いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))

  • 107人登録
  • 3.67評価
    • (7)
    • (9)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : Karel Capek  飯島 周 
  • 平凡社 (1995年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582760903

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル・L....
カレル・チャペッ...
カレル チャペッ...
三浦 しをん
J・モーティマー...
三島 由紀夫
安部 公房
ヴィクトール・E...
アゴタ クリスト...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))の感想・レビュー・書評

  • いろいろな角度から人を見つめてみる。

  • 日常のささいなできごとを見守るチャペックは、からかいまじりのユーモアを発揮する。鼻かぜや、女について、男について、家にまつわるあれこれ、買い物について・・・。上機嫌の底にあるのは、それほど偉くも立派でもない、人間に対する愛情だろう。その愛情が政治に向かうと、人間らしい生き方を求めての、熱い呼びかけとなる。チャペックは偏ったものの見方を嫌う。人間をひとつの鋳型に押し込めるのではなく、多様性を認めたうえで、人としての共通項に目を向ける。チャペックは、肯定の人だ。否定を重ねて唯一のものを求めたりはしない。雑然として、非効率かもしれないが、豊かだ。

  • クリティカルに楽天家でいたい。いつでも当事者と第三者的な立場を往復していられることが強さかな。

  • 「灰色のスーツを白のスーツと黒のスーツの妥協と呼ぶ人たちがいるのだ。一部の人たちにとって音符dはcとeの間の妥協なのである。政治的な中央とは、その人たちにとって狂った革命主義と中世的な反動の妥協なのである。朝はたんに朝ではなくて、真夜中と真昼の間の妥協である。渇きの事実は水と火の間の妥協である。」

    「『われらがため』氏は三回も燃えさかる坑内に足を踏み入れた。そして『われらがため』はこの世を去った。『われらがため』は生き埋めにされた人たちに救助をもたらした。(プロノビス)」

    チャペックは「園芸家12か月」もオススメ。面白いよ。

  • 作家であり、ジャーナリストでもあるチャペック。その真骨頂−エッセイ。
    是非是非、ご一読を。
    ※ネタバレの恐れのため、以下自粛※

全7件中 1 - 7件を表示

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))に関連する談話室の質問

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))を本棚に「積読」で登録しているひと

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))はこんな本です

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))のオンデマンド (ペーパーバック)

いろいろな人たち―チャペック・エッセイ集 (平凡社ライブラリー (90))のKindle版

ツイートする