とにかく目立ちたがる人たち (平凡社新書)

  • 28人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (2)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 矢幡洋
  • 平凡社 (2006年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582853063

とにかく目立ちたがる人たち (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    今日、あらゆるものが「エンターテイメント化」しているこの社会で、かつて否定的評価が与えられていた「目立つ」ことが、好ましいパーソナリティとして受け入れられてきているようだ。
    これまで美徳とされてきた日本人の謙虚さは滅んでしまうのか。
    「エンタメ化社会」で愛される「目立ち」とはどのようなものか。
    そして、敗北する「目立ち」とはどのようなものか。
    「キャラ立ち」「ヘタレ」「天然」などのキーワードとともに、現代社会に見られる「目立ち」の構造を解き明かす。

    [ 目次 ]
    「目立ち」への日本社会の評価の変化
    第1部 「私を忘れないで」騒々しい社交家たち―演技性パーソナリティ(演技性性格者・ヒストリオニクスとは何か ヒストリオニクスのカタログ―六つのサブタイプ ヒストリオニクスの目立ちの構造 杉村太蔵議員に見る「目立ちとヘタレ」考)
    第2部 「我を敬え」気取った見栄っ張りたち―ナルシスティック・パーソナリティ(自己愛性性格者・ナルシストとは何か ナルシストのカタログ―四つのサブタイプ ナルシスティックな目立ちの特徴 田中康夫知事に見る目立ちと「ざーとらしさ」考)
    ヒストリオニクス対ナルシスト―二大目立ちたがり屋の勝者はどちらか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • <body>
    <ul>
    <li>日本社会の伝統的な心性 依存性、強迫性、自虐性</li>
    <li>自己愛性性格者</li>
    <ul>
    <li>自己評価の仕方に問題を抱えている人</li>
    <li>自分に都合のいいことだけを求め、相手にお返しをする必要を感じない</li>
    <li>ギブしたものを過大評価し、テイクしたものを過小評価</li>
    <li>失敗を都合よく合理化</li>
    <li>共感性の欠如</li>
    <li>理想化した自己イメージへの過剰なのめりこみ</li>
    </ul>
    </ul>
    </body>

全3件中 1 - 3件を表示

矢幡洋の作品

とにかく目立ちたがる人たち (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする