フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)

  • 274人登録
  • 3.83評価
    • (35)
    • (20)
    • (51)
    • (1)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 平凡社 (1996年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582761665

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポーリーヌ・レア...
ウンベルト エー...
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 文化や歴史、文学に芸術にと、多彩な場所で咲き乱れる花々のエピソードと著者の体験が織り交ぜられた文章の横に差し込まれる美しい植物画。博物誌、エッセイ等単一のジャンルではくくれない本でした。

    1種に対して実質4Pという短文ながらも、感性を刺激される花物語から著者の各分野への造詣の深さが伺える。値段の前に躊躇してしまうものの、1節を読めばもう本棚に戻すことはできない。ちなみに一番のお気に入りは牡丹です。

  • 肩の力が抜けている。
    図版も美しい。
    龍子夫人がお好みなのも肯ける。
    花というのはやはり猥褻な存在だ。

  • 理知的でエロティズム漂う文章、美しい図版、そして装丁のバランスの良さ‥‥
    これは本屋でないと出会えない宝石箱のような本。友達にプレゼントしたくなります。

  • 綺麗。
    たまに読み返したくなる。

  • 角田光代さんオススメ

  • 起きて見んと思ひしほどに枯れにけり露よりけなる朝顔の花
     曽禰好忠

     ガーデニング愛好の方々は、植え付けの準備に追われているころだろうか。

     掲出歌は「新古今和歌集」のもので、「け(異)なる」は、いっそうはなはなだしいという意味。早起きして見ようと思っているうちに、「朝顔の花」はしぼんだのだった。露よりもはかないものだなあ、とため息をつく姿が想像される。

     けれども、作家澁澤龍彦は、作者好忠は「まさか本当に枯れたと思っているわけではないだろう」、かえってそこに「ユーモラスな感じが出ていて、おもしろい」と解釈している。花を愛【め】でる風雅な心こそ、和歌の題材にふさわしかったのだろう。

     そんな、花にまつわる澁澤のエッセーと、古今東西のオールカラーの植物画とを組み合わせた「フローラ逍遙」は、うっとりと見とれてしまう画文集である。

     チューリップ、ライラックなどなじみの花々が、詩や和歌、俳句などをちりばめて華麗に解説され、見ているだけで楽しい。けれども、折々、戦中戦後の実体験が盛り込まれており、はっとさせられる。

     澁澤は、1928年、東京生まれ。戦時下が青春のただ中だった世代である。この「朝顔」の項でも、小学校で「ヒマ」という植物の種をもらい、「飛行機エンジンの潤滑油」にもなる「ヒマシ油」にするため、さかんに増やすことを命じられたと、苦々しく回想している。

     そんな経験があってこそ、純粋に花を愛でる心を歌った掲出歌にひかれていたのかもしれない。澁澤は87年没。享年59。

    (2015年5月3日掲載)

  • 澁澤の生涯の最期を飾る優美にして閑雅な博物誌。東西の植物画75点をオールカラーで楽しむことができます。たとえば、薔薇の章にはルドゥテ『薔薇図譜』が掲げられています。今まで読んできた澁澤の本の中で一二を争う好著。自信をもっておすすめ致します。

  • 25種の花とその思い出。
    異国の神話から身の回りのお話まで、とても幅広く短く纏められています。花の絵もたくさん載っているので、説明文の通り小さな博物誌です。

  • 水仙/椿/梅/菫/チューリップ/金雀児/桜/ライラック/アイリス/牡丹/朝顔/苧環/向日葵/葡萄/薔薇/時計草/紫陽花/百合/合歓/罌粟/クロッカス/コスモス/林檎/菊/蘭

  • 園芸としてのフローラに興味がない私でも、澁澤の書く観念としてのフローラには存分に魅せられた。天使でもあり悪魔的でもあり、エロティックでもあり楚々としたワビもあり。図版も大変美しく是非とも絶版のハードカバーを手に入れたい。

