物狂ほしけれ

  • 28人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 車谷長吉
  • 平凡社 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582833744

物狂ほしけれの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「徒然草」の作家が印象に残った各段についてのエッセイですね。
    作家自身の人生を振り返りながら、
    自分のこと、人の有り方などが書かれています。

    「文士」というものは大変だなあ、と思ってしまいますね。

    嘘八百、虚構を作り上げる苦しみとは激しさにこの題名はフィットしています。

全2件中 1 - 2件を表示

車谷長吉の作品

物狂ほしけれの作品紹介

救いなきこの世をいかに生きるか。いかに死ぬか。徒然草には実に曇りのない目でこの世のことが書いてある-。

物狂ほしけれはこんな本です

ツイートする