事件記者という生き方

  • 26人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大谷昭宏
  • 平凡社 (2013年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582824650

事件記者という生き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 黒田清さん、大谷昭宏さんにあこがれて
    新聞記者になった知人がいる

    「志」をそのまんま仕事にすることが出来た
    すてきな若者だ

    その「若者」は今、共同通信者の記者となって
    あの3.11以降 岩手に暮らしている

    きっと 彼も 取材の合間に この本を読んでいるのだろうなぁ

    日本のジャーナリズムも捨てたものじゃない

  • あの大阪読売黒田軍団の大谷さんの本。期待以上に良かった。ジャーナリストって、こういう人を指すんだろうなと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

大谷昭宏の作品

事件記者という生き方の作品紹介

釜ヶ崎での日々、三菱銀行人質事件、グリコ・森永事件、「黒田ジャーナリズム」の神髄、果たせなかった本田靖春さんとの約束-あのとき、現場では何が起きていたか。忘れ得ぬ事件、愛すべき人たちを書き尽くす自伝的エッセイ。

事件記者という生き方はこんな本です

ツイートする