冬の日の編みもの

  • 187人登録
  • 4.31評価
    • (22)
    • (15)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 三國万里子
  • 文化出版局 (2012年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (91ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784579114146

冬の日の編みものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恵美子より借りる

  • 【訂正について】★★
    私が2013/12/19に楽天ブックスで注文したものには、訂正紙が挟まれていました(第2刷)。
    訂正は6カ所。黒と赤の二色刷で見やすいです。
    なので、今から買う方はそれほど心配されなくても良いと思います。

    ただ、デザイナーや出版社を信じて、予約or発売直後に買われた一番のファン(三國さんのファン、編み物ファン)が最も損をする形になったのは残念でなりません。
    せめてこの訂正紙を希望者全員に無料送付するなどの措置を取った上で、次回以降の本ではきっちりと良い仕事をしていただきたいと思います。

    (…が、三國さんの最新刊「編みものともだち」でまた訂正が2つ出てるんですよね…がっかり。最近はゲーム業界でもとりあえず発売してもし致命的なバグが見つかれば後からパッチを当てればいいや的な風潮があるように思います。ユーザーがお金を払ってデバッガーもやらされているかのような。世知辛いなぁ(苦笑))

    【作品について】★★★★
    ベーシックな形のアイテムが好きなので、表紙のカーディガンとクラシカルアランセーターが良いと思いました。あとフェアアイルの指出し手袋も、配色がとても良く、これも是非編んで身につけたい。
    三國さんのミトンは一目見て思わず笑顔になるような素敵なものが多いですが、私はスマホ依存症気味なので、指先の出せない手袋は、どんなにかわいくても眺めるだけ…もしくはプレゼント用になってしまうのが残念なところ(^^ゞ

    全体的にスケート場など寒々しい背景、白・灰〜紺の寒色系の画面が多いのですが、そこに時々色鮮やかな作品が登場して、見栄えも良いと思います。
    コーディネートでは、表紙の白いシャツとチュールなスカートなど、TOUJOURSが多数登場しているのが個人的にツボでした。

  • 私好みのものが多く,編みたいと思わせるものが多い。
    自分の技術はついていかないから,本と首っ引きになってしまうと思うが。
    そして,誤植は直してほしい。(地元図書館で借りたものは初版なので,間違えている。HPから印刷して,挟んでおこうか…。)

  • 着たいから編みたいって思える大物がたくさん載ってるとおもう。普通一冊で編みたいの一、二作品あれば良いけど、三國さんの作品はほんとに全部着たい編みたいと、心から思います。
    ただひとつ、こちらの本の残念な部分は、誤植が多いこと。私は偶然知れましたが、普通ならわからないと思います。本屋や編み物教室で告知するとか、謝罪イベントとか打たないと認知されないままになるのでは?訂正箇所が多すぎる。インターネットの自社ページにちょこっと載せるだけじゃどうなの?しかも冬の日の編み物で検索してもそのページヒットしませんからね。(憤慨されてるファンの方のブログがヒットしてそこから見れるような状態です)

    せめて今本屋に出てる分は回収して改訂版出しましょうよ。今本屋に並んでる分も全部誤植版です。
    そのくらい誠意を見せてもらえないと、本が買えないです。とくに編み物の本なんて高いし、誤植ひとつで出来上がるものが全く変わります。

    誤植なんて仕方ないわなっていう甘い甘い気持ちが伝わってくるだめな本です。中身も装丁も最高なのに、送り出す側が最低。

    以上。

  •  図書館で借りたが、予約から間が空いたため、またしても、何を編みたかったのか忘れてしまった。
     買わずに図書館ということはそんなに目を惹かれた作品がなかった、のは覚えているんだけど、ならどうして予約したんだったっけな…。おもしろいステッチがいろいろ載っているので、一応詳しく見ておきたかったんだったかな…。

  • 三國万里子さんの編み物本。単色の作品が多くて編みやすいかも。創作欲を刺激されます。

  • 編むのは難しい…。

  • 編みたいものがたくさんで、この本から7点編みました。編んだ数からすると、4冊の三國本のなかでいちばん好みだったみたいです。まだまだ編みたい!

  • 眺めているだけでも気持ちがふわっとなる編みものの本.
    一応編み方の基礎やステッチのレッスンも載っているし,編み図や解説も丁寧に読み込めばなんだかあたしでも編めるんじゃないかって気持ちにさせてくれる.実際,1本の毛糸からカタチができていく感じが本当にワクワクする.まずはマフラーから.次にさんかくのショール,目指すはアランセーター.この冬のたのしみ.

  • 観賞用に買ったけど、編みたいものがたくさん載っていた。
    初心者には少し厳しいかもしれない。

全17件中 1 - 10件を表示

三國万里子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三國 万里子
有効な右矢印 無効な右矢印

冬の日の編みものに関連する談話室の質問

冬の日の編みものを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冬の日の編みものを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする