ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話 (平凡社新書)

  • 23人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 青木良輔
  • 平凡社 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582850918

ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話 (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 空想の動物「龍」とは何か? 真面目に科学的に(考古学的に?)書き進められている本。面白く読み進められる内容。

  • 「干支の辰とはワニのことではないか?」という仮説を、しっかりとした学術調査をもとに解説した良著。著者の青木氏は独学で両生爬虫類学を広く身に付けた日本屈指の(唯一の?)ワニ類研究家である。決して古くない、新しい「龍」の姿が本書で甦る。

  • [ 内容 ]
    伝説の動物「龍」とは何物だったのか。
    動物学や古生物学、考古学を駆使して、漢籍にたびたび登場するこの動物の正体が、古代の中国に生きていた巨大なワニであったことを解き明かす。
    架空と実在をつなぎながら、その食べ物や絶滅した恐竜との違い、人間との深くて微妙なかかわりなど、ワニのすべてを知る。
    ワニはちっとも恐くない。
    この魅力溢れる動物が好きになる本。

    [ 目次 ]
    第1章 龍は実在の動物だった(龍信仰の起源 龍が姿を消したわけ ほか)
    第2章 恐竜にならなかった龍・ワニ(ワニのオスとメス シイタケ問答 ほか)
    第3章 ワニのかたち(クロコダイルとアリゲーター 失われた唇 ほか)
    第4章 ワニの食卓(魅惑の唇 サラダは嫌い? ほか)
    第5章 人との関わり(恐竜本なんて嘘ばかり 原始人の武器 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話 (平凡社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話 (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ワニと龍―恐竜になれなかった動物の話 (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする