クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)

  • 84人登録
  • 4.23評価
    • (4)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 丹治信春
  • 平凡社 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582766837

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良書。ホーリズム、翻訳の不確定性、理論の決定不全性、存在論的相対性...といった考えが、具体的事例をとおして大変わかりやすく説明される。巻末の著作ダイジェスト、キーワード解説、読書案内も有用。論理学復習しよう、原著も読もうと思わされた。 ところで、amazonレヴュアーさん、クワインが中庸だって...?うーむ、こんなに過激な人はいないのでは?

  • 言葉(名)と対象を一体と観るいわゆる西洋的な(密教の真言に近い?)認識構造から、対象から名を引き剥がし、名を一つの形式の記述として対象と結びつける(つまり対象と名の関係は恒久的でない、と理解していいのか?)という考え方

  • [ 内容 ]
    「外的世界についてのわれわれの言明は、個々独立にではなく、一つの集まりとしてのみ、感覚的経験の審判を受けるのだ」とすれば科学も、一つ一つ蓄積された真理の体系ではなく、神話と同様の(効率よい)信念体系にすぎない―。
    現代論理学から出発し、言語の理解と使用についてあざやかに踏査するクワインの思考を、手をとって案内する必読書。

    [ 目次 ]
    序章 修業時代
    第1章 カルナップとクワイン
    第2章 ホーリズム
    第3章 翻訳の不確定性
    第4章 存在論とその相対性
    第5章 認識論の自然化

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

丹治信春の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
バートランド ラ...
ウィトゲンシュタ...
野矢 茂樹
有効な右矢印 無効な右矢印

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)に関連する談話室の質問

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)の作品紹介

「外的世界についてのわれわれの言明は、個々独立にではなく、一つの集まりとしてのみ、感覚的経験の審判を受けるのだ」とすれば科学も、一つ一つ蓄積された真理の体系ではなく、神話と同様の(効率よい)信念体系にすぎない-。現代論理学から出発し、言語の理解と使用についてあざやかに踏査するクワインの思考を、手をとって案内する必読書。

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)はこんな本です

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)のオンデマンド (ペーパーバック)

クワイン―ホーリズムの哲学 (平凡社ライブラリー)のKindle版

ツイートする