少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界

  • 51人登録
  • 3.47評価
    • (1)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
  • 平凡社 (2011年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582835380

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホームズ、ルパン、少年探偵団の3点セットが有名。内容も良いが表紙に大いに惹かれたものだ。そんな気持ちを代弁するかのようなイラスト解説本。

  • 2016年1月10日

    装丁・造本/妹尾浩也

  • 私にとっての少年少女ミステリといえば、やっぱりあかね書房『少年少女世界推理文学全集』!図書館で借りる本といえば貸出係りに呆れられるぐらいこのシリーズばかりだった。だから多分、もう少し大きくなって読むのは翻訳本ばっかりだったり最初に手にした大人向け文庫本がハヤカワミステリ文庫だったり創元推理文庫だったんだろうなと。それにしても、この本の表紙に掲げられたものもそうだけれど子供向けなのに昔の表紙はなんだか不気味なイラストが多かったんだな、とビックリ。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784582835380

  • 国内児童ミステリーのカバー絵を多数掲載した図録。ジャンル別に収録してあり、当時の社会情勢や子どもたちの流行についても解説してあり、自分が小学生時代に熱中して読んだ少年探偵団シリーズの絵も懐かしく拝見させてもらった。自分のお気に入りは、やはり柳瀬茂の絵です!

  • 乱歩もホームズもルパンも読んでいるはずなのに、いつどんな作品を読んだのか記憶がない。あまり印象に残っていないのは、あまり面白くなかったためか?シリーズ読破につながらなかったのか。それとも本当はまったく読んでなくて、後年、本書のようなポプラ社の表紙への懐古から捏造された記憶か。小学校中高学年は伝記を読んでいたのは間違いない。人に影響されやすかったから、ミステリ好きな友達がいなかった?図書室では人気があったと思うが。なぜか?

  • ゲストエッセイ
    有栖川有栖「望郷」
    恩田陸「モノクロの悪夢に魅了され…」
    辻真先「朝日ソノラマの思い出」
    内田庶「「探偵小説」への偏見」

  • こんな怖い表装を、夜ひとりで手にしたら…と想像するだけで身震いが。。。
    なかでも一番恐ろしいのは、昭和45年の「少年版江戸川乱歩選集」(講談社)。当時は家族みんなが揃う時間が長く、読者の少年少女も、お父さんお母さんと一緒にこれらのミステリーを読んでいたから、少々表装が恐ろしくても家族一緒に楽しめたのでしょうね。

  • 買っちった。ノスタル爺に浸るのはクリエイターにとって最悪の背徳行為で、医者が煙草吸うようなものなんだが。
    個人的にはあかね書房の全集が好きだったもので、内田庶のエッセイが泣ける。

全9件中 1 - 9件を表示

森英俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
村上 春樹
フェルディナント...
三浦 しをん
フェルディナント...
京極 夏彦
小川 洋子
ショーン タン
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界を本棚に「積読」で登録しているひと

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界の作品紹介

少年探偵団、名探偵ホームズ、怪盗ルパンから名作全集、雑誌付録まで、昭和の子供たちをとりこにした児童ミステリ約400点をオールカラーで紹介。幼き日のスリルと興奮が甦る、夢の一大コレクション。

少年少女昭和ミステリ美術館―表紙でみるジュニア・ミステリの世界はこんな本です

ツイートする