新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)

  • 19人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 丸岡秀子
制作 : 平凡社  未來社 
  • 平凡社 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582765236

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これを読むと、食べものを無駄にできない。

    十代というとまだ親の庇護下にいるわけで(そうではなかった人のエッセイもあったけど)、親がいかに子供に食べさせるか、心を砕く場面が伺えます。
    食の分野だけやないけど、十代の当時は分からなくても、育ってから分かること、ありがたさっていっぱいあるんやというのがよく分かります。

全1件中 1 - 1件を表示

丸岡秀子の作品

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)を本棚に登録しているひと

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)の作品紹介

食料自給率、遺伝子組み換え作物、BSE牛肉、たった一人だけの「孤食」、そして、子どもたちの箸の持ち方…。日本の食似情の混迷は著しい。それは私たちの、家族や地域、時代や文化とのかかわりの混迷でもある。大正から平成に十代を過ごした三十九人がつづる食体験記。いま示唆するものは、多い。

新編 十代に何を食べたか (平凡社ライブラリーoffシリーズ)はこんな本です

ツイートする