  • 植物、特に花に関するエッセイ集。
    収録されている図版が繊細で美しい。澁澤龍彦の端正な文章と相俟って素晴らしい1冊に仕上がっている。

  • 美しく細密な植物画と澁澤氏の軽やかな文章と一冊で二つの楽しみ方ができる本。
    澁澤氏の博識、旅先での思い出等々…植物毎に内容は多岐ですがどれもそのテーマの植物に沿った透明感溢れる話でした。

    球根植物と美少年の話、確かにそう言われれば!と心底感嘆しました。この人の知識の広さや深さはどれほどなのだろう。

  • 花1つ取っても東洋と西洋の嗜好には、似ている所がありつつも
    根本的に異なるものがあるようです。それが何だか分かりかねますが。

    生物、特に植物を専攻している私には
    花の姿を材料として観察するようになっていたので
    こういうありのままの姿を聴くことがとても楽しく感じられた。

  • 私が持っているのはハードカヴァー函入りのほう。図版が大きくて美しさもひときわ。

  • 澁澤のフローラに纏わる文章は勿論のこと、挿入されている精密で繊細な植物画にしても、なんて美しい本なのだろうと幸せな溜め息がつい漏れてしまう本だった。で、ついつい欲深くなってしまうのだけれども、個人的に気になっている、なんて事も無い花「ツツジ」を入れて欲しかった。蜜が甘いツツジ、意味不明に街路樹としてそこら辺に植わってるツツジ、漢字で書くとひたすら難しい躑躅。前に一度、道に迷った時に見た、丸く刈られて群れを成したツツジに黄泉の世界の妖しさを感じた事があり、それ以来密かに魅せられている。

  • 水仙、椿など25種のフローラについてのエッセイです。
    文章もさることながら図版がとても美しい、
    読んでも観ても楽しめる1冊です。


    鹿児島大学スタッフ(木)

  • 晩年に書かれた植物をモチーフにした随筆集。独自の美意識で語られる花のエピソードはどれも印象的で、読む図鑑といった感じです。挿入されているカラー植物画も素敵。

  • 花について綴られた博物誌。古今東西和洋中問わず様々な分野から花についての記述が引用され、花の持つイメージを感じ取ることができます。八坂安守によるボタニカルアートが文字通り花を添えており、眺めているだけでも楽しい。

  • とにかく図版がいい。かのドラコニア澁澤龍彦によってより抜かれた花々の絵満載。

  • きれいです、好きです。図版もそれぞれ美しい。それぞれの花について書かれている内容は、まさに澁澤龍彦、他には代えられません。ということで、花が好きで本が好きな人には、プレゼントすることにしています。

  • 本当はハードカバーの箱入りのものを紹介したかったんですが、絶版らしいのでしょうがない。
    挿入してある図版がとても美しい澁澤龍彦さんのお花のエッセイ集です。
    心が安らぎます。

  • たいへん美しい花の本。
    コピーをそのままにご紹介。
    「水仙・椿・薔薇・コスモス…「龍彦の国=ドラコニア」に咲く25の花々を描いた、生涯の最期を飾る優美にして閑雅な博物誌、東西の植物画75点をオールカラーで収録。」
    読まないではいられないはず。

  • 花なんて手垢のついた俗っぽい美しさしか持ち合わせていない。
    と思っていたのがこの本で一変した。
    花の美しさに感服。

  • <poka>
    花の挿絵がきれいです。
    オリジナル版(1987年・ハードカバー、函付き)の入手をおすすめします。

    <だいこんまる>
    このひとってサドの人だっけ?

全34件中 1 - 25件を表示

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)に関連する談話室の質問

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)の作品紹介

水仙・椿・薔薇・コスモス…「龍彦の国=ドラコニア」に咲く25の花々を描いた、生涯の最期を飾る優美にして閑雅な博物誌、東西の植物画75点をオールカラーで収録。

ツイートする