ジプシー 歴史・社会・文化 (平凡社新書)

  • 80人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (9)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 水谷驍
  • 平凡社 (2006年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582853278

ジプシー 歴史・社会・文化 (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文字通り、世界中に散らばっているジプシーについて丹念に分析した一冊。

    世界中にいる故に混血も進み、一言で語るのは困難な中、その歴史から現代の動向を分析してたのでとても勉強になった。
    最後の日本のサンカとの関係も(直接関係はないものの)面白かった。

  • 新書らしい新書。
    いわゆる「ジプシー」という概念に関する世界各国での成立史・現在まで続く諸問題について、ニュートラルに概観できる良書でした。

  • ジプシーに関する歴史、社会との関係性、文化が学問的に、かつバランス良くまとめられています。

    文献引用も明確で、さすがっ!と思わせる書き方です。
    (文中に日本のジプシーに関する書籍の問題点も書かれており、買わなくて良かった!と思ったものもありました。)

  • 日本人ならほぼ万人がそのイメージを共有できる「ジプシー」だか、そのイメージの強さに反して、実態や出自には未知の部分も多いらしい。そもそも「ジプシーとは」という命題に応えうる正確な定義付けが難しく「ジプシーと呼ばれる人びとを示す言葉がジプシー」という笑い事のような言い回しが、研究者の間では真面目に使われているようだ。ジプシーがいないのは中国と日本だけと云われる。その日本からみると、ミステリアスで異国情緒に溢れ、ロマンさえ覚えてしまう存在だが、過去そして現在に至っても、マイノリティとしての迫害や差別の歴史を背負っている事実が、本書を通じて知らされた。

  • 昨今、話題となっているフランスのロマ追放などの理解の手助けとなった。

  • ジプシーについて勉強するとき、最初に読んでおくと便利かも。詳しく知りたくなった人は『「ジプシー」と呼ばれた人々』(加賀美雅弘)とか『ジプシー差別の歴史と構造』(イアン・ハンコック)とか読むといいかもしれない。

  • [ 内容 ]
    世界に一〇〇〇万人のジプシーがいるとの推定もあるが、その実態は不明な点が多く、作られたイメージが流布している。
    事実、インド起源の民族集団とする説について、最近の研究では、多くの問題点が指摘されている。
    では、“ジプシー”と呼ばれる人びとは誰なのか?
    ジプシーと主流社会との関係を重視しつつ、呼称、分布、歴史、文化など、全体像を描く。

    [ 目次 ]
    第1章 ジプシーと呼ばれる人びと(人口と分布 ジプシーとは誰か ほか)
    第2章 ジプシー像の変遷(ヨーロッパへの登場―「エジプト人」として(一五世紀)
    セルバンテスの『ジプシー娘』(一七世紀はじめ) ほか)
    第3章 歴史―主流社会のはざまで(インド起源説の現段階とその意味 バルカン半島への進出と定着 ほか)
    第4章 ジプシーの現在―いくつかの事例(バルカン半島のモザイク模様 旧チェコスロヴァキアのロマ問題 ほか)
    第5章 日本とジプシー(日本人のジプシー認識 サンカは日本のジプシーか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • フラメンコに興味をもってからジプシーへと波及。
    特に欧州でのジプシー研究をダイジェストしたもの。歓迎と迫害の歴史の中で、否定的な感情論が優勢となってきたようだ。起源については北インド-東欧-西欧という流れが主流ということのようで、北アフリカ経由のスペイン入りは否定的であった。

  • 音楽が好きです。その背景が分かったような分からないような。

  • 分類=民族・ヨーロッパ・ジプシー。06年6月。

全10件中 1 - 10件を表示

水谷驍の作品

ジプシー 歴史・社会・文化 (平凡社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジプシー 歴史・社会・文化 (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする