ページをめくる指―絵本の世界の魅力 (平凡社ライブラリー か 38-1)

  • 46人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 金井美恵子
  • 平凡社 (2012年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582767612

ページをめくる指―絵本の世界の魅力 (平凡社ライブラリー か 38-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知っている本・懐かしい本が、ちらほらと・・
    そうじゃない本も、絵本の魅力に取り付かれている私には、
    しっとりときてしまいます。
    「てぶくろ」・・何がてぶくろの中にはいるか・・
    何十回、読み聞かせたか知れない内容・・読みながら、入るはずのない動物たちになりきって、擬人化した話の中へ・・
    こういう楽しみから、これからも抜けることはない、と思います!

  • 感傷におぼれがちな世の絵本論から離れて、絵本に真っ当に向き合うと、こういう評論になる、という本。的確で、正直で、小気味よい。

    多くの絵本に、ある種の政治性、権力性があることを暴き、一部の絵本には脱構築の要素があることをすくい取っている。

    昔話を聞かせるという暴力性。
    読書は多くを与えるが、何かを失う体験にもなる。

  • 金井美恵子の毒舌が、この本にあっては鳴りを潜めるのが面白い。石井桃子との対談なんて、ほとんど借りてきた猫のような感じ。でもそれは当然。もし石井桃子との対談で金井美恵子が彼女を批判しようものなら、自分はもう金井美恵子を信じない。そう思いながらハラハラして読み終わったら、ホッとできてよかった。

  • 絵本の紹介記事を1冊にまとめたもの。平凡社ライブラリー版には絵本・児童文学についてのエッセイも収録されている。
    ピーターラビットのように有名なものもあるが、殆どは聞いたことがないタイトルだった。そういえば絵本の記憶って殆ど残ってないなぁ。ポプラ社の乱歩辺りはしっかり記憶に残っているのだが……。

  •  絵本を語るエッセイ集。と言っても単なる紹介本には終わらず、鋭い洞察力で内外の絵本を批評していきます。
     書かれる絵本の変遷から著者の人生観まで分析するその手法は鮮やかであるが、分かったからもうそれ以上言わないで、てな気分にもなる厳しさもあり。でも基本的に視線は暖かでもあります。
     石井桃子との対談がまた好いなぁ。

  • 【絵本を読む】
     ピーターラビットやマドレーヌのような誰もが知る有名な絵本だけでなく、『せきたんやのくまさん』など名作も紹介されています。寝る前に暖炉の前で絵本を読むくまさんの後ろ姿は愛らしい!

  • 河出書房新社版 2000年刊加筆・増補
    金井美恵子の書く絵本の紹介。軽~くショックを受けてください。

    平凡社のPR
    「ページをめくる幼い指のよろこびを共有したい――。ピーター・ラビットシリーズやワイズ・ブラウン、センダックなど、絵本をめぐる名エッセイ集。石井桃子との長い対話を収録。」

  • なつかしい記憶を呼び覚ます絵本と好奇心をそそる絵本が次々に紹介される。家の猫を思い出させる『タンゲくん』は思わず購入しました。

全8件中 1 - 8件を表示

金井美恵子の作品

ページをめくる指―絵本の世界の魅力 (平凡社ライブラリー か 38-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ページをめくる指―絵本の世界の魅力 (平凡社ライブラリー か 38-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

ページをめくる指―絵本の世界の魅力 (平凡社ライブラリー か 38-1)の作品紹介

ページをめくる幼い指のよろこびを共有したい-。「ピーターラビット」シリーズやマーガレット・ワイズ・ブラウン、モーリス・センダック、バルテュスらの絵本を紹介しつつ、豊かな絵本の世界の魅力を伝える、名エッセイ集の増補版。巻末に石井桃子へのロング・インタビューを収録。

ページをめくる指―絵本の世界の魅力 (平凡社ライブラリー か 38-1)はこんな本です

ツイートする