけることで、戦時中の生活に焦点を当てて描いた作品。映画版を見てよかったので原作が気になって読み始めることにした。
    映画を見て結末を知っていたり、様々細かな部分の情報を得てしまっているので正統に判断しにくいが、この序盤の読後感として、やはり基本的には戦時であることをあまり意識できない作りになっているように思える。しかし、徹底して調べて書かれているがゆえに、意味が分かり、意識をすればするほど紛れもなく戦時であることを知覚せざるを得ないように思う。この部分が絶妙。
    戦争が「背景」となる描写。「一人の女性の嫁入り生活を描く」といっても、そこには必ず背景がある。戦時であれば戦時の生活がある。誰もが知っていることだけれども、つい意識できない点。そこを意識の中心に持ってきてくれる作品として、ぜひ触れてもらいたい。

  • 映画があまりにも素晴らしく、原作漫画を購入。ほのぼのとした小さな世界の美しさ、楽しさ、明るさが戦争へと向かっていく大きな世界の醜さ、暗さら、残忍さを描く。イマココへの絶対的な肯定を細部までのこだわりのなかで描く作品。何度読んでも新しい発見のある深い名作。

  • いいよいいよ、と言われ気になり購読。

    戦時中の日常。
    どんな暮らしをして来たか。
    幸せなこと、大変なこと、タイミングで分かれる生死、その中にあった普通の暮らしと、人との関係の中での心の動き。

    特別な過去にしていたのは私で、普通の暮らしがあった。
    気づいたら戦争で、みんなそこに抗えず、抗わず、とにかく生きていくしかない。

    今だってそう、同じ。
    この環境の中で生きていくしかない。

    過去や未来を思うばかりでなく、今を生きるしかない。

    ものすごく好きな作品だった、映画も見たい。

  • 感想は下巻に。

  • この人のレトロ感が好きだ。

  • 当時をまんが媒体で保存するのが目的なのでしょうか。「まちがっていたら、教えてください」というのに、「逃げ」ではない「信念」を感じました。
    P104 さようなら広島…この後を知っている身としては、なんともやるせない気持ちになります。記憶すべきカットが3つくらいしかないのは、読者へ集中して欲しいからでしょうか。

  • 人からもいい映画だと勧められていたし、妻も見たがっていたので久々に妻といっしょに映画を見た。暗い戦争中の時代を描いたもので、広島から呉の周三の元に嫁いでくる主人公のすずの不幸や辛い身内の死もあるが、すず(主人公)の天然さにまわりの明るさ、愛が加わって戦争中とは言えほのぼのした気持ちを見る者に抱かせる。号泣はしないが、ほろっとさせられるところもある。ただ、映画を見ていてちょととわかりにくところがあった。すずが迷い子になったとき助けてくれた遊郭の女りんがその後どうなったか、りんと夫の周三との間にはなにがあったのか、すずの幼なじみの哲が軍の休みといってお風呂を兼ねて一泊しに来たとき、周三はなぜ哲が寝ている離れの部屋にすずを行かせたのか。あれは単に幼なじみ通しに夜通し語らせるつもりだったのか。すずの妊娠騒ぎがあったが、あれはどうなったのか等々。それで漫画の方を読んで見た。そうすると上の疑問がほぼ氷解したのである。要するに漫画は大人版、映画は万人を相手にした拡大版なのである。映画の一コマ一コマの細かな描写は漫画以上だが、物語を深く味わうにはやはり漫画の方を読んでみなくてはいけない。

  • 感想は下巻で…
    4歳年上の見も知らぬ男性(北條周作)に望まれ嫁いだ浦野すず。
    昭和19年(1944)に広島市から呉市へと嫁いだ18歳のすずの 戦時下の日常。
    ㊤巻はすずの幼少時のエピソードと結婚から始まる恋愛。

  • もともと大好きな作家さんなので、読もうと思っていましたが、今回は映画を見てから、原作を読むことにした。
    こんなに評判になるとは予測していなかったけれど(^^;。
    でも、それで正解だったな、と思っています。
    映画のほうが、盛り上がりなどに時間をかけて、情感が伝わりやすいようにできていて、原作は、細かなエピソードやこぼれ話が丁寧に、かつ淡々と描かれていた気がします。

    戦争ものと言えば、もちろんそうなのですが、自分の存在意義に悩む等身大の主人公が、夫や夫の家族、近所の人たちとの関係を含め、自分の居場所を探す物語ともいえて、それは普遍的なものとも思います。
    すずは晴美さんと右手を失いますが、それでも、彼女の居場所は世界の片隅にあったのだと。
    戦争に負けて、原爆を落とされて、実家と妹に訪れるだろう苦難も含めて長い苦しみが続きますが(このあたりは『夕凪の街』に描かれる)、そんな人たちにも居場所はあるわけです。
    生きていくのだ、という、強い力を感じました。

  • 最近話題になっているので再読したくなって、ついでに感想を。
    広島暮らしの主人公すずさんの、小さいころから結婚して呉で暮らすあたりまで。
    毎日をしんどいながらもそれなりに楽しく過ごす様子がいいですね。(´∀`*)

  • 全3巻。漫画と映画比べるものでもないけど、個人的には映画のがよかった。漫画を先に読んでいたら、おそらく映画を観ようという気にはならなかったと思う。映画から入った人と漫画から入った人とではずいぶん印象も違うんだろうけど。

全216件中 1 - 25件を表示

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)はこんなマンガです

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)のKindle版

ツイートする