グラディーヴァ/妄想と夢 (平凡社ライブラリー)

  • 24人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Wilhelm Jensen  Sigmund Freud  種村 季弘 
  • 平凡社 (2014年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582768077

グラディーヴァ/妄想と夢 (平凡社ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドイツの作家イェンゼンの小説「グラディーヴァ」と、
    それを精神分析的に評論した
    フロイトの「妄想と夢」のカップリング本で、
    翻訳は種村季弘――なので、
    既読『砂男(ホフマン)/不気味なもの(フロイト)』と
    同趣向の一冊。
    「グラディーヴァ」は
    軍神マルスの異称で「進軍する者」を意味する
    グラディーヴスの女性形の名前。

    古美術館で甚く気に入ったレリーフの
    石膏複製を作らせ、
    独特の足付きを示すその乙女の像を
    「歩み行く女」の意であるグラディーヴァと名付けた
    ノルベルトは、夢の啓示に従い、
    彼女の姿を求めてポンペイへ旅立ったが……。

    要は、研究に没頭するあまり
    視野狭窄に陥った青年考古学者が
    現実に着地するまでを描いた幻想小咄なのだが、
    主人公の抑圧された記憶とエロティシズムを
    浮き彫りにしようとメスを振るう、
    ブラッディ・ジギーの解剖学講座――なんちゃって。
    というか「無意識」も「抑圧」も何も、
    あからさまに足フェチじゃないですかノルベルト君(笑)

  • 難しいところは一切ないので一気に読める。世紀末的な空気を如実に描き出しているのはいいとして、終わり方は実にちゃちい。浮世離れしすぎて斜向いの家に住んでる従姉妹をポンペイに蘇った貴婦人の亡霊と勘違いする研究者はいそうな気もするけど…。実はフロイトによる解説?の方が面白い。

  • やっぱり天才だったのかな?(精神分析自体は眉唾だと思ってますが)

    平凡社のPR
    「美女の幻影を追いポンペイの街を夢うつつに彷徨する幻想小説と、精神分析家による記念碑的な文芸批評。それらを対で読む悦楽。 巻末論考=森元庸介」

全3件中 1 - 3件を表示

ヴィルヘルム・イェンゼンの作品

グラディーヴァ/妄想と夢 (平凡社ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グラディーヴァ/妄想と夢 (平凡社ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グラディーヴァ/妄想と夢 (平凡社ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

グラディーヴァ/妄想と夢 (平凡社ライブラリー)の単行本

ツイートする