シュレーバー回想録―ある神経病者の手記 (平凡社ライブラリー)

  • 29人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Daniel Paul Schreber  石澤 誠一  尾川 浩  金関 猛 
  • 平凡社 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (689ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582764512

シュレーバー回想録―ある神経病者の手記 (平凡社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フロイトが自らの精神分析理論の構築に役立てた、パラノイア患者の手記。シュレーバー自身がもともと聡明なで天才的な記憶力を持っており、また、この回想録自体が自らの禁治産者判決に対して反駁をするために書かれているので、知性や理性、正常さを十分に感じさせるものである。しかしその内容は結局のところ妄想であり、その意味で、正常と異常が同居する書である。

    索引と解題が非常に充実していて、付録の決まり文句集を見るだけで楽しめる。

全1件中 1 - 1件を表示

ダーニエール・パウルシュレーバーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スラヴォイ・ジジ...
J.K. ユイス...
ミシェル・フーコ...
ポール・オースタ...
ミシェル・フーコ...
安部 公房
J.L. ボルヘ...
ジークムント フ...
有効な右矢印 無効な右矢印

シュレーバー回想録―ある神経病者の手記 (平凡社ライブラリー)の作品紹介

彼はもう一人のニーチェなのだろうか。驚くべき妄想の世界を明晰に語り尽くした超弩級のドキュメント。待望の最終改訂版。

シュレーバー回想録―ある神経病者の手記 (平凡社ライブラリー)はこんな本です

ツイートする