まぬけなこよみ

  • 120人登録
  • 3.63評価
    • (5)
    • (19)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 津村記久子
  • 平凡社 (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582837575

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
津村 記久子
辻村 深月
西 加奈子
伊坂 幸太郎
柚木 麻子
津村 記久子
西 加奈子
西 加奈子
宮下 奈都
津村 記久子
西 加奈子
原田 マハ
恩田 陸
柚木 麻子
角田 光代
又吉 直樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

まぬけなこよみの感想・レビュー・書評

  • *骨正月、猫の恋、祇園祭、渡り鳥、おでん…芥川賞作家がめぐる一年、七十二候。四季のことばから生まれた脱力系歳時記エッセイ*

    まぬけというか、ヘタレというか、とほほというか。いずれにしても、津村ワールドにどっぷり浸かれること間違いなし。気楽に読めるとは言え、こんな風に季節のうつろいを観察したり、一つのことを吟味して的確に表現できるなんて、やっぱり素敵な作家さんだなあと改めて思う。エッセイは、くよくよマネジメントが全く合わなかったので嬉しい誤算。

  • 季節の移り変わりを書いた
    エッセイって 普段は忘れてしまうのですが
    はっと 時折思い出すんですよね
    ああ あの作家も
    こんなこと書かれていたなぁ って
    故郷がかぶると
    余計に まるで
    自分の思い出だったかのように
    うまく混ざってしまいます

  • 七十二候に俄然興味が湧く。
    大晦日を好む気持ちに共感大。

  • 津村さんの物事の捉え方、感情の処し方に共感することが多いです。

  • エッセイと言うのは文学性もさることながら、書いた方の人間性に触れることが一番の喜びと思います。そして、その人間性に感動出来たらもう最高です(^-^) 街なかで、お年寄りとそのお孫さんと思しき二人連れを見かけるたびに、心底うらやましくなり、後ろをついていきそうになるw。(人生のなかでの、その時間の短さを知ったからなのだと思う)津村記久子さん「まぬけなこよみ」、2017.4発行、七十二候(季節の言葉)に合わせたエッセイです。ぶらんこで一回転するのが夢だったとかw。その思いだけで敬服いたします(^-^)

  • 七十二候ごとのお題に沿ったエッセイ。
    子供の頃の思い出が多いが、季節の行事にあまり参加してこなかった様子や日々思っていることが飾らずに書かれているので気軽に読めた。
    お題の季節に合わせて少しずつ読むのも良いのかも。

  • 何やら毎回お題があって、それをテーマにして書かれているエッセイでした。好きなお題は熱量がハンパなくあり愉快なんですが、そうでもないお題は困った感じで頑張って絞り出して書かれている所があり、その落差が面白かったなぁ、と。

  • これだけまとめて記久節(私が勝手に名付けました。鰹節より美味しい)を読むと、嬉しいやら楽しいやら、ただ読みあたりには注意すること。オカヤイヅミさんのイラストが、モノトーンでまたいい!

  • 津村記久子さんの本は安心して読めます。オタクってほどでもなく、でも掘り下げて調べてる感じがちょうどいい具合に私に合うので好きです。読んでてへぇーと思ったり、私も読んでみようとかやってみようと思えるので脱線しながら読み終わるまで時間がかかりました。
    まずは「くらしのこよみ」アプリをダウンロードしたので読みたいと思います。

  • 歳時記?のエッセイ。どうしよう、津村さんの本がここ数点、楽しめない。途中で飽きてくるというか、面倒だなってなってしまう。

    長編小説はもう書かれないのかな。

  • 季節を表す言葉七十二候にちなんたエッセイ。はじめのうちはなるべく語句にそって書いているけど、途中からのびのびと思い出や最近の身のまわりのことなどに移ってきた感じがした。どちらにしても面白い。小説に出てくるような雰囲気のところもあるし、これからの作品に出てきてもいいと思うところもあった。

  • やっぱり小説のほうがおもしろいと思う。おもしろいのもあったけど、脱力系というかだらだら書いてると感じてしまうものもあって、全体としてはめんどうなイメージ。
    あとがきは本編より興味深く読んだ。

  • 津村さんの歳時記。
    季節を表す言葉は四季のある日本だからこその言葉で、俳句を詠みながらもその美しさにハッとすることがある。
    津村さんの歳時記はその言葉にまつわる、どちらかといえば失敗の思い出だったりする。
    だから ”まぬけな” になるのだが、1年を通して楽しませてもらった。

  • 芥川賞作家の著者が、日々折々の「暮らしのこよみ」をテーマに、日常について語ったエッセイ集だ。

    相変わらずこの人の力が入りまくったゆえに脱力してしまった、というような、「マイナスからスタートします」みたいな立ち位置の視点が面白い。

    ものすごいビビリで世間に対して怯えているようでありながらやけに大胆なことを考えたり、そのアンバランスさがなんとも言えずにいい。
    どちらかというと地味な雑感や日常が書いてあるのだけれど、それが時々、ぷっと笑いたくなるようなおかしみを持っている。

    花見に異様に力を注ぐことや、花火大会のハードルが異様に高いこと、じゃがいもや鳥を偏愛していることなど、案外こういう人、身近にいそうだけど、それをこんな風に面白おかしく書けるのはやっぱり筆力のある作家さんだからだよなぁ。

    日々の折々にぱらぱらめくって四季の移り変わりを楽しむのもよさそうな一冊だ。

  • 知らん顔してボケはるから不意を突かれる。
    「お盆とはサマーソニックが開催されるあたり」…ぷふーッ。

  • 編集の方が出すお題(季節のもの)に津村さんが昔話やら連想やらの徒然なるエッセイ。津村さんの何をしってるわけではないけれど、津村さんぽいなぁと思いながら、その季節のものがある情景をそうやったねと共感をもって思い描けた。

  • 津村氏の作品は小説もエッセイも好き。

全19件中 1 - 19件を表示

まぬけなこよみを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まぬけなこよみを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まぬけなこよみのKindle版

ツイートする