イスラーム統治論・大ジハード論

  • 7人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : R ̄uh All ̄ah M ̄usav ̄i Khomein ̄i  富田 健次 
  • 平凡社 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582739169

イスラーム統治論・大ジハード論の感想・レビュー・書評

  • あのホメイニ師(師、というのをつけるのが一般的であるのでそれに従います。)の著書。イラン情勢を知る基本文献と思い、読んでみました。
    なるほど。傍目からはわからない(少なくともわかりにくい)イランの制度や、あの革命の意義、目指すところがなんとなく理解できます。日本人である私から見ると共感するのは難しいのですが、巷間言われているほど狂信的でもなければ、妙な思考に基づいている訳でもなさそうです。理性的と言っていいかもしれません。第Ⅱ部にあたる「大ジハード論」は、“ジハード”という言葉の意味を再検討させてくれます。
    良くも悪くも、こう言った文献はとりあえず一読しなければ何も言えない、ということは確かです。

全1件中 1 - 1件を表示

イスラーム統治論・大ジハード論を本棚に登録しているひと

イスラーム統治論・大ジハード論を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イスラーム統治論・大ジハード論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イスラーム統治論・大ジハード論の作品紹介

アメリカが押しつけようとする「自由と民主主義」は、なぜイスラーム社会で反撥を招くのか?イスラームが政治に求めるものは何なのか?ホメイニーの思想は、「力の支配」と「欲望の解放」という西洋近代の基本原理と厳しく対決し、自由主義と資本主義の限界を問う。

イスラーム統治論・大ジハード論はこんな本です

ツイートする