京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)

  • 27人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 石井孝明
  • 平凡社 (2004年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582852189

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2004年刊行。温室効果ガス削減を義務付けした京都議定書。本書は、その成立過程、問題点(国益と地球益との衝突、南北対立、先進国間対立、各々の国益)のみならず、エネルギー問題(省エネルギー対策、原子力問題、新規技術や税制等の各種制度)まで論を進める。原子力エネルギーについても問題意識はあるが、やはり地震・津波による全電力喪失という事態までは想定できていないため、原子力のコストに関する論の甘さは残る。メタンハイドレードは功罪如何を問わず触れられていない。が、税制や各種制度、新規エネルギー等の概説は有益。
    なお、京都議定書成立における日本の政策決定プロセスの問題点、つまり、省益を超えた国策決定の不存在や数値・科学的知見に根拠付けられた政策の不在について、著者は舌鋒鋭く批判する。深く頷くところである。

  • (「BOOK」データベースより)
    京都議定書―その美しい理念には誰もが賛同する。だが今、この理念の実現が危ぶまれている。京都会議議長国として自ら「不当な」CO2削減義務を背負い込んだ日本。負担による社会停滞を回避すべく議定書を離脱した米国。各国の「国益」をにらんだ計算が錯綜する中で、たった今も環境破壊は進んでいる。今必要なのは、京都議定書の見直しと、エネルギー・環境施策を民主的な姿へ転換することである。温暖化対策と社会発展の調和を考察する。

  • [ 内容 ]
    京都議定書―その美しい理念には誰もが賛同する。
    だが今、この理念の実現が危ぶまれている。
    京都会議議長国として自ら「不当な」CO2削減義務を背負い込んだ日本。
    負担による社会停滞を回避すべく議定書を離脱した米国。
    各国の「国益」をにらんだ計算が錯綜する中で、たった今も環境破壊は進んでいる。
    今必要なのは、京都議定書の見直しと、エネルギー・環境施策を民主的な姿へ転換することである。
    温暖化対策と社会発展の調和を考察する。

    [ 目次 ]
    第1部 何を得て、何を間違えたのか―京都議定書と日本(CO2規制社会の始まり 賞賛のあとの混迷 京都会議後の日本)
    第2部 京都議定書が変える日本社会(なぜ地球温暖化を問うのか 生活からの温暖化防止 経済界の期待と不安 新エネルギーは解決策か)
    第3部 CO2規制社会の展望(起こりうる近未来 地球温暖化防止のために何ができるのか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 日本の様子、それも国内の状況についての記述多い。
    経済との関係とか。

    新書だけあって読みやすい。

  • 3/

  • キッカケは仕事の関係上なんだけど、<br>
    ネットでいろいろ調べているうちに興味が出てきました。地球環境。<br>
    で、地球温暖化問題なんだけど・・<br>
    2・30年後に化石燃料が尽きた時に、減っていかんのか!?なんて疑問はあるんだけど、<br>
    その前に低コストで新エネルギーが生み出せれば。早期実現に期待は高る。<br>
    <br>
    コツコツ度  ★★★★★<br>
    希望指数   68<br>
    時と場所   企業の宣伝文句を聞いた時に、今すぐ読んで考えよう。<br>

  • 京都議定書は発効したみたいだけど、一体どんなものなのかまったくわからない。CO2は議定書の基準年である90年から大幅に増え続け、現段階では6%削減の数値目標どころではない。

    そもそもその6%という数字に何の根拠もなかった、とこの本は言う。環境省、経産省、外務省などの密室での綱引きで決まったものだ、と。削減に向けて、アテのある数字ではない。(現に今日までCO2は大幅に増加している)

    筆者はこの京都議定書を、下からの積上げによるものに直すべきだと言う。

    さて、温室効果ガスについてなんだけど、これって温暖化との関係が証明されたわけじゃない。さらに、温暖化と異常気象との関連性も謎だ。温暖化によって、海面が上昇するという向きもあれば、いや逆に低下する、という向きもある。それほどメカニズムは複雑なのだ。

    なおかつ京都議定書では温暖化を食い止めるのに必要なCO2の削減量には遠く及ばず、効果はほとんどない。(さらに温暖化の害が発生するのは何十年後)

    つまり、議定書は、締結されたことだけが重要で、中身には議論の余地が残るってこと。

全7件中 1 - 7件を表示

石井孝明の作品

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)の作品紹介

京都議定書-その美しい理念には誰もが賛同する。だが今、この理念の実現が危ぶまれている。京都会議議長国として自ら「不当な」CO2削減義務を背負い込んだ日本。負担による社会停滞を回避すべく議定書を離脱した米国。各国の「国益」をにらんだ計算が錯綜する中で、たった今も環境破壊は進んでいる。今必要なのは、京都議定書の見直しと、エネルギー・環境施策を民主的な姿へ転換することである。温暖化対策と社会発展の調和を考察する。

京都議定書は実現できるのか CO2規制社会のゆくえ (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする