朝永振一郎 見える光、見えない光 (STANDARD BOOKS)

  • 38人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 朝永振一郎
  • 平凡社 (2016年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582531589

朝永振一郎 見える光、見えない光 (STANDARD BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 前半は、身近な出来事から垣間見える粋人としての視点に、どきりとするエッセイ集。読みやすい。
    後半は、原子物理学についての考察が本格的で、少し難しかったが、学者としての使命と義務と責任に真摯に向き合っている姿が印象的だった。
    とても真面目な人柄なのだと思う。
    永遠のライバル湯川についての言及も、ちらりと見えて面白い。天才を前にして秀才は悩み、同じだけど別の道を、しかし確かな歩みを進める。
    岡潔や中谷宇吉郎の名が出てくるのは、シリーズとして上手い。

  • うーわわわ!ものすっごく親しみやすい!!
    最高に大好きな科学随筆だ。STANDARD BOOKSシリーズで一番好き。
    表題の「見える光、見えない光」は高校生が物理を勉強する前にまず一番に読んでほしい名文。本の構成もよくて、身近な出来事や暮らしの話題に始まって、わくわくする科学小話があって、最後に原子核と原子力についての深い思いに触れるというシンプルで素直な構成が優しい。

  • 三年前に『物理学とは何だろうか』に挑戦して、あえなく敗退した自分のレビューを見つけてしまい、ちょっと恥ずかしい。

    スタンダードブックスシリーズ、第1期完結。
    しかし、この人、随筆上手い!

    引っ越した先で馴染めず、近所の猫と喧嘩ばかりするのだけど、ついに喧嘩相手が車に轢かれ、ほどなくして自身も車に轢かれてしまう「ねこ」の話。

    家に来る小鳥のふんから、どんな樹が育つかを観察した「庭にくる鳥」。
    こうした、日常を見る視点も面白いのだが。

    副題になっている「見える光、見えない光」や「物理と哲学と政治」から一気に原子力について重みを持って書かれる科学的な話には、グッと引き込まれる。
    決して難解ではない。
    言葉の選び方が上手いのだと思う。

    ノーベル賞を獲るような人というのは、どこか常ではない感性や思考の持ち主なのかと思っていた。
    けれど、朝永振一郎が苦心して発見したことをあっさりと海外の研究者に発表され、そのことに落胆し、妬ましくさえ思うと書かれており。
    けれども、自身の仕事や立場を、自暴自棄から簡単に投げ出すことも出来ないとも触れている。
    こうした、人、の部分はきっと随筆という形態を取らなければ見えないものなのだな。

    「原子物理学者の行き方に三つの方法がある。第一は現在の事実には一切眼をつぶって、千年先のことを考えて純粋な研究をすること。第二は千年先の研究は抛って、現在のことに捲込まれ、正しいと考える主張を実現すべく己を無にして努力すること。第三はどっちつかずの立場で、適当に研究もし、現実の問題にも捲込まれない程度にタッチする。
    僕などは率直にいって、第一の方法が一番好きなのだが、止むを得ず第三の方法によっている。」

    「原子核物理から生まれた第一子が、原子爆弾という凶器であったことはきわめて不幸であった。原子核研究の本流につきすすむことは人類の進歩のためにやめることはできないことだと信じても、原子核物理から生まれ出た鬼子があまりに凶悪であるので、原子物理学者たちは、自分の研究結果の悪用がいかに不幸なものかと痛切に感じさせられている。なるほどこれは物理学にかぎったことではなくて、科学全般の問題である。」

  • 文章の上手い科学者の文章でも、やはり化学に関した文章が良い。

  • 請求記号 914.6/To 62

  • 物理学者が書いたエッセイということでなんとなく読んでみましたが、 この著者が実はノーベル賞受賞者というという事を知ってちょっとビックリ。

    書かれた文章は40~50年前のものばかりですが、古臭さは感じなくむしろ人の暮らしは昔も今も変わらないのだなあという印象でした。

    この著者が物理学を学んでいるときはまだアインシュタインも生きていたというのもなんだか驚きですが、考えてみればアインシュタインが死んでまだ60年程。

    世の中の科学の進歩は恐ろしい程に加速度的に進歩してるのを感じます。

全6件中 1 - 6件を表示

朝永振一郎 見える光、見えない光 (STANDARD BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

朝永振一郎 見える光、見えない光 (STANDARD BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

朝永振一郎 見える光、見えない光 (STANDARD BOOKS)はこんな本です

朝永振一郎 見える光、見えない光 (STANDARD BOOKS)のKindle版

ツイートする