大腸の健康法―病気にならない「リラックス腸」をつくる (平凡社新書)

  • 13人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 松生恒夫
  • 平凡社 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582853704

大腸の健康法―病気にならない「リラックス腸」をつくる (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特になし

  • 「セカンド・ブレイン(第二の脳)」とも言われるとのこと。
    自分でコントロールできませんね。ストッパなんてクスリもありますし。
    オリーブオイルは、大腸にもよいそうです。
    内容のせいもあるかとは思いますが、割と読みやすい本でした。
    痔で有名な松島病院。著者はその松島クリニックで長年勤務されていたとのこと。

  • 「セカンド・ブレイン(第二の脳)」と呼ばれる大腸。二万人以上の患者の大腸を診てきた大腸内視鏡専門医が提唱する健康法。新谷弘実の流れを受け継いでいるだけあって、内容がほとんど同じ。

    (以下、個人的メモ)
    不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は2:1が理想。
    寒天のアガロオリゴ糖が大腸癌に有効。
    朝大さじスプーン1杯のオリーブオイルを摂る。
    (直は不可。フランスパンやバジルトマトに。)
    ポリデキストロース(ファイブミニ)も有効。
    「養生腸」には第一に水分、第二に食物繊維(特に水溶性)、第三にマグネシウム、第四にオレイン酸(エクストラバージンオリーブオイル)、第五にオリゴ糖。
    地中海型食生活は腸の健康に良い。

全3件中 1 - 3件を表示

松生恒夫の作品

大腸の健康法―病気にならない「リラックス腸」をつくる (平凡社新書)を本棚に登録しているひと

大腸の健康法―病気にならない「リラックス腸」をつくる (平凡社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大腸の健康法―病気にならない「リラックス腸」をつくる (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